foods、drink

爽やかな気分になれるクランベリーとラズベリーのベリーミックス、ドライフルーツ、感想

ベリーミックスのドライフルーツパッケージ

検索のやり方が悪いのか、いやそんなはずはない…と思う。。

いくら探してもなぜか出てこない、Sunkistの「BERRY MIX」。

 

コンビニで見つけた食べ物で、検索しても見つからないって、意外と珍しいかもですね。(写真はでてくるのですが)

Wismettacフーズ株式会社と、Sankist Crowers,inc.の共同開発みたいですが、製造者、お客様相談窓口に、「南信州菓子工房」の文字が。。

 

あなただったのですね!

 

最近「ひとくち」や、「ぷるぷる」の商品名でよく見かけるおいしいドライフルーツを作っている会社。

でも、ベリーミックスの商品自体は、3社でも出てこないのですが。(これから?)

 

Sunkistのベリーミックス、レビュー

 

開封時は、ドライフルーツ独特の香りの中に、ベリーのおしとやかでしっとりした甘そうないい香りが漂います。

中はこんな感じです↓

 

ベリーミックスの中身ドライフルーツベリー

 

パッケージは、やわらかいっていうことを主張してます。

  • やわらかドライフルーツ
  • やわらか仕上げ

 

そんなにやわらかいのか!?って興味でてきますよね。

そして中には、2種類のベリーが入っています。

 

2種類のベリー

  • クランベリー
  • ラズベリー

おいしそうで、いい名前ですよね。

フルーツの名前がすでにおいしそうですから、ある意味名前で売れそう。

 

クランベリーのドライフルーツ

ベリーミックスの中のクランベリーのドライフルーツ

 

香りにはクセがなく、ささかな香りで、おしとやかな主張をしていますが、

甘さがあるというよりは、クセのある味ですね。

 

わずかな苦さもあって、甘酸っぱい感じでしょうか。

ドライフルーツとしてはやわらかい?のか分かりませんが、割と歯応えがあります。

 

大人の味がするベリーですね。

 

ラズベリーのドライフルーツ

ベリーミックスの中のラズベリーのドライフルーツ

 

香りが非常に強くて、主張が強いですね。

苦手な人にはきつい香りかもしれませんが、フルーティないい香りだと思います。

 

ラズベリーの方は、甘さも強くて、ほんの微かにしょっぱさもあるかな?って感じです。

柔らかさの中に少しだけ歯応えがあり、クランベリーと比べると食べやすいと思います。

 

フレッシュな若さを感じるベリーですね。

 

ベリーミックスのバランスがいい

 

ベリーミックスのバランスがいい

 

二つの、ドライフルーツベリーの特徴が活かされていて、バランスがとてもいいと思います。

 

香りと甘さを楽しむならラズベリーで、落ち着いた味を楽しみたいならクランベリーなので、二つ同時に食べると、よりそれぞれの味が引き立つようになっています。

 

ひとつひとつでは感じられなかった、香りと味が絶妙なバランスです。

食感もちょっと複雑になって、柔めと硬めで噛むのが楽しくなりますよ。

 

2つのベリーの割合はこんな感じです↓

ベリーミックスのドライフルーツの割合

 

割合としては、右のラズベリーの方が多くなっています。

ラズベリーのフルーティな香りと甘さをメインに、クランベリーでアクセントを出している感じですね。

 

もしかすると、ラズベリーとクランベリーの比率は決まっていなくて、24gの中で毎回変わるのかもしれませんけど、その場合は、毎回違った比率の味が楽しめるようになります。

 

原材料やカロリーなど

ベリーミックスの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

ラズベリー加工品(ラズベリー(セルビア産、チリ産)、ぶどう糖、砂糖、還元水あめ)、クランベリー加工品(クランベリー(米国産)、砂糖、ぶどう糖)/トレハロース、クエン酸、ビタミンC、乳酸Ca、酸化防止剤(酵素処理ルチン)

 

栄養成分表(24gあたり)はこちら(推定値)

エネルギー80kcal、たんぱく質0.2g、脂質0.2g、炭水化物19.4g、食塩相当量0g

 

カロリーも割と低いような?気もします。

ベリー類の表面の白っぽいものは、ぶどう糖パウダーだそうですよ。

 

脳のエネルギー源ですね。

 

ベリーミックスおすすめ

 

手がべたつく感じもないので食べやすく、爽やかな気分になれるアイテムだと思います。

アイスの上に散らしたら、ちょっと豪華なスイーツを楽しめますよ。

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ