foods、drink

トッポ…さらにうまくなったよね…トッポ<塩バニラ>レビュー感想

トッポ<塩バニラ>パッケージ

 

バニラの産地なんて、気にしたことなかったのですが、マダガスカル産のバニラって美味しいらしいですよ。

食べ比べたことないので、分かりませんけど…。

 

トッポ<塩バニラ>

 

箱を開封した中に入っている、袋のデザインからして、うまそうです。

バターとバニラの雰囲気がでてますよね。

 

トッポ<塩バニラ>箱の中身

 

そして袋を開封すると、濃厚なバターバニラの香りが凄いです。

サーティーワンアイスのフレーバーで、食べたことがあるような雰囲気があります。

 

そんな甘そうな香りの中に、微かな焼きプレッツェルの香りが混ざっていて、なんとも言えない、うまそうな匂いを漂わしているんですよね。

 

トッポ<塩バニラ>濃厚なバターバニラの香りが凄い

 

口に入れた時に感じる、プレッツェルがまず美味しいですね。

舌にのった途端に、一瞬でぐわっときます。

 

そして噛むと、しっとりと溢れるバターバニラですよ。

これがまたうまいです。

 

トッポ<塩バニラ>プレッツェル自体がまず美味しい

 

ホワイトチョコなんでしょうけど、バニラとプレッツェルの味が強くて、チョコ感は、ちょっとだけ添えられているような感じになっていますね。

マダガスカル産のバニラが、いい仕事しているんだと思います。

 

トッポ<塩バニラ>は、バニラ!バター!みたいな感じで味がハッキリしている

 

カリッとしている口当たりで、中に詰まっているチョコが、すぐにしっとりとして、うまさが広がりますね。

バニラ!バター!って感じです。

 

食べている時の塩感は、ほとんど感じられないのですが、食べたあとに分かるようになっています。

食べたあとに、甘く香るバニラとバターの余韻が口に残るのですが、それはそれで気持ちがいいんです。

 

ですが、その余韻を塩がキリッと切り上げてくるんですよね。

味がダラダラしていなくて、キリッとしたメリハリを感じさせてくれます。

 

食べてる時には、バニラ!バター!みたいな感じで、塩っけはあまり感じないんですけど、それだけですと、夏場はちょっとムッとしてしまいそうじゃないですか。

ですから、そんな感じを、あとから塩で中和といいますか、キリっとさせてくれます。

 

味が濃厚でも、また次をすぐに食べたくなるんですよね。

そんな味に仕上がってます。(なに目線!?)

 

なんていいますか、トッポがさらに、うまくなってしまってますね。

 

原材料やカロリーなど

トッポ<塩バニラ>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

小麦粉(国内製造)、砂糖、植物油脂、乳糖、でん粉、ショートニング、脱脂粉乳、ココアバター、ホエイパウダー、全粉乳、バター、クリームパウダー、乳等を主要原料とする食品、食塩、調味エキスパウダー、コーヒー、大豆胚芽エキス/加工でん粉、乳化剤、膨脹剤、香料、調味料(有機酸等)、紅花色素

 

栄養成分表示 1袋(36gあたり)はこちら

エネルギー194kcal、たんぱく質2.2g、脂質10.8g、炭水化物22.0g、食塩相当量0.4g

 

トッポ<塩バニラ>は、甘く香るバニラとバターの余韻を塩がキリっとさせてくれる

 

それにトッポは、最後までチョコが詰まっているので、味が変わらないですね。

安定しています。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ