エンタメでリラックス

ゾンビランド2ダブルタップ、ビルの謎を解説&あらすじ感想


ゾンビランド:ダブルタップ (字幕版)

 

ゾンビランド2 ダブルタップ感想

 

前作から10年後のゾンビランド。

あの4人にまた会える!って興奮した人も、たくさんいるんじゃないでしょうか。(私もそのうちの1人です)

 

しかも、キャストも2009年から成長した4人が、そのまま続投ですから、さらに楽しめるんですよね。

あの小さかったリトルロックも、ずいぶんと成長しているので、リアルタイムで見ているような感じにもなります。

 

ゾンビランドが、リアルタイムに感じてしまうのは、ビル・マーレイが、本人役で出演しているっていうのも、個人的にはあったりしますけど。

そんな役者の成長まで伺えてしまう、ゾンビランドは、作品の物語とは、別な意味でも楽しめてしまうんですよね。

 

コメディー要素がありながらも、ゾンビも意外と本格的で、何より4人の家族愛みたいなものが、なかなかいいんです。

新感染シリーズも、そうして欲しかった感じですね。

新感染ファイナル・エクスプレス
【ネタバレもあり】納得いかない!そんな部分は男ならでは!?新感染ファイナル・エクスプレス

新感染 ファイナル・エクスプレス(字幕版)   感染爆発!時速300kmのノンストップ・サバイバル!と書かれていますが…↑。 写真では、どうみてもストップしている件…。(線路走っとるやん!み ...

続きを見る

 

殺伐としていない温もりのあるゾンビ映画

コロンバスやタラハシー、ウィチタとリトルロック姉妹の4人は、道中で出会った、ただの同行者だったのですが、いつしか仲間になり、家族みたいになっていきます。

そんな他愛もないストーリーなんですけど、魅せられてしまうんですよね。

 

掛け合う言葉は、皮肉めいた、相手を小バカにしたような感じなんですけど、親しいからこそできるみたいな、仲の良さが滲み出ている感じもよくて、ホラーっぽくなく、温かな目線で見守ってしまいます。

ゾンビの世界なので、殺伐としていてもいいのですが、ただの仲間から、家族のようになっていく、そんな4人に魅せられ、ゾンビ世界も悪くない…なんて思えてしまう作品です。

 

コメディーの中に、温もりがある感じは、アメリカっぽいですよね。

そして今回、ゾンビも進化しています。

 

進化ゾンビの特徴と種類

ゾンビランド ダブルタップでは、新たに進化した?4種のゾンビが確認されています。

コロンバスたちは、ニックネームをつけて呼んでいました。

 

ホーマー

進化というより、劣化している!?

相手にする必要のない、頭がお花畑のような、まぬけゾンビ。

 

若干、行動に可愛さがでているのが、憎めない。

シンプソンズから、名前をとってホーマーになっています。

 

ホーキング

思考がゾンビになる前の、人間と変わらない感じがします。

ものを考える能力があるので、ゾンビとしてみると、知能が高いってことになりますが、普通の人なら当然って感じの知能です。

 

ホーキング博士から、名前をとってホーキングになっています。

 

ニンジャ

そのままですね。

音もたてずに、静かに忍び寄り、素早く人間を狩っていきます。

 

襲われて耳にするのは、己の悲鳴のみなんだそうです。

きっと、アスリートタイプのゾンビではないかなと思います。

 

T-800

コロンバスの二度撃ちルールでも倒せない相手。

弾を避けるのですが、その避け方が、マトリックスなんですよね。

 

ですが、ターミネーターで出てきた殺戮マシーンのように、相手が死ぬまで追い続けるってことで、T800になっています。

突然変異したゾンビで、より強く凶暴でタフ。

 

撃っても撃っても、執拗に向かってくる姿は、まさに不死身のマシーンって感じです。

 

あらすじ

簡単にいってしまうと、今回はリトルロックの捜索がメインになっている感じです。

 

相変わらず、生き残るためのルールを実践しているコロンバス達は、10年もの間、生き残り、ホワイトハウスを根城にして暮らしています。

4人の関係性は、仲間から家族みたいな感じになっていて、楽しく過ごしているはずでした。

 

ですが、そんな時間も長くは続かないのです。

ウィチタとリトルロック姉妹は、変な内容の置き手紙を残して、出て行ってしまいます。

 

そんな中、残されたコロンバスやタラハシーは、物資の調達中に、新たな仲間に出合うのです。

ウィチタと付き合っていたコロンバスは、その新たな女と関係をもってしまうのですが、そのタイミングで、ウィチタが帰ってくるなんてことも。

 

そんな騒動がありつつ、ウィチタの前からも姿を消した、リトルロックを探す旅に、出ていくのです。

 

ゾンビランドは、とにかく終わりがいい

ゾンビ映画なのに、最後もやっぱり、いい感じで終わります。

これが、ゾンビランド!って感じのテイストで、もやっとしないんですよね。

 

それに、なぜか分からないけど、しびれます。

ですから、気持ちよくエンドロールをむかえることができるんです。

 

それにしても、ゾンビランドは、なぜにビル・マーレイを推してるんですかね。

ビル・マーレイが本人役として、今回も登場していますし。

 

ですがビル・マーレイが、前作で言った一言の謎が解けるので、スッキリしますよ。

 

ゾンビランド
コメディーゾンビ映画、なぜか暖かい気持ちになれるゾンビランド、レビュー感想

ゾンビランド (吹替版)   ゾンビランド感想   2009年の作品(12年前)でありながら、古臭いとか、そういう印象を全くうけない、今みても面白いゾンビ映画です。 ホラーなんです ...

続きを見る

 

ゾンビ映画に新たな革命!?

 

ビル・マーレイは、ゾンビのメイクをしていたために、ゾンビと間違われて撃たれてしまいました。

そんなゾンビと間違って殺ってしまうことを、「マーレイする」といいます。

 

マーレいする=ゾンビと間違って殺ってしまうこと

ゾンビランドから、こんな素晴らしい標語が生まれるとは。

 

これから、ゾンビ映画で、間違って殺られるシーンがあったら、「マーレイした!」なんていうことになるでしょう。

楽しみですね。

 

ネタバレ:前作のビル・マーレイ後悔の謎

 

ビル・マーレイが、「マーレイされた」後に言った一言。

「ガーフィールドが人生最大の後悔」と言って、お亡くなりになられます。

 

ですから、これが気になっていた人も多いかと思います。

その謎が、今回のエンドロール的な感じの場面で分かるのです。

 

ゾンビランド・ダブルタップの最後で、ビル・マーレイが、ガーフィールド3のインタビューを受けているシーンが出てきます。

そのインタビュー中に、突然ゾンビが溢れかえることになるのです。

 

ですから、ガーフィールド3は、上映されなかったってことになるんですよね。

そのことで、ガーフィールドが人生最大の後悔になった、ということだったのです。

 

リアルでも、ガーフィールドは2までの公開となっていますので、もしかすると3の話があったけど、なくなったのかもしれませんね。

10年越しに謎が解けました。

 

ゾンビ世界で生き残るための秘訣

 

ビル・マーレイはその後、ゾンビを倒しながら、インタビュー会場をあとにするのですが、その辺のものを使って、ゾンビを殴り倒す際のセリフが、分かる人には分かる的な感じで楽しませてくれています。

「月曜日が嫌いだー」(ガーフィールド)とか「幽霊なんか怖くない」(ゴーストバスターズ)とかですね。笑

 

しかし、ゾンビ世界で生き残るための秘訣は、瞬発力ですね。

すぐに察して、すぐに殺る。

 

これです。

インタビュー中にゾンビに襲われ出してすぐに、パイプ椅子で殴る辺り、反応が物凄くはやいです。

戸惑いや容赦が全くありません。笑

 

あたかも、ゾンビがいるのは、当たり前のような反応速度です。

すぐにゾンビだと察したんでしょうね。

 

普通は、え!?なに!?みたいになっている間に、食われるのがオチなんですけどね。笑

 

見どころが多く、何度か見返してしまう感じの映画なので、おすすめです。

 

 

ゾンビランド2ダブルタップを今すぐ見られるのは、下記の動画配信サイトです↓

気になったら、チェックしてみて下さい。

動画視聴サービス

配信期限があったりしますので、2021年8月現在でみれるサイトはこちらです。

U-NEXT 無料ポイントで漫画も読めます

アマゾンプライムビデオ Amazonプライムの特典のひとつ

Netflix

dTV アニメ以外もみられます

総合的にはU-NEXTがおすすめかなって感じです。

 

アニメは無料動画よりもコスパのいい動画配信サービス
【おすすめ動画視聴6選】映画やアニメの無料動画配信サービスの価格とメリット、デメリット

  見たいアニメが見つかった時に、このアニメを無料でみれるサイトはないかな? って探すじゃないですか。   でも無料サイトを探すほうが、コスパが非常に悪いです。 どうしてもアニメ動 ...

続きを見る

 

-エンタメでリラックス

© 2021 e-きっかけブログ