foods、drink

パッケージまでさけるよね、UHA味覚糖のさけるグミ巨峰、レビュー感想

さけるグミ巨峰のパッケージ

 

「さける」〇〇って書いてあるだけで、美味しそうに感じるのは、チーズやささみを想像してしまうせいかもですね。

グミがさけるって、UHA味覚糖はいいところをついてきますよね。

 

「おいしさはやさしさ」を使命にしているだけあって、商品名からもおいしさを漂わせています。

 

さけるグミ巨峰レビュー

 

そのままグミが入っているかと思いきや、1枚1枚個包装されています。

この時点では、全くにおいがしないです。

 

さけるグミ巨峰は個包装されていて、開封時の時点で匂いはしません

 

さけるグミは、全部で7枚入っています。

個包装のデザインは、全部違っていて、ここにさけるグミの楽しみ方などが書かれています。

 

どこまで切らずにさけることができるのか?とか、何本にさけるか?などの楽しみ方や食べ方が面白いです。

個包装で、楽しいパッケージだと、誰かとシェアしたくなりますね。

 

さけるグミ巨峰の個包装は、デザインがひとつひとつ違う

 

実は、グミだけではなく、パッケージも、さくことができます。

裏側からならどこからでも、さける(開けられる)ようになっています。

 

縦にさく場合は、一か所切れ込みがありますので、そこから「さき」ましょう。

 

さけるグミ巨峰はパッケージもさける

 

袋も含めて、何本にさけるんでしょうね。笑

 

袋を開けた瞬間に、ようやく巨峰の香りを楽しめます。

強烈な匂いがこぼれてきますので、それを閉じ込めているんですから、不思議な感じがしますよ。

 

袋から出して触ったグミの感じは、グミというよりは、表面が若干消しゴムっぽい感じがしました。

 

さけるグミ巨峰の触りご心地は消しゴムっぽい

 

プニプニ柔らかくて、気持ちがいい触り心地です。

食べると、また巨峰の香りがガツンときます。

 

濃い巨峰って感じですが、いかにもっていうお菓子の、不快感のある香りは全くしないです。

 

さけるグミ巨峰の香りは強烈な巨峰

 

食感は、とても柔らかく、ぷにぷにしています。

薄いので、グミとしての弾力はそこまで感じませんが、口の中が気持ちいい感じの柔らかさで癒されますよ。

 

薄い状態ではグミっぽくはないですが、しっかり巨峰味の美味しいグミになっています。

折り曲げて、厚みを持たせると、また違った感覚の食感で楽しいですよ。

 

巨峰の甘さだけでなく、酸味も再現されていて、意外とリアルな味がします。

特徴としては、からだにやさしい、乳酸菌のフェカリス菌が入っているみたいです。

 

さけるグミ巨峰のさき心地が気持ちいい

 

ちょっと遊ぶこともできるグミって点もいいですよね。

さけるグミの、さく時の気持ちよさといったら、クセになりそうです。

 

抵抗がほとんどなく、気持ちよく、キレイにさけていきますので、夢中になってさいてしまうと思います。

もちろん飽きたら、丸かじりですけどね。

 

原材料やカロリーなど

さけるグミ巨峰の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

砂糖、植物性加工油脂、水飴、ゼラチン、濃縮果汁(ぶどう、デーツ)、果糖ぶどう糖液糖、乳酸菌(殺菌)、デキストリン/セルロース、酸味料、乳化剤、香料、着色料(アントシアニン、クチナシ)、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、(一部に乳成分・ゼラチンを含む)

 

栄養成分表示 1枚(4.3gあたり)はこちら

エネルギー17kcal、たんぱく質0.2g、脂質0.6g、炭水化物2.8g、食塩相当量0.001g

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ