foods、drink

森永が増やす「焼プリン信者」森永の焼プリン、レビュー感想

森永の焼プリンのパッケージ

 

森永の焼プリンは、焼きプリンの王道ですよね。

15年連続、売上No1になるのも分かります。

 

しかもプリン部門ではなく、デザート市場の中でNo1ですから、どれだけ売れてるんでしょうねって話です。

それだけ、焼プリン好きがいるんでしょう。

 

もしくは、森永が焼プリン信者を増やしすぎたのか…。

石をなげたら、高確率で焼プリン好きに当たるかもしれませんね。

 

森永の焼プリン

 

まずは、表面のふたになっている、ビニールシールです。

それがどうしたって思いますよね。

 

これがまた、物凄く滑らかで、気持ちのいいとれ方をするんです。

音もなく、ファサーってキレイにとれます。

 

食べる前から、妙なストレスを抱えることもなく、食べる前の段階から気持ちいいんですよ。

すでにここから、プリンの戦いは始まっているのです。(なんの話?)

 

森永の焼プリンの香りがたまらなく美味しい

 

そして開封すると、ちょっとだけ香ばしさの混ざった、甘くてなんともいえない、うまそうな香りが漂うので、この時点ですでに美味いです。

開けた瞬間に、うまい焼プリンなんですよね。

 

もうこの香りだけで、一口食べているのと同じです。

 

森永の焼プリン

 

そしてこの焼プリンですが、柔らかすぎない、しっかりとした食感のプリンになっています。

カスタードプリンを、スプーンですくうときに、そのもっちりとした感じが、手に伝わってくるので、食べる前から分かるんですよね。

 

そして口に入れた瞬間に、もっちりしっかりとした食感、焼かれた表面の香ばしい香りと、ふわっとした優しいような荒々しいような、なんとも言えない食感が口の中に広がります。

滑らかなプリンと、表面のしっかりとした食感、そして香ばしい香り、この2層だけで、文句のつけようがないです。

 

カスタードプリンの部分は滑らかですが、プリンプリンとした柔らかさではなく、柔らかいは柔らかいのですが、濃厚でもったりとした、しっかりした食感があります。

ですから、どっしりとした、お腹にたまるような柔らかさの食感です。

 

そんなプリンの、滑らかなもっちり食感と、表面の複雑な食感が合わさるので、単調なプリンにはならないんですよね。

 

森永の焼プリンは、食べる前からうまい

 

それに表面の焼きプリンだけ、キレイに剥がすことができるのですが、むしろ、表面の焼きプリンだけでも、モチモチしていて美味いプリンになっています。(プリンといっていいのか分かりませんけど)

 

プリンカスタードは、卵感もしっかり味わえますし、それと下にたまっている、ほんの少しほろ苦いカラメルが合わさると、また抜群のうまさになります。

そのときの鼻にぬけるプリンと、カラメルのコンボは、至福の時間を味わうことができるんですよね。

 

森永の焼プリン3つの層がそれぞれうまい

 

カラメルは、基本甘いんですけど、香ばしさやちょっとした苦味があるので、焼プリンに味の彩りを加えてくれます。

焼き部分とプリン部分で味わいつつ、カラメルをからめて変化させたりと、味の変化が盛りだくさんです。

 

ずっと食べてられます。

それに、最後のあと味まで、しっかり美味しい余韻を残してくれる焼きプリンなんですよね。

 

まさに王道です。

 

豆知識?

やきプリンは、「焼きプリン」ではなく、「焼プリン」です。

ひらがなの「き」は、入らないんですよね。

 

多分、知らない人、多いのではないでしょうか。

といっても、どうでもいいと言えば、どうでもいい話なんですけど。

 

原材料やカロリーなど

森永の焼プリン原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

液卵(国内製造)、砂糖、乳製品、植物油脂、加糖卵黄、カラメル、でん粉分解物、洋酒、乳たんぱく質/香料、糊料(増粘多糖類)、pH調整剤

 

栄養成分表示 1個(140gあたり)はこちら

エネルギー185kcal、たんぱく質6.6g、脂質6.6g、炭水化物24.9g、食塩相当量0.21g

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ