ヒント

最悪な出来事が起きたとしても、心配しなくても解決できます。【仕事編】

最悪な出来事が起きたとしても、心配しなくても解決できます。

仕事で悪いことばかりは続かない

 

人生最大の最悪な出来事とか、自分で経験したり、人から聞いたり、ビジネス本で語られていることってありますよね。

終わった…。

詰んだ…。

なんて思うような失敗をしたことが。

 

そのようなことが、ビジネスでは起きたりすることがありますが、実際、人生が詰んだりするような、最悪なことになるなんてことは、ほとんどありません。

その時は、そう思ってしまうだけです。

 

あの時は、本当にヤバかったって言えている時点で、詰んでもいないし、終わってもいないと言うことです。

ですから、失敗して最悪な事態になったとしても、解決できます。

 

今現在、そのマジでヤバイ!って状況に陥っていたとしても、その悪いことはずっとは続きません。

その時間が永遠かのように長く続いてしまうように感じたり、今、生きた心地がしなくても、結局は大丈夫なのです。

 

時間の感覚が違うだけ

同じ時間であっても、楽しい時間はすぐに過ぎますが、最悪なことは、物凄く長く感じてしまいます。

ただそれだけのことです。

 

そう感じてしまうだけで、あなたが最悪だと思うことが起きていても、それがずっと続くなんてことはありません。

大丈夫です。

 

最悪な時間は永遠にも思えるような感じがしますが、意外とすぐに終わったりすることがほとんどです。

最終的に、時は嫌でも過ぎていくので、最悪と思える感情も薄れていきます。

そう感じるようになっています。

 

たとえ何も解決行動をしなくても、解決してしまう

毎日、周りが変わっていくのと同じで、あなたが何もしなくても、あなたを取り巻く状況は、刻一刻と変わっていきます。

ですから、悪いことばかりが続かないのです。

結果的に良い悪いは関係なく、どんな形であれ何れ解決してしまいます。

 

結局は、何かしら行動しなければいけなくなるからです。

 

まわりの人もあなたの失敗に興味はありません。

手痛い失敗をして、みんなにどんなに叩かれようとも、すぐに忘れ去られていきます。

それぞれ自分の生活がありますし、人のことなんてずっと考えていられる人なんていません。

よほど生活に余裕があって、自分の事に全く興味がなく暇人でなければ。

 

必死になると、解決策を見つけることができる

 

悪いことが起きてしまったら、そういう時間が嫌なので、解決するために動きますよね。

そういった状況になると、時間が解決するまで逃げるという手もありますが、だいたい解決策を必死で探すはずです。

 

支払い期限までに間に合いそうにないとか、仕事で大きなミスをしてしまったとか、クビになってしまったとか、最悪な状況におちいると、必死こいて行動します。

その時は、頭が真っ白になって、どうしていいか分からなくなるし、パニックになってしまったりしますけど、解決させないとどうしようもありませんからね。

 

必死になると、解決策は見つけることができるものです。

何がなんでもやらないといけないと思うことで、行動するから策が見つかるのです。

 

ですから普段、どれだけ余裕なのかが分かったりします。

 

最悪なことがおきると、普段は必死になるようなことがなく余裕だと分かる

 

いかに普段から必死になっていないかが、その時分かります。

何かやるべきことがあって、それをすることに踏み出せていないなら、それをする動機が弱いってことも分かります。

 

そのやるべきことをやらないと、マジでヤバイっていうなら、やりますからね。

それができていないってことは、最悪だ、詰んだってくらいのことが起きて、解決に動く時くらいの必死さが、普段はないってことです。

 

普段から必死になっていないから、最悪なことが起きた時に、詰んだ…とか終わった…とか思ってしまうのです。

普段、余裕がなくて毎日必死だったら、最悪なことがおきても、そんなふうに思ったりせず、とにかく行動します。

 

余裕に浸っているから、そういう状況になってしまうというのも原因だったりしますが。

 

まとめ

 

悪いことが続かないのは、必死になって解決しようとするからです。

悪いことがおきても、起きなくても、必死になりさえすれば、できないことは、ほぼありません。

 

それなのに、ヤバイ!っていう状況にならないと動かないのは、

普段、適当にすごしている

ということです。

最悪な出来事が起きないように、普段から行動していないということです。

 

最悪なできごとは解決することができますが、そうならないために普段から必死でやっていないってことが、そのような状況を生み出していたりします。

 

そうならないために、やるべきことを普段から必死でやるか。

最悪が起きてしまっても、解決できると分かっていれば、大丈夫です。

あなたには、解決できる能力があるのですから、思い悩んでいる時間があったら、すぐに動きましょう。

 

補足

普段から何をしていいか分からないなら、200万冊読み放題の電子書籍で、うまくいく方法を学んでみてはいかがでしょうか。

1冊全部読まなくても、読みたいところだけ読んで次の本、なんてことが気楽にできるのでおすすめです。

電子書籍Kindle Unlimitedはこちら

 

文字を読むのが苦手なら、オーディオブックがおすすめです。

オーディオブックか、Amazonのオーディブルでいいかと思います。

 

-ヒント

© 2021 e-きっかけブログ