エンタメでリラックス

コメディーゾンビ映画、なぜか暖かい気持ちになれるゾンビランド、レビュー感想


ゾンビランド (吹替版)

 

ゾンビランド感想

 

2009年の作品(12年前)でありながら、古臭いとか、そういう印象を全くうけない、今みても面白いゾンビ映画です。

ホラーなんですけど、あからさまなヒーロー感を出してくる、アメリカっぽい雰囲気が好きなんですよね。

 

この分かりやすいテイストが、なんかいい感じで、楽しい時間にしてくれます。

それにコメディー要素もありながら、意外とまともな感じなので、それも逆に笑えて面白いです。

 

通常のゾンビ映画と比べても、ゾンビのクオリティは無駄に高いですし、なかなかに怖かったりもしますよ。

そこはコメディーではないのか!みたいな、しっかりリアルにつくられていますね。笑

 

それにゾンビあるあるの、ゾンビよりも人間が一番脅威みたいな要素も、あるにはあるのですが、そこまで人間関係が殺伐としていないので、アットホームな雰囲気で、なごめるゾンビ映画にもなっています。

そもそも生き残っている人間が、ほぼいない感じの設定になっているので、ゾンビ世界を満喫している「ヒャッハー」的な、「俺たちの時代がきたぜー!」っていう人達は出てきません。

 

きっとゾンビランドでは、ゾンビになって、ヒャッハーしているんだろうなって、勝手に想像しています。

面白いゾンビも出てくるので。

 

ゾンビランドのあらすじ

 

始まりは、すでにゾンビが蔓延していて、世界がゾンビランドになったあとの話しです。

 

主人公のコロンバスは、ゾンビランドで生き抜くため、32の自分ルールをつくり、それを実践しながら、ゾンビ世界を生き残っていました。

両親のいるオハイオ州に向かって旅をしている途中で、ゾンビに全く臆しない、主人公とは真逆の性格、ある意味ぶっ飛んでいるタラハシーと出会います。

 

タラハシーは、コロンバスのルールとは、全く逆のやり方で生き残ってきた強者で、コロンバスはタラハシーと出会ったことで、ときには生き残りルールを破ったりするようになります。

そんな二人はその後、ゾンビランドになる前から、詐欺師として生きていた、ウィチタとリトルロック姉妹に出合い、裏切りや恋、大好きな人を失ったり、大群のゾンビやピエロと戦う、ごたごたに巻き込まれていくことになるのです。

 

主人公のスペック

 

主人公は、ひきこもりのゲーマーで、友達もいない、近くに家族もいない、ドゥティーでさえない感じの男です。

守るべき人もいなく、臆病で用心深いからこそ、生き残ったうちの1人ってことになっています。

 

そんな憶病な男が、生き残れたのには理由があって、32ある自分でつくった生き残るためのルールを、忠実に守っているからです。

そのルールというのが、ゾンビ映画を観ている人なら分かる、非常に的を得ているルールなんですよね。(しかも笑える)

 

こういう奴は、ゾンビに食われやすい的な、そうそうって思わず納得してしまうルール

32あるルールが面白いです。

 

ルール2の、「二度撃ちして止めを刺せ」

殺ったと思って油断してやられるなんて、ゾンビ映画ではあるあるですからね。

油断してやられる人達への、皮肉も込められているような感じもあります。笑

 

ルール17の、「英雄になるな」

英雄になろうとする人は、大抵サクッと食われます。

カッコつけたい気持ちを、我慢できる男が生き残れるのです。笑

 

ルール31の、「後部座席を確認しろ」

ゾンビから逃げてる途中で、慌てて車の中に避難して、安心したのもつかの間、後部座席にゾンビがいて、結局食われるなんてパターンは、ゾンビ映画のあるあるですからね。

普通は、気づくはずなんですけど、ゾンビも時には、映画を盛り上げるために、後ろに隠れているのです。

作中ではないのですが、なかには、トランクにいたなんてパターンもありますけどね。笑

 

そういったゾンビ映画での、殺られるパターンにそって作られたような、そんなルールになっているので、内容が面白いです。

ルールを破らなかったからこそ、生き残ってきたコロンバスですが、仲間に出会うことで、ときには破ることにもなっていきます。

 

道中、仲間になる人が個性的すぎる件

 

トゥインキーおじさん

主人公のコロンバスが、はじめに出合うタラハシーは、かなり豪快で屈強という言葉の似合う厳つい男です。

そんなタラハシーの車に乗せてもらうことになり、一緒に行動を共にするのですが、タラハシーの目的には「トゥインキー」を食べるという、どうでもよさそうな?ことも目的に入っています。

 

ですから主人公は、トゥインキーというお菓子を探すことにも、付き合わされることになります。

(日本ではなじみがないお菓子なので、想像ができませんが、あとで分かるので安心して下さい。)

 

派手に暴れまわる豪快なトゥインキーおじさんは、強面な感じと、お菓子を必死で探しているギャップが面白く、なんだかホッとするんですよね。

それに、意外と情に熱く優しくて、人の心の分かる人なんです。

 

いいキャラしているので、主人公より人気ありそうな感じがします。

 

ちなみに、そんなトゥインキーおじさんですが、ゴーストバスターズのビル・マーレイが大好きで、ビルがとある事故で亡くなった時に泣くのですが、泣くのはタイタニックを見た時以来らしくて、その性格や外見とタイタニックで泣いたという事実が、また面白かったりします。

とにかく、トゥインキーというお菓子を食べるためなら、危険もいとわない、ある意味ぶっ飛んだおっさんですね。

 

詐欺師のウィチタとリトルロック姉妹

コロンバスとトゥインキーおじさんが、次に出会う姉妹は、詐欺師。

ゾンビランドになる前から詐欺をしてきた姉妹なので、2人は騙され翻弄させられます。

 

姉妹のルールは、「他人は誰も信用するな」です。

ですから、この姉妹からすれば、裏切りは当たり前で、コロンバスたちは苦汁を飲まされることになります。

 

人を裏切ってまで生き残ってきた2人ですが、なぜか目的地は、ゾンビがいないとされている遊園地、パシフィック・プレイランドなんです。

妹のリトルロックがただ好きなのか、遊びたいのか、思い出があるのかしりませんが、遊園地が安全だと思っているんですね。

 

それで、姉のウィチタは、人をだましながら遊園地に向かっているのです。

詐欺師として頭を働かせてきた2人なら、あんな騒がしいところにいけば、どうなるのか分かりそうなんですけどね。

 

そんなクセのある4人が、ゾンビランドで楽しく?過ごすゾンビ映画です。

っていうと、面白くなさそうですが、友情とか、家族みたいなあたたかいものが観られる作品になっています。

 

ビル・マーレイ

ちなみに、ゴーストバスターズで活躍した、ビル・マーレイ本人も登場します。

ゴーストバスターズは、私も何度もみた作品なので、テンションが上がりました。

 

タラハシーほどではないのですが。

ビルに人生の後悔を聞くシーンがあるのですが、その時ビルはガーフィールドと答えるんです。

 

ガーフィールドの作品で、何か痛い思い出でもあるのかな?って、その時は意味が分かりませんでしたけど、10年後の次作「ゾンビランド ダブルタップ」で分かります。

気分がスッキリするので、ゾンビランドをみたら、次作もおすすめですね。

 

 

ゾンビランドを今すぐ見られるのは、下記の動画配信サイトです↓

気になったら、チェックしてみて下さい。

動画視聴サービス

配信期限があったりしますので、2021年8月現在でみれるサイトはこちらです。

U-NEXT

アマゾンプライムビデオ 別途料金がかかります

dTV 別途料金がかかります

Netflix

総合的にはU-NEXTがおすすめかなって感じです。

 

アニメは無料動画よりもコスパのいい動画配信サービス
【おすすめ動画視聴6選】映画やアニメの無料動画配信サービスの価格とメリット、デメリット

  見たいアニメが見つかった時に、このアニメを無料でみれるサイトはないかな? って探すじゃないですか。   でも無料サイトを探すほうが、コスパが非常に悪いです。 どうしてもアニメ動 ...

続きを見る

 

-エンタメでリラックス

© 2021 e-きっかけブログ