foods、drink

レモンが弾ける、キレッキレの刺激ならキレートレモン。レビュー感想

キレートレモン6本入りのパッケージ

 

クエン酸の文字を見ただけで、唾が出てくるのは私だけ?ではないはず。

そういうのは、過去の体験からくるので、条件反射って言うんですよね。(確かそう習ったと思う…)

 

クエン酸を知らなければ、反応しないと思いますが、真っ赤に染まった梅干しを思い浮かべると…。

ここまでにしておきましょう。

 

キレートレモンのレビュー

キレートレモン6本入り

 

今回、6本入りを購入してみました。

飲みたい時に飲めるようにしておくって、大事ですよね。(にや

 

キレートレモンは、蓋が硬めになっていて、開けるとプシューって、勢いよく炭酸が吹き出してきます。

炭酸にレモンって、レモンが弾けている感じがして、酸味のイメージとバッチリ合っていますよね。

 

逆に、レモンに炭酸なしってイメージが湧きません。

なんかこう、元気がないレモンといいますか、酸味がなさそうな、だらだらした刺激のない酸味のような気になってしまいます。

 

キレートレモンは、刺激的

 

キレートレモンを口に含むと、酸味が炭酸と一緒に弾けて、刺激が一気に広がる感じがたまりません。

くはー!って脳に刺激が、バシッ!といきます。

 

舌にシュワーってチクチクくる、目の覚めるようなレモンの刺激感が、いいんですよね。

ゴクゴクとは、さすがに飲めません。

 

ですが、ひとくちひとくちの刺激的な感じが、満足度を高めてくれます。

イメージとしては、夏に飲みたいって思う人もいるかもしれないですけど、春、秋くらいがちょうどいいって思うんですよね。

 

この系統の飲み物って、緩んだ気合いを入れなおしてくれる感じがあるじゃないですか。

ですから、緩みがちな季節に、緩んだ脳に刺激を与えて、シャキッ!としたい時に使えます。

 

砂糖も入ってはいるので、多少飲みやすいのですが、キレッキレの酸味になっています。

 

キレートレモンは、キレッキレの酸味

 

キリートレモン1本155mlで、クエン酸とビタミンCが、それぞれ1350mg摂取することができます。(配合量が同じだと、分かりやすい)

クエン酸は、梅干しってイメージなので、キレートレモンの刺激的な酸味は、お前か!って感じですね。

 

クエン酸って疲れにくくなる的なことを聞いたことありますけど、疲れなら寝るのが1番です。

ですが、シャキッ!と脳に活を入れたいなら、キリートレモンですね。

 

原材料やカロリーなど

キレートレモンの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

レモン、砂糖、レモン果皮エキス、レモンペースト(果皮、果肉)/ビタミンC、炭酸 、香料

 

栄養成分表示(100mlあたり)はこちら

エネルギー68kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物17.2g、食塩相当量0.15g、ビタミンC894mg

 

1本当たり

  • クエン酸1350mg
  • ビタミンC1350mg

 

若干透明でないのは、レモンペーストが入っているせいかもですね。


 

え?箱買いしたい!?それならこちらですね。↓


-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ