foods、drink

最初の「ぷしゅ」から、ほのかに香るぶどうがたまらない!山梨ぶどうサイダー、レビュー感想

山梨ぶどうサイダーのパッケージ

 

こういった産地もののサイダーって好きなんですよね。

見た目もそうですけど、飲む前から、どうしようもなく美味そうに感じてしまいます。

 

ただちょっと、普通のサイダーよりお高めなので、悩んでしまいますが、サイダーにはあらがえませんね…。

つい買ってしまいます。

 

サイダーのしゅわしゅわは、何物にも代えがたい癒しがあるのです。

 

山梨ぶどうサイダー

 

ワインのように、蓋がフィルムで密閉されています。

それを剥がしてから、蓋を回し開けるようになっているタイプなので、この段階で、期待がすごく上がりますよね。

 

そして開封時の、ぷしゅっとした炭酸の抜ける音からの、ほのかに香るぶどうの香りが、とてもいいです。

それだけで、爽やかな感じに癒されます。

 

この最初の「ぷしゅ」が、たまらなく好きなのは、私だけでしょうか。

今から、喉をうるおしてくれる合図に聞こえてしまうんです。

 

これと同時に、鼻にぬける酸味も感じられるんですよね。

 

山梨ぶどうサイダー、開封時のぷしゅに癒される

 

飲むと、優しそうな香りとは違って、炭酸が強いです。

口の中で、舌に当たるシュワシュワ感が、強烈でたまりません。

 

ちょっとピリピリと痛いくらいの刺激です。

しかも、ブドウの味が非常にさっぱりしていて、とてもスッキリした気分になれるんです。

 

喉を通る時の冷たさと、シュワッと感が、暑さを吹き飛ばしてくれますね。

それに、ぶどう感がぶどうを絞って口に流し込んだような、うまさがあります。

 

甘さも程よくて、喉が渇くような甘ったるさもなく、炭酸と酸味でキリッとしているので、飲んだ後も、非常にスッキリです。

甘さがあるにも関わらず、あとに残らないのが最高ですね。

 

ぶどうもスーッと消えていき、後にはシュワッと刺激を与えてくれた、炭酸の感じが残るだけなんです。

非常に飲みやすいですし、元気がでてくるような爽快感もあります。

 

山梨ぶどうサイダーの元気がでてくるような爽快感

 

瓶に入っているっていうのが、またいいですよね。

キンキンに冷えて、表面に汗をかいてる瓶から飲むサイダーはまた格別です。

 

形もビー玉が入っている瓶とは違って、おしゃれですし、見た目からして、気分を上げてくれるぶどうサイダーです。

非常におすすめです。

 

原材料やカロリーなど

山梨ぶどうサイダー原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、ぶどう果汁(ぶどう(山梨県産))/炭酸、酸味料、香料、ぶどう果皮色素

 

山梨ぶどうサイダー山梨ぶどうサイダー原材料やカロリーなど

 

栄養成分表示(100mlあたり)はこちら

エネルギー54kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物13.5g、食塩相当量0.01g

240mlなので、栄養成分表示の2.4倍になりますね。

 

このキリっとしたスッキリ感には、なかなかあらがえないです。

毎日でも飲みたくなってしまいます。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ