foods、drink

サワークリーム?というよりオニオンのコクが強い!クランチポテト<サワークリームオニオン味>レビュー感想

クランチポテト<サワークリームオニオン味>のパッケージ

 

そういえば…。

クランチポテトのソルト味から思っていましたが、クランチポテトは、パッケージの袋自体も、パリパリと分厚い感じになっているんですよね。

 

袋までカルビー最堅だったりして。

袋にしても、色にしてもですが、食べる前から力強さを感じます。

 

全体的に、そういった演出をしているのかもですね。

 

クランチポテト<サワークリームオニオン味>

 

開封時の香りからして、嗅いだことがあるような、サワークリームって感じの匂いではないですね。

サワークリームは、爽やかな感じのする香りが一般的ですが、クランチポテトの場合、オニオンが強いのか、水分減らして純度を高めたオニオンスープみたいな、そんな重めの香りになっています。

 

最堅に合わせた感じなんでしょうか。

知っているサワークリームとは別物って感じですね。

 

クランチポテト<サワークリームオニオン味>は、オニオンが強い香り

 

クランチポテトは、見た目の色や厚みからしても、堅そうなのが伝わってきます。

食べてみても、やっぱり、かった!って感じですよ。

 

バリバリ感が半端ないです。

さすが最堅のポテチって感じですね。

 

クランチポテト<サワークリームオニオン味>は、とにかく堅い

 

ポテチのイメージを、くつがえす堅さになっています。

噛みごたえが、とにかく抜群なので、その分味わいよりも、そっちに意識がいってしまいますけど。

 

噛むたびに口の中で弾けて、カケラが飛び散るような勢いもありますし、バリバリ、ゴリゴリとした食感が物凄いものがあります。

食感が力強すぎて、はじめは味が薄く感じるくらいです。

 

それに、頭に響く音に気を取られてしまうくらい、食べごたえが抜群ですね。

ですから、飲み込んでからが、味が良く分かるみたいな、そんな感じです。

 

クランチポテト<サワークリームオニオン味>は、食感が力強すぎて、飲み込んでから味が良く分かる

 

サワークリームは爽やかな香りと、爽やかな味わいが特徴だったりしますけど、食感があまりにも力強いので、爽やかさはあまり感じないですね。笑

どちらかといいますと、オニオンの深みの方が、味わいとしては強く感じます。

 

オニオンの味が濃く、サワークリームは添えられているって感じですかね。

ここまで、今まで食べたサワークリームと、味が違うのははじめてでした。

 

甘さや酸味よりも、少し辛めに感じます。

そして、微かにガーリックとパセリのクセ感があって、それも違いを感じる要因になっています。

 

クランチポテト<サワークリームオニオン味>は、オニオンのコクが強く残る

 

サワークリームを強く感じる時もあるんですけど、あと味がやはりオニオンのコクが強く残りますね。

クランチポテトの噛みごたえには、こちらの方があっていると思うので、それはそれで美味しいと思います。

 

ソルト味と違って、噛み心地は同じく力強いですが、ポテトのうまみは時折感じるかなってくらいです。

それくらいオニオンのコクやガーリックなどのクセ感が、よく味わいとして出ています。

 

とにかく、迫力ある食べごたえを求める人には、クランチポテトですね。

 

原材料やカロリーなど

クランチポテト<サワークリームオニオン味>の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

じゃがいも(国産)、植物油、オニオンパウダー、食塩、砂糖、デキストリン、ホエイパウダー、ガーリックパウダー、フライドガーリックパウダー(小麦・大豆を含む)、たん白加水分解物(豚肉を含む)、酵母エキスパウダー、パセリフレーク、乳等を主要原料とする食品、サワークリームパウダー、オレガノパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、甘味料(ステビア、甘草)、酸化防止剤(ビタミンC)

 

栄養成分表示 1袋(60gあたり)はこちら

エネルギー295kcal、たんぱく質3.8g、脂質14.1g、炭水化物38.2g、食塩相当量0.6g

 

クランチポテト<サワークリームオニオン味>

 

食べごたえにしても、味にしても、しっかりとしたパッケージと濃い緑の色あいが、非常によく合っています。

全部合わせて、総合的に良くできてるなぁって感じですよ。

 

堅さの維持のために、厚めのパッケージにしているのか、パッケージの触り心地にも、堅さをイメージさせてあるのか分かりませんけど、バッチリですよね。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ