ヒント

望む結果を得るための効率的な方法【3ステップ】無駄なあがきはやめましょう

望む結果を得るための効率的な方法

自分の望む結果が得られないのは、膨大な時間とエネルギーを無駄に消耗しているからです

 

毎日、いいことないかなとか、働かずに生活がしたいとか、お金がどこかに落ちてないかなとか思ったりすると思うのですが、今までそんなこと起きたことないですよね。

ちょっとした嬉しいことがあって、幸せを感じたりすることも稀にはありますが、自分の望んだ結果を得るために行動したわけではなく、たまたまそうなったってだけのことがほとんどです。

 

本当は、理想とする人生があったりしますが、自分の望む結果を手に入れたいと思いながらも、それを叶える行動を何もせずに、こうあればいいなぁと思いながら1日を過ごしています。

そんな毎日を過ごしながら、明日に期待してみても何も変わらず、過ぎた時間を振り返り後悔しています。

気付いた時には、そんな同じことを、年単位で繰り返していたりしますよね。

 

同じことを繰り返しても、同じ結果がでるだけです

日々の不満に目をつむり、今日の仕事が早く終わらないかなと、時間をやり過ごして、夜には仕事のストレスを解消すべく、ただダラダラ過ごしてしまう。

そして、また同じ1日が始まります。

もうすでに、うんざりし過ぎているのに、どこかで何かが起きることを信じていたりしています。

 

うんざりしているのは、このままだと何も変わらないって、気付いているからですよね。

どこかで変えないとダメだ、なんて考えが浮かびますが、雑多な日々に本当に大事な思考が、かき消されて、目の前のことに時間が消費されているのです。

 

何よりも一番大事なこと

何か変えようと思ったら、そこで流さずに、立ち止まってその事について考えてみましょう。

まずはそれが、何よりも一番大事なことなのです。

なぜ、このままではいけないのか、変わらないといけないと思ったのか。

 

あなたを引きずりこもうとする、どうでもいい誘惑や、やることを一旦跳ね除けて、向き合わなければいけません。

 

今まで何もしてこなかった自分と向き合うことになるので、なるべく流したくなるかもしれませんが、そこでまた流してしまったら、次はいつになるのか分かりません。

ふっとよぎるそういった思考をテーブルに置いて、それにしっかり向き合って座り、自分が望む結果が得られていない原因を見つめてみましょう。

そして、今こそ対策を練って、行動をおこすのです。

 

また今年も何も挑戦することなく、何も成長することなく、何も望みを叶えることも無く終わったと思いたくないなら。

 

ほとんどの人が、考えることをしていない

今の現状を認識して、どうすればいいのか考えることが、あなたにとって一番大事なことです。

考えるってただ言うのは簡単ですけど、すごくエネルギーを使いますし、面倒なことなんですよね。

ですから、ほとんどの人がしていません。

きちんと向き合うだけで、ほとんどの人がそういう時間をつくらないのですから、その他大勢から1歩進んだことになります。

 

みんな同じようなことで悩み、同じようなことを繰り返しています。

あなたは、そんな繰り返しから抜け出しましょう。

自分が何を望んでいるのか、それを手に入れるために何をしなければいけないのか。

 

きっと自分なりの答えを出せるまで、時間がかかると思います。

でも、同じ毎日の繰り返しから抜け出せるなら、そこは逃げずに目をそらさずに向き合っていくべきことです。

 

ルートは一つではありません

 

そうやって考えていくと、望む結果を手に入れるために、どうしたらいいのか分からないって壁が出てくると思います。

その望みへのルートは1つではないからですね。

いくつもあると思います。

 

たった1つでしたら何も迷うことなく、進めばいいのですが、ルートはたくさんあります。

どうしていいか分からないではなく、どこのルートを進めばいいのか分からないっていうのが、問題だと思います。

結局のところ、いくら調べてもそのルートは、やってみないと誰にも分かりません。

人それぞれ、うまくいく、うまくやれることが違うからです。

 

望む結果を得られない人は、ただ、ずっと迷ってその場から動かないだけです

例えば会社経営をしている成功した2人の人がいるとします。

Aさんは、従業員がいてこそ成功できたと言っています。

Bさんは、うまく会社がまわるシステムをつくったからだと言っています。

どちらが正しいのでしょうか?

 

どちらも正解ですよね。

やり方が、違っても同じように成功できたりするんです。

成功、望む結果を得られない人は、ただ、ずっと迷ってその場から動かないだけなんです。

Aさんも、Bさんも自分にあったうまくいくやり方を、行動して見つけただけです。

 

絶対失敗します

 

同じ日々を繰り返すだけの人は、うまくいく方法を見つけるまで動きません。

やってみないと分からないということに、気づかないままです。

 

何通りも方法があるなら、全部やってみればいいのです。

そうすれば、自分にあったやり方が必然的に残ります。

 

自然とそうなるんです。

なぜなら、自分に合わないものは続けられませんので。

そうやって探っていけばいいのです。

心配しなくても、絶対失敗します。

 

全部試してみる

当たり前のように失敗するのですが、それがいい結果に導いてくれるんですよね。

あのやり方は自分に合わないと分かれば、その方法を気にする必要がなくなります。

今、こんなことをしているけど、あの方法をやっていたらどうだったんだろうって迷いません。

 

ですから、同じことの繰り返しから抜け出すためには、あなたの望む結果と向き合い、それを手に入れる方法を探し、全部試してみる。

 

続かなくても大丈夫です

続かないことが悪いこととされていたりしますが、それは時代錯誤な考え方です。

何も選択肢がなかった時代では、それを続けていかなければいけなかったのですが、今は違います。

たくさんの選択肢があるのだから、ずっと自分に合わないと思うことを、続けていくこと自体が馬鹿げています。

ですから、ちょいかじりくらいでもいいので動き出して、あー無理ってなれば次にいくのです。

 

その方が、たくさんの経験をすることができて、自分なりのノウハウが蓄積されていくことになります。

それがスキルや武器になったりするので、失敗や続けられないことも侮れません。

1年で100回失敗したなんて人いたら、話し聞いてみたくなりません?

そうやっていけば、今年1年、何も成長出来なかったなんてことには、なりえませんよ。

 

すぐに変わることを諦めましょう!

 

なぜ行動できないかというと、一気に変えようとしすぎていることが原因です。

すぐに結果なんてでませんので、毎日の積み重ねしかありません。

スクラッチをしているわけではないので、削ったらすぐ結果がでるなんて期待はやめましょう。

疲れるだけです。

 

少しずつ理想に近づいていくのですが、少しづつですと、自分が変わっていっている実感が持てなかったりして、途中で諦めてしまうのです。

ですから、すぐに変わるなんてことを諦めましょう。

 

やってもいないことで、何か変わることはありません

自分が成長していない感じがしても、別にいいじゃないですか。

目的のものを手に入れられれば。

ですから、まずやってみるしか方法はありません。

 

何もしないのに、人生が変わることを望んでいるのは、火種もないのに、紙を燃やそうとしていることと同じです。

紙を見つめながら、火がつけとか思っているのです。

それって怖くないですか。

実は、それと同じことを毎日していたりします。

 

非効率はどっち!?

 

まずは、理想の人生、欲しいモノなど紙に書き出して、それらを手に入れる方法も書き出し、片っぱしからやってみましょう。

それだと非効率と思うかもしれません。

もっとよく調べてとか、もっとうまくいく方法を吟味した方がいいとかですね。

 

そうやって結局何もしないなら、そっちの方が非効率的です。

それはやりながらでも出来るので大丈夫です。

 

効率的なのは、全部やってみることです。

 

考えるだけで何もしない人

こっちのやり方の方がいいだろうか、いややっぱりこっちかな。

もっとこのことについて調べてみよう。

こっちももっと調べてみようって、ずっと動かない。

 

すぐやってみる人

よしやるぞ。

これはこうした方がいいな、これは自分に合わなかった。

今度はこれをしてみよう。

失敗を繰り返しながらも、次々と挑戦する。

 

さて

どちらが、前に進んでいるでしょうか。

どちらが、効率的でしょうか。

 

3ステップを、まずは始めましょう。

 

step
1
理想の人生、欲しいモノなど紙に書き出す

こうあったらいいなってことを、全部書き出します。

何も難しいことはありません。

こんなこと書くと恥ずかしいとか思うことでも、あなたしか見ませんので、気にせず書きましょう。

 

step
2
手に入れる方法を書き出す

それを手に入れるためには、現状の行動では叶わないのは分かっているはずです。

自分の思う手に入れる方法を、すべて書き出しましょう。

ネットで調べてもいいと思います。

とにかく出来そうとか、出来なさそうとか関係ありません。

全部書きましょう。

 

step
3
行動する

片っぱしからやりましょう。

全部一気には無理なので、適当なものを選んでそのリストに番号ふって、サイコロ振ってもいいと思います。

迷っていることが非効率的です。

何が近道かなんて、どうせ分かりません。

やってみることが近道だったと、後で分かります。

 

 

これでもう、今年も何も達成できなかったなんてことには、なりえません。

自分の進んだ道に、驚愕するはずです。

楽しみですね。

 

 

成長しようと行動するときは、相談しない方がいい理由
成長しようと行動するときは、相談しない方がいい理由。邪魔されるのがオチです。

挑戦してみたいことや、何か学びたいことが出てきたときに、行動しようかどうしようかと、迷うことってありません? そんなとき、誰かに相談してみたくなることもあると思いますが、自分のやろうとしていることを相 ...

続きを見る

-ヒント

© 2021 e-きっかけブログ