片づけ、整理、掃除術

掃除には6つのデメリットがあった!?仕事にしてしまうのもあり。

掃除には6つのデメリットがあった!?仕事にしてしまうのもあり。

掃除をすると発生する6つのデメリット

 

掃除をすると、快適でキレイな空間で過ごせるというメリットがあります。

もちろん健康的にもいいですよね。

 

あまりにも除菌、殺菌をしすぎて清潔にしすぎるのは、良くないとの意見もありますが、掃除程度では健康的なマイナスになることはないと思います。

むしろ劣悪な環境にいる方が、よほど体によくないですよね。

 

それに、キレイにしておけば、精神的にも余裕ができます。

汚部屋の状況を、毎回目から入れる時点で、ウンザリしたりストレスになってしまったりしてしまいますので。

 

掃除をすると、そういったメリットばかりのような感じがしますが、掃除をすることによって、気になることも出てきてしまいます。

 

掃除がデメリットになってしまう場合

掃除をすることに、デメリットなんて、考えられないような気がしますが、実はあります。

 

掃除をすると当然ですがキレイになります。

キレイになることによって、弊害が出てきてしまうのです。

 

それがこちら↓

  • ちょっとでも汚れると気になってしまう
  • 汚さないように気を使いすぎて疲れてしまう
  • 人に汚されるのが許せなくなる
  • 人にキレイにすることを強要してしまう
  • 他人を家に入れたくなくなる
  • 掃除で時間を使いすぎてしまう

 

特に、キレイな環境が好きだけど、掃除はあまりしたくない人が陥りがちです。

 

ちょっとでも汚れると気になってしまう

 

掃除をして、せっかくキレイにしたのに汚れてしまうと、そこが当然目立ちますし、気になります。

すぐにサッとまた掃除をして、忘れるならいいのですが、動くのが面倒な時は、ずっと気になってしまい、ストレスになってしまったりすることも。

 

キレイな部屋は好きだけど、掃除をするのが面倒な人は、そのちょっとのために動くのが面倒だったりするので、ずっと気になってしまったりするんですよね。

掃除が面倒だと思っているからこそ、たまにした掃除のあとに、また掃除をしなければいけない状況になると、それが苦痛になります。

 

解決

気になる場合は、ずっと気になったままなので、どうせ掃除をすることになるのですから、すぐに解決しておきましょう。

 

汚さないように気を使いすぎて疲れてしまう

 

掃除が面倒だからこそ、汚さないようにするのですが、汚さないことに気を使いすぎて、疲れることも。

あまりにも気を使うと、自分の部屋でくつろげなくなってしまいます。

 

部屋は自分で汚さなくても、そのうち抜け毛やホコリで汚くなり、何れ掃除をしなければいけなくなります。

ですからそこまで、深刻に考えなくてもいいのではと思います。

 

解決

汚れるのは仕方ないことなので、汚したらすぐにサッと掃除すればいいや、くらいに考えておけばいいと思います。

 

人に汚されるのが許せなくなる

 

せっかく苦労して掃除したのに、自分以外の人に汚されたり、散らかされたりするのは嫌ですよね。

汚しても、掃除してくれるならまだしも、そうではない場合は、結局自分がしなければいけなくなります。

 

誰かのせいで、どうせそうなるなら、もう掃除なんてしても一緒と、思ってしまう場合もあるかもしれません。

ですが、誰が汚そうが、掃除は結局しないといけなくなりますので同じです。

 

解決

人はコントロールできないので、抜け毛やほこりと同じだと思っておけばいいと思います。

 

人にキレイにすることを強要してしまう

 

自分もしているんだから、あなたもするのが当たり前と思ってしまう場合ですね。

掃除をしない人を見ると、イライラしてしまうことになります。

 

しかも、掃除をするなら適当ではなく、ちゃんとしてと思ってしまったりですね。

たまにする掃除でも、クオリティを求めだすと、自分の基準が高い場合は、相手のやり方次第でストレスになってしまいます。

 

解決

そういった場合は、人はどうでもいいからほっときます。

自分は自分の納得するように、自分基準の達成にフォーカスして、自己満足で完結するようにすれば、ゲームや遊びみたいに出来ていいと思いますよ。

 

他人を家に入れたくなくなる

 

掃除をしてキレイな家になると、他人に汚されたくないので、来客を嫌うようになることも。

掃除をしてキレイにしたから、人を呼びたくなるならいいのですが、キレイだからこそ人を遠ざけてしまう場合もあると思います。

 

それにやたらと、食べ物などをこぼしたり、汚くする人もいるので、そういう人は特に入れたくなかったりしますよね。

はっきり家でのルールを言える人はいいのですが、そうでないなら相手の行動がイチイチ気になるかもしれません。

 

解決

人を呼んでも呼ばなくても、人が住んでいなかったとしても、部屋は汚れて掃除が必要になるものなので、あまり深く考えてストレスを抱える必要はありません。

 

掃除で時間を使いすぎてしまう

 

これは1番の問題かもしれません。

キレイにするのが楽しくて、とことんやってしまい、やめ時が分からなくなる。

もしくは、やるからには完全にキレイにするまで、やめられなくなってしまったり。

 

そうなってしまうと、掃除ばかりに時間を使ってしまうので、他のことが出来なくなってしまいます。

まだ、それを楽しめている場合はいいのですが、中途半端が嫌いな人は、やり込んでしまい、何日もかかってしまうことも。

 

解決

どんなに完璧にやったとしても、また汚れるので、ほどほどで終われるように、基準をつくっておくといいですよ。

部屋の床をモップかけたら終わりとか。

 

掃除が娯楽なら仕事にする

 

掃除が楽しい場合は、娯楽になるので、そんなに楽しいなら仕事にしてしまった方がいいと思います。

ハウスクリーニングなどで、専門的にとことんこだわってやるのか、家事代行で、他の人の家も掃除の対象にするのか、自分にあった掃除のやり方で働いてみるのもいいですよね。

 

好きなことでお金が稼げるので、検討してみてもいいと思いますよ。

ずっとやろうと思えば、毎日楽しくできてしまうなら↓


 

-片づけ、整理、掃除術

© 2021 e-きっかけブログ