foods、drink

シークレット?入っているかも!?の域を超えているクマさん。パズルチョコ、レビュー感想

パズルチョコのパッケージ

 

さすが、クラシエの商品って感じですね。

発想が面白いですし、子供に遊びといいますか、食べるだけでは無い体験をさせてあげることが、できるようになっているお菓子です。

 

食べ物で遊んではいけません!なんて言えなくなりますね。笑

ただ食べるだけではない楽しさを、お菓子で提供してくれていますが、食べてしまうと、遊べなくなってしまうので、ちょっと悲しい仕方ないって商品でもあります。

 

パズルチョコ(ミルクチョコ味+いちごチョコ味)

 

開封時の香りは、ちょっと複雑な香りがします。

甘酸っぱいような香りだったり、キーの高い香りだったりで、いちごやチョコだけではない香りが混ざっているのか、不思議な感じなんですよね。

 

ですから香りでは、美味しそうな感じはしないかもです。

 

パズルチョコの香りは、美味しそうではない

 

食感も、ちょっとチョコっぽくなく、しっとりと溶けていくというよりは、シャリシャリと崩れていく感じでしょうか。

ソフトキャンディっぽい食感になっています。

 

粘度が多少あって、クラシエが出している「ぷちっとちぎれるソフトキャンディ」みたいな感じがします。

パズルを繋げて遊べるように、手につきにくく、体温で溶けにくくしているせいだと思いますけど。

 

それに味もちょっと、チョコとは違いますね。

チョコの甘さとも全然違いますし、不思議な味です。

 

パズルチョコの味は、チョコとは違う

 

美味しいのかどうかは、よく分からないような味なんですけど、ん?ん?って食べていると、美味しく感じてくる部分もあったりするので、なおさら不思議です。

パズルをして遊ぶのが、メインなのかもですね。

 

ぷちっとちぎれるソフトキャンディが、切り離していくタイプなら、パズルチョコはくっつけていくタイプですね。

 

パズルチョコは、くっつけて遊べます

 

これは確かに、形はパズルなんですけど、厚みがあるので、ブロックにも見えてしまいます。

超ミニサイズですけど、子供の手にはちょうどいいって感じですね。

 

色は茶色、ピンク、黄色、水色がありますが、味は、ミルクチョコといちごチョコの2種類となっています。

 

シークレット?かな。

クマさんが入っているかも!?って書いてありますが、4つ入っていました。↓

 

パズルチョコのクマさん

 

入っているかも!?って域ではないですね。

嬉しいので、問題はないのですが。

 

残念ながら黄色のクマはなかったのですが、今回黄色自体が少なかったです。

 

パズルで遊ぶ楽しみ、クマを探す楽しみ、食べる楽しみと、楽しませる要素を入れてくるのはクラシエの良さですね。

 

原材料やカロリーなど

パズルチョコ、原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

砂糖(国内製造)、植物油脂、脱脂粉乳、還元水あめ、水あめ、ココアパウダー/糊料(プルラン)、乳化剤、香料、グリセリン、酸味料、着色料(アントシアニン、クチナシ、スピルリナ青)、(一部に乳成分・大豆を含む)

 

栄養成分表示 1袋(23gあたり)はこちら

エネルギー110kcal、たんぱく質0.9g、脂質4.9g、炭水化物15.8g、食塩相当量0.03g

 

パズルチョコ

 

遊びながら食べられる、そんな楽しみを体験したいなら、いいと思います。

 


-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ