foods、drink

クセが強くて、ハマった人は抜け出せないかも!?ドリトスのナチョ・チーズ味、レビュー感想

ドリトスのナチョ・チーズ味のパッケージ

 

ドリトスは、最近知ったお菓子です。

メキシカン・タコス味に、ちょとハマっていますが、こちらも気になっていたので、購入してみました。

 

ナチョ・チーズ味ですが、一体どんな味に仕上がっているのか。

 

ドリトスのナチョ・チーズ味レビュー感想

 

チーズの香りは、どこか嗅いだことがあるような、チーズ味のお菓子の一般的な香りがします。

ですが、よく嗅いでみると、クセがありそうな、チーズの深みのある香りもするんですよね。

 

ドリトスのナチョ・チーズ味の香り

 

香りはそんな感じですが、味はまるっきり違います。

一般的なチーズ味とは、全然違いますね。

 

もしかすると、個性が強いので、食べにくいと感じるかもしれないです。

それくらい、独特で特徴的な味になっています。

 

ドリトスのナチョ・チーズ味は、他のチーズ味のお菓子と全然違う

 

これは、好き嫌いが別れるだろうな、ってくらいのクセがあるので、本来のチーズの感じが出ていると思いますよ。

単純に早い話し、濃厚ですね。

 

これがチーズって感じの味です。

とにかくクセが凄い。

 

ドリトスのナチョ・チーズ味は、とにかくクセが強い

 

見た目からもそんな感じはしないですし、はじめはクセが分からないのですが、噛んでいると急にチーズの深い部分が顔を出してきます。

ですから、一瞬戸惑うんですよね。

 

うっ!?て。

イメージしている、お菓子のチーズの感じと違いますので。

 

これ、本格的なやつやんって感じです。

そんなチーズ感が薄まってくると、香ばしいとうもろこしの旨みが味わえます。

 

ドリトスのナチョ・チーズ味は、あとからクセがぐわっとくる

 

クセが強いお菓子が好きな人は、チーズ味ではドリトス一択になりそうな感じがするくらい、他との違いがわかるチーズ味です。

クセがありますが、それが強烈な特徴になっていて、ハマる人はとことんハマる要素ですね。

 

厚みが薄い割に、パリッパリの食感で、ゴリゴリしていますし、食べ応えもしっかりあります。

凝ったチーズ好きな人には、特におすすめですね。

 

原材料やカロリーなど

ドリトスのナチョ・チーズ味、原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

コーン(遺伝子組換えでない)(米国産)、植物油、砂糖、デキストリン、食塩、酵母エキスパウダー、粉末醤油、チーズパウダー、オニオンパウダー、トマトパウダー、ブラックペッパー/香料、調味料(アミノ酸等)、着色料(カロチノイド、カラメル)、酸味料、甘味料(ステビア、スクラロース、アセスルファムK)、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)

 

栄養成分表示 1袋(60gあたり)はこちら

エネルギー307kcal、たんぱく質4.1g、脂質15.2g(飽和脂肪酸6.0g)、炭水化物38.5g(糖類1.6g)、食塩相当量0.9g

 

クセの強いナチュ・チーズ味。

ハマった人は、他のチーズ味お菓子に目がいかないかもですね。

 

ドリトスのナチョ・チーズ味は、ハマると抜け出せない


 

ドリトスのメキシカンタコス味を皿に出すと、意外と多い
お菓子というより、おかずになるドリトスのメキシカンタコス味レビュー感想

  ドリトスって、世界ナンバーワンの、トルティーヤチップスブランドなんですって。 トルティーヤっていうのは、メキシコなどで食べられている、トウモロコシをすり潰して、薄く焼いたパンのことみたい ...

続きを見る

 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ