foods、drink

紙包みがゴールドってもしかして…、クランキーエクセレント<チョコレート>レビュー

クランキーチョコレートエクセレントのパッケージ

 

サクサクする食感の食べ物って、たいがい美味しいですよね。

美味しいものがサクサクすると、より美味しく感じますし、サクサクするだけで、美味く感じてしまったりするものもありますので、サクサクがいいのか、素材がいいのか分からないこともありますけど、チョコがサクサクして不味いはずがないって感じです。

 

クランキーチョコレートは、間違いなく美味いですよね。

しかも、このクランキーチョコレートですが、「クランキーエクセレント」っていう商品名みたいなんです。

 

パッケージのどこにも書かれていない気がするんですけどね。

てか、エクセレントって言ってしまうところが面白い。笑

 

クランキーエクセレント<チョコレート>

 

クランキーの板チョコは、キレイに割れたことがないんですよね。

なぜか、変な形で割れてしまいます。(きっと割り方が悪いんでしょうけど…)

 

ですから、ちゃんと割って終わろうとするので、食べ過ぎてしまうのです。

その点、このクランキーエクセレントは、その心配がいりません。

 

クランキーチョコレートエクセレントは個包装

 

個包装されてますからね。

まさに、エクセレント!

 

クランキーチョコレートエクセレント個包装のデザイン

 

このデザインって、金の延べ棒っぽいですよね。

クランキーのデザインは、ゴールドラッシュに沸く、西部開拓時代に欠かせなかった麻袋をモチーフにしているみたいなので、中身はゴールドにしてるのではないかと思いますが、はたして…。

 

ついでに裏面も↓

キレイに折られてますけど、機械でしてるんですかね。

 

クランキーチョコレートエクセレントのゴールド裏

 

クランキーチョコって、香りがミルクチョコみたいな、甘そうな香りがするんですよね。

そしてその香りに負けないくらい、期待を裏切らない安定した味と甘さです。

 

クランキーチョコレートエクセレントも割れ目がある

 

しかも一口サイズなのにもかかわらず、4つに分けられるなんて、粋ですよね。

まぁキレイに4つに、分けられる自信はありませんけどね…。

 

食べると、これこれって感じですよ。

シャリシャリとした噛み心地のパフと、甘く美味しいチョコレートが、口いっぱいに広がって、パフの香ばしい香りと、チョコの香りが混ざた時のうまさときたら、抜群ですよね。

 

チョコレートだけでも美味しいのに、パフが入ることで、より美味くなるなんて反則級です。

チョコに食感だけでなく、香ばしさがこんなにあうなんて…、って感じですよね。

 

クランキーチョコレートエクセレントはパフがびっしり

 

裏をみると分かりますが、パフがびっしりなんです。(石畳みたいに見えます)

このモルトパフの製造にも、工夫がされていて、軽いサクサク感を生み出しているみたいですよ。

 

しかし、ひと口サイズに個包装してくれているのは嬉しいです。

板チョコになると、もう少しだけ、もう少しくらいいいだろうって歯止めがきかなくなりますし、ちゃんと折れなかったり、手が汚れたりと、保存もちょっと面倒だったりするからですね。

 

その点、個包装されていると、食べやすい。

手は汚れないし、個数で歯止めがききやすいです。

 

甘さも申し分ない癒される甘さですし、パフを噛むことで、通常の板チョコよりも満足度が上がるんですよね。

口どけがいいので、口の中でシャリシャリしているうちに、スーと溶けていき、チョコに包まれていたパフの、香ばしい香りが顔を出してくる感じはたまりません。

 

原材料やカロリーなど

クランキーチョコレートエクセレントの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

砂糖、全粉乳、カカオマス、ココアバター、植物油脂、小麦粉、乳糖、でん粉、モルトエキス、食塩/乳化剤(大豆由来)、トレハロース、膨脹剤、香料、カラメル色素

 

栄養成分表示 1枚(3.75gあたり)はこちら

エネルギー21kcal、たんぱく質0.3g、脂質1.2g、炭水化物2.1g、食塩相当量0.009g

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ