foods、drink

キリっとした飲み心地、R-1ヨーグルトドリンク低糖・低カロリーのレビュー感想

R-1ヨーグルトドリンク低糖・低カロリーのパッケージ

 

ヨーグルトって元々は、砂糖入っていないので、低糖って当たりまえなのかもしれないですが、飲みにくいですからね。

飲みにくければ、意味がないので、低糖くらいがいいのかもです。

 

せっかく飲むなら、我慢して飲むより、美味しいもので腸活したいですよね。

 

明治プロビオヨーグルトR-1ドリンクタイプ 低糖・低カロリーのレビュー

 

香りは、だいぶミルクよりといいますか、若干酸味のありそうな、ミルクヨーグルトって感じの香りがします。

自然な香りを、まろやかにしたような感じですね。

 

そして味は、低糖なので、甘くないわけではなく、甘さが十分に抑えられた、飲みやすい程度の甘さがあります。

酸味のあるヨーグルトに、割と近い感じの甘さです。

 

R-1ヨーグルトドリンク低糖・低カロリー開封

 

低糖なだけあって、酸っぱさが先にきます。

ですが、酸っぱ!って感じではなく、スッキリした飲み心地になっていますよ。

 

ですから、非常に飲みやすいです。

甘いのも酸っぱいのも、苦手な人には飲みやすいと思います。

 

そして、飲み続けていくと、はじめの酸味も感じなくなり、程よい甘さのヨーグルト感だけを感じるようになります。

きっと慣れるせいですかね、甘味が先にくるようになりますよ。

 

後味も、非常にスッキリしています。

舌に残る感じも、ちょっとした甘さと酸味があるくらいで、いい意味で何も残らない自然な感じですね。

 

それだけ、最後まで後味を残し続けない、キリっとした味になっているんだと思います。

低糖でも、まろやかな飲み心地です。

 

口の中から鼻にぬける香りは、心地よいヨーグルトっぽさで癒される感じがしますよ。

 

R-1のふたレビュー4回目

R-1レビューの中で、4回目の、ふたのどうでもいい話です。

R-1は、ふたが小さく(高さが短い)、あまり回さなくても開いてしまうので、開閉が非常に楽なのですってことを、散々言ってしまっている状況です。

 

R-1ヨーグルトドリンク低糖・低カロリーのふたの開けやすさ

 

meijiを正面に向けて回すと、1周させるまでもなく、この位置でふたが開いてくれます。↓

 

R-1ヨーグルトドリンク低糖・低カロリーのふたの開く位置

 

どれだけ開けやすいんだって話です。

180度もいきません。

 

通常のペットボトルのふたに、何か恨みでもあるのかってくらい書いているんですけど、やっぱり閉めるからには、きっちり閉めたいじゃないですか。

しかも、サッと。

 

ですから、すぐにきっちり閉められたら、非常に嬉しいのです。

って話です。

 

R-1の機能性が知りたい場合は、こちらの記事で↓

明治プロビオヨーグルトR-1ドリンクタイプ 112mlのパッケージ
ちょっとツッコミたい、明治プロビオヨーグルトR-1ドリンクタイプ 112mlレビュー感想

  R-1の商品名が、意外と長かった件。 R-1としかイメージないですが、明治プロビオヨーグルトの中の、R-1ってことみたいです。   ちなみに、プロビオとは、明治の独自研究で生ま ...

続きを見る

 

原材料やカロリーなど

R-1ヨーグルトドリンク低糖・低カロリーの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

乳製品、ぶどう糖果糖液糖、砂糖/安定剤(ペクチン)、甘味料(アスパルテーム・L—フェニルアラニン化合物、ステビア)、酸味料、香料

 

栄養成分表示   1本(112mlあたり)はこちら

エネルギー50kcal、たんぱく質3.4g、脂質0.6g、炭水化物7.8g(糖質6.8g)、食塩相当量0.12g、カルシウム125mg

 

甘いのも酸っぱいのも、苦手な人で、あと味がキリっとした感じが好きな人に、おすすめですね。

 

R-1ヨーグルトドリンク低糖・低カロリーおすすめ


 

R-1には、他にも種類があります。




 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ