foods、drink

アミューズメント専用チョコバットには、何が入っている?写真あり

チョコバット

常に常備中。

 

そもそもチョコバットがうま過ぎる件

 

チョコバットって、遠足には必ずといっていいほど、持って行ったお菓子なんですよね。

そもそもの話し、うますぎるんです。

 

食感も「サクッ!」とか「カリッ!」とかハッキリしているわけではなく、「モソッ」っていう、ぼんやりしている食感なんですけど、クセになります。

しっとりといいますか、なんて表現していいのか分からないですけど、中途半端な食感なんです。

 

なぜかといいますと、中を割ってみると分かります。

パン生地なんですね。

 

チョコバットの食感

 

かといって、ふわってしているわけでもない。

でも、またそれがいいんですよ。

 

それに味はめちゃくちゃ美味い。

ってことで、我が家は常備しているんです。

 

チョコバットの中身

 

チョコバットだったり、チョコバットエースだったりをですね。

毎回行く駄菓子屋も、人気なせいかチョコバットが売り切れていたり。

 

ある時とない時があるので、そんな時は別な店に行くのですが、そこまでして常備しているのです。

うまいから。

 

チョコバットはくじ付き

 

くじ付きってところも、食べるのとは別な楽しみがあって、一度に二度おいしいんですよね。

チョコバットエースは、オリジナルノートがもらえるのですが、これがなかなか当たらないのです。

 

チョコバットはくじ裏

 

てか、チョコバットのくじは、はずれたら「アウト」なんですが、チョコバットエースは、なぜか「はずれ、ざんねん!」なんです。

ざんねん!って文字で、ちょっと傷つく、小心な私。

 

チョコバットはずれ

 

ということで、チョコバットのアミューズメントの中身もご紹介します。

 

アミューズメント専用景品のチョコバット

 

チョコバットに魅了されて、常に常備されている我が家ですが、アミューズメント専用景品があろうものなら、ゲットしてしまうんです。

なぜなら、そこにチョコバットがあるから。

 

名言風にいってみましたが、やっぱりチョコバットは、心をつかんで離してくれませんってことです。

UFOキャッチャーのような箱の中に入っているなら、出してあげたくなるじゃないですか!

 

それがチョコバット愛ですよね!

と語ってみたところで、理解されそうにもないのかもしれませんが。

 

チョコバットのアミューズメント専用景品は、大きな箱に入っています。

 

チョコバットのアミューズメント専用景品

 

チョコバットのアミューズメント専用景品の側面

 

中身はこんな感じです。

 

チョコバットのアミューズメント専用景品の中

 

がんばれチョコバットくん2袋(1袋9本入り)、チョコバットのミニサイズ1箱(チョコバットくんオリジナル図書カードが入っているかも)

思ってしまったのですが、がんばれチョコバットくんは、チョコバットを応援していますよね。

 

がんばれチョコバットくん

自らを応援するチョコバット

 

自分で自分を、応援しまくっていることになります。

それが許されてしまうのも、チョコバットなのです。

 

自らを応援するチョコバット裏

 

中のチョコバットくんは、クジはついていませんが、2種類の絵柄が楽しめます。

 

自らを応援するチョコバットくんの中の絵

 

この2種類合わせて、9本入っています。

チョコバットくん6本に、チョコバットちゃん?チアガール?の3本でした。

 

自らを応援するがんばれチョコバットくん9本入り

 

チョコバットのミニサイズ

この箱には、チョコバットくんオリジナル図書カードが入っているかもしれないのです。

図書カードが入っていたら、大あたりです。すげー。

 

チョコバットのミニサイズ箱

 

しかも、中に入っている個包装は、歴代のチョコバットのパッケージが楽しめます。

 

チョコバットのミニサイズ箱、側面

 

今回は、運よく4種類ともゲットできました!

 

チョコバットのミニサイズ4種類

 

チョコバットのミニサイズ、昭和46年版はこちら↓

 

チョコバットのミニサイズ、昭和46年版

 

チョコバットのミニサイズ、昭和55年版はこちら↓

 

チョコバットのミニサイズ、昭和55年版

 

チョコバットのミニサイズ、昭和63年版はこちら↓

 

チョコバットのミニサイズ、昭和63年版

 

チョコバットのミニサイズ、平成6年版はこちら↓

 

チョコバットのミニサイズ、平成6年版

 

豆知識

作っている会社までは気にしていなかったけど、三立製菓株式会社というところがつくっているんですね。

長らくお世話になっていたのに、知らなかった現実。

 

しかも、「かんぱん」も作っているし。

その他にも、「源氏パイ」や「かにぱん」まで…。

 

全部食べたことのあった会社でした。

 

アタリを出すなら、まとめ買いがいいですよ。

チョコバットエースで、ノートゲットを目指すならこちら↓

 

 

チョコバットはこちら↓


 

ミニチョコバットで、チョコバットくんオリジナル図書カードゲットを目指すならこちら↓


チョコバットのクッションもでていた…。


 

チョコバットで触れてはいけないこと

 

それは…。

「チョコバットって、バットの形していないよね。」

 

……。

 

そこには、触れてはいけないのです!

しかし、この形をバットだと、いい張った人すごいよね。

 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ