foods、drink

3色の食べる比率によって、味が変わるアンパンマンひなあられのレビュー感想

アンパンマンひなあられのパッケージ

 

ひなまつりの定番お菓子といえば、ひなあられですよね。

ポン菓子をひなあられにしている地域もあるみたいですが、私はひなあられといえば、おかき系のひなあられが頭に浮かびます。

 

あまりにも食感が軽く、ひとつひとつでは、あまり食べた気がしないので、口に流し込みながら食べてしまいがちなんですよね。

頭に響く食感の音が、すごいことになるお菓子です。

 

アンパンマンひなあられのレビュー

 

開封時の香りは、米を焼いたような香りなので、子供にとってはそこまでいい香りじゃないみたいです。

「変なにおいがする」とか言っていたので。。

 

アンパンマンひなあられの中身

 

でも、食べ始めると、軽いサクサク感と美味しさで、手が止まらなくなるみたいです。

大人も食べるまでは、子供のためのお菓子なので、そんなに食べようと思わないのですが、食べ始めると子供と同じになります。。

 

3色の色のあられが入っていますが、多分味としては2種類のような気がします。

甘さが広がるあられ2色と、しょっぱいあられ1色の2種類です。

 

アンパンマンひなあられの色は3色でも、味は2タイプ

 

緑のあられは、塩分が強めの、塩せんべいみたいな感じですよね。

しょっぱいながらも美味しくて、食べやすく、お餅に塩をかけて食べたような、そんな風味があります。

 

子供は、緑あられが好きだと言っていました。

 

アンパンマンひなあられの緑あられは、しょっぱい

 

ピンク色のあられは、甘さが程よい感じのあられになっています。

雪の宿っていう、白い雪がかかったように見える、せんべいを知っていますでしょうか。

 

食感以外の味は、あの味に似ている気がします。

それに、ハートの形をしたものが、入っているので見た目でも楽しませてくれますよ。(意外とたくさん入っています)↓

 

アンパンマンひなあられのピンクあられは甘いハート型

 

白のあられは、多分ちょうど中間みたいな感じ?でしょうか。

緑はハッキリと味の違いが分かるのですが、ピンクと白の違いがハッキリとは分からないですね。(同じような感じかもしれないです)

 

交互に食べ続けると、白の方が甘く感じてくるので不思議です。

 

アンパンマンひなあられの白あられは甘い

 

3つ一緒に食べると、甘さの方が強いのですが、ひとつひとつ食べるのとは、また違った味わいを感じることができます。

食べる順番でも、味わいが変わって、緑あられを食べてから、白やピンクあられを食べると、より甘さを感じますよ。

 

アンパンマンひなあられは3色

 

軽いサクサク食感のひなあられですが、口の中で水分を含んでくると、焼いた時の餅の皮ではないですけど、外側のパリパリした部分みたいな噛み心地と味になります。

軽いあられから、どっしりとした餅に変わる感じですね。

 

そういった食感の変化も、楽しめてしまうってことを今回初めて知りました。

ひなあられも奥が深いですね。

 

3色の食べる比率によって、味の変化があるので、味わって食べるなら、意外とアラレが1番面白いかもです。

自分好みの比率を見つけてみるのも、楽しいかもしれませんよ。

 

原材料やカロリーなど

アンパンマンひなあられの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

うるち米(米国産)、砂糖、植物油脂、食塩、ゼラチン/トレハロース、乳化剤、調味料(アミノ酸)、着色料(クチナシ、紅麹)、植物レシチン(大豆由来)

 

栄養成分表示 1袋(70gあたり)はこちら

エネルギー287kcal、たんぱく質3.2g、脂質3.6g、炭水化物60.4g、食塩相当量0.67g

 

アレルギー表示は、大豆とゼラチンとなっています。

 

ひなあられの3色の色は、ひし餅の色をあらわしているみたいです。

ピンクは桃の花、白は雪、緑は新緑といった、春の風景をあらわしています。

 

1年中、幸せに健やかに過ごせるように、お菓子でゲンを担いでみるのもいいですね。

 

アンパンマンひなあられでゲンを担ぐ

 


-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ