ヒント

【簡単】先延ばしをやめられて、精神的にも安定するたった一つ方法

先延ばしをやめられて、精神的にも安定するたった一つ方法

もうこれで先延ばしには悩まない

 

何かをしなきゃいけないこととか、やりたいと思っていることがあるなら、必ずやっておきたい、ひとつのことがあります。

 

これをやっておかないと、いつまで経ってもやらなかったり、永遠にしないなんてことにもなってしまいます。

 

結論

それは、期限を設定するってことです。

 

これは、簡単なことなのですが、やらない人がほとんどです。

人は、いつまでにやるという期限をつけないと、もうそろそろやらないとヤバイっ!ってなるまで、ずっと先延ばしにし続けます。

 

 

先延ばししてしまうワケ

なぜそうなるのかは、経験済で分かっている人がほとんどなのではないかと思います。

なるべくなら、ダラダラして過ごしたいですし、何もしたくないっていうのが本音ですからね。

それはきっと、普段からやりたくないことを、やり続けている影響だと思います。

 

自分のやりたくないことを、やらざるおえない仕事とかを、毎日やっているのは、しんどいですから。

ですから、なるべくそういった、やらなければいけないこととかは、先延ばしにしたくなるものです。

 

いつまでにやらなけばいけないという期限がないと、ありとあらゆる言い訳を自分にして、やらないようにします。

夏休みの宿題状態ですね。

 

期限を設定するメリット

 

  • 仕事を早く終わらせられるようになる
  • 頭の中で仕事の整理が常にできる
  • やらなきゃいけないことを、ずっと気にしなくて済むようになる
  • 精神的にも安定する

 

仕事を早く終わらせられるようになる

期限があると、その日その時間までに終わらせないといけない!

となってしまいますので、必然的に仕事を早く終わらせられるようになります。

今までは、先延ばしにしていたので、早く終わるのは当然ですよね。

 

この日、この時間までにと設定してしまうと、すぐに取り掛からなければいけなくなる状況においこめます。

 

ポイント

期限の設定は、頭の中で考えるだけではなく、メモにも書きましょう。

 

この仕事は2時間以内に、この仕事は2日以内と書いておきます。

目でも見えるようにしておけば、自分で設定した期間内に終わらせられるように、常に意識しておくことができます。

 

それに、自分で仕事をコントロールできていることで、心にゆとりができます。

これは非常に大きなメリットです。

 

もし期間をオーバーしたところで、設定していなかった時よりも、かなり早く終わらせることができるようになりますよ。

 

頭の中で仕事の整理が常にできる

やるべきことをメモして期間を設定するということは、やらなければいけないことが整理されて、頭の中がクリアになります。

あれもこれもやらなければいけないと、頭の中だけで考えているうちは、ごちゃごちゃしていて、凄く大変な作業がたくさんあるかのように思えるのですが、書いてしまうと客観的に見られるようになるのです。

仕事を把握して常に整理できている状態になるので、急な仕事が入っても、落ち着いて行動できるようになります。

 

こんな経験ありませんか?

あれもこれもやらなきゃいけないのに、そんなに仕事をふられてもってこと。

結構な確率で、頭の中がごっちゃごちゃになって、ストレスにはなるし、嫌な気持ちになるし、しまいにはイライラしてしまったりしますよね。

そういったことが、なくなります。

ただ期限を設定するだけで!

 

やらなきゃいけないことを、ずっと気にしておかなくて済むようになる

期限を設定するだけで、その仕事は終わったようなものです。

その期限までに終わらせるって事ですからね。

今までは、先延ばしにしていた、やらなけばいけない何かを、ずっと頭の中で考えていることになっていたので、嫌な状態が続いていましたが、そういったことを頭から消せるってことです。

 

期限を設定せずに、ずっと先延ばしにしている間、ずっとあれをしないといけないんだけどってことを、頭の中で何度も考えることになります。

そういう、しなければいけないことって、考えるだけで、凄く疲れますよね。

ため息つきたくなるくらいになりますし、そういったものが溜まってくると、本当にうんざりしてしまいます。

 

さっさとやっとけば良かったのに、やらなけばいけないが溜まりに溜まって、パニックになるなんてことにもなりかねません。

あれもしないといけないのに、これもかよ!みたいな。

仕事ってどんどん増えていきますからね。

 

早く終わらせたいのに、気がのらないとかなんとかで、先延ばし。

そんなことをなくすためにも、期限をつけましょう。

 

精神的にも安定する

いつまでに終わらせるという期限をつけていれば、上司に新たな仕事をふられた時にも、今はこの仕事をやっているので、いつまでかかりそうです。

それ以降にやることになりますけど、いいですか?みたいに言えるようになりますし、そうなれば、ほかの人にふろうとかなる場合もあります。

自分で仕事を管理することができ、コントロールできている状態は、精神的にも非常に楽になります。

 

ポイント

期限を設定するだけで、仕事に振り回されるなんてことに、なりにくくなるのです。

 

期限の設定のやり方

 

おすすめは、自分で終わらせられるだろうなって期間の、8割くらいで設定します。

だいたい楽に終わらせられるくらいの期間を見込んでいるので、8割くらいでも十分可能です。

それに、あくまでも自分の中での目標なので、完璧を目指す必要はありません。

 

目的は、早く終わらせることと、仕事を自分でコントロールすることです。

完璧を目指して、疲れるのでは意味がありません。

 

長期の設定は、仕事を分解して設定する

早く終わらせたいことは近々で設定して、一か月越えるような仕事なら、やることを分割して3日単位にしないと、ギリギリまでやらないなんてことになってしまう場合があります。

長期でかかるような仕事は、小さなタスクがたくさんあると思うので、そのひとつひとつで期限を設定して、進捗状況が分かるようにした方がいいです。

 

やりたいことには特に期限をもうける

 

やらなければいけないことは、時間がかかるにしても、いずれやらなければいけなくなりますが、やりたいと思っていることは、永遠にその日がこないことがあります。

やりたいことには、時に期間を設定してしまいしょう。

 

やりたいことは、ご褒美みたいなものなので、楽しんで設定できると思います。

例えば、いつか行きたいねって思っている旅行とかですね。

 

旅行とか、行かなくても何の問題にもなりません。

ですから、いつかって言っているうちは、永遠に来なかったりします。

やりたいことこそ、いつまでにやろうって設定してしまいましょう。

 

まとめ

 

やらなければいけないことや、やりたいと思っていることは、期限を設定しましょう。

それだけで、頭の中をクリアにして、仕事をコントロールすることができるようになります。

コントロールできているという感覚は、精神的にも大きなメリットになりますよ。

 

 

しんどい毎日が吹き飛び、仕事が頑張れる。
2020年の癒しグッズ14選!しんどい毎日が吹き飛び、仕事が頑張れる。

自分の癒しを知っているだけで強くなれる、2020年の癒しグッズ14選!   仕事終わりに帰ってからの楽しみがあると、日々のしんどい仕事がまた違って感じますよね。 これが終わったら、帰って癒さ ...

続きを見る

-ヒント

© 2021 e-きっかけブログ