foods、drink

梅が苦手な人でも食べやすい、手割りかりかり梅(種なし)レビュー感想

手割りかりかり梅のパッケージ

 

かりかり梅の種類も、たくさんありますよね。

一概にカリカリ梅が好きとか、美味いよねといっても、全部同じに見えるんですけど、味が全然違うんですよね。

 

中には、自分には合わない、不味いと思ってしまうものもあります。

人それぞれなので仕方ありませんが、当たりを引いた時の梅は、食べ過ぎてしまうのが難点です。

 

手割りかりかり梅 種ぬき 無着色

 

開封時の香りだけで、食欲がわいてきますね。

梅の香りも、全部同じように感じますけど、これまた全然違うんですよね。

 

これは塩っぽくなく、鼻にツーンとくる感じでもなく、甘めのお酢っぽい感じの酸っぱさの香りになっています。

まろやかといいますか、みずみずしい感じの酸っぱさって感じですね。

 

ですから、爽やかな梅って感じです。

 

手割りかりかり梅は、まろやかで、みずみずしい感じの酸っぱさがある香り

 

食べた印象は、肉厚カリカリで、甘っ!て感じでした。

肉厚なので、その分噛み心地がしっかりとしていて気持ちよく、カリカリの食感を存分に楽しむことができます。

 

その肉厚な果肉から、噛むたびに出てくる、みずみずしい梅の味わいが、とてもおいしいです。

甘めの漬け梅になっているので、通常の梅干しのような、塩っからさはありません。

 

手割りかりかり梅は、塩っからさはありません

 

肉厚な分、味がしっかりしみていて美味しいですし、非常に優しい味わいです。

酸っぱいというよりは、甘さの方が強いですね。

 

ですから非常に食べやすいと思います。

 

手割りかりかり梅は、食べやすい味

 

酸っぱさを求めているなら、塩っ辛いカリカリ梅にするか、通常の梅干しを選択した方がいいですね。

カリカリ梅の食感と、みずみずしい味わいが好きで、酸っぱいのが苦手な人には、このカリカリ梅がいいと思います。

 

刺激はないのですが、心地のいい食べ心地を味わうことができますよ。

種も入っていないので、どこでも食べることができる点もいいですね。

 

種があると吐き出さないといけないので、食べる場所を選びますから。

 

手割りかりかり梅は肉厚

 

この手の梅は、ちょっと食べたくて食べるのですが、余計に食欲がわいて、逆にすごく食べてしまったりするのが難点です。

食感よく、みずみずしい梅を味わいたいならおすすめです。

 

原材料やカロリーなど

手割りかりかり梅の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

塩蔵梅(梅(中国産)、食塩)、漬け原材料〔食塩、梅酢、醸造酢、砂糖類(ぶどう糖果糖液糖、水飴、砂糖)、イソマルトオリゴ糖シロップ、はちみつ〕/甘味料(ソルビトール、ステビア)、酸味料、調味料(アミノ酸等)、乳酸カルシウム、香料、ビタミンB1

 

栄養成分表示 1袋(28gあたり)はこちら

エネルギー8kcal、たんぱく質0.2g、脂質0g、炭水化物2.0g(糖質1.0g、食物繊維1.0g)、食塩相当量1.4g、クエン酸364mg

 

手割りかりかり梅

 

酸っぱいうめが苦手な人は、食べやすい味になっていると思います。

まろやかで程よく甘く、すこーし酸味のある感じです。

 

とてもおいしいと思いますよ。


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ