foods、drink

若干ベビースター!?ナビスコリッツクラッカー、レビュー感想

リッツクラッカーのパッケージ

 

世界のロングセラー。

この味、嫌いな人あまりいなさそう。

 

リッツクラッカー

 

リッツの外箱は、結構頑丈になっている気がするんですよね。

そう感じるだけかもしれませんけど、今までもほとんど割れがないような感じがします。

 

もしくはクラッカーをギッシリ縦詰めしているので、表面はそれでカバーしているのかもですけど。

きっと運ぶときには、箱のオープン部分を下にして縦積みしてそうな気もします。

 

袋のマチの部分が、上下クッションになりそうなので。

 

リッツクラッカーの箱開封

 

リッツクラッカーSタイプは、13枚入りが3つ入っています。

これがちょうどいい量なんですよね。

 

袋を開封すると、全部食べないといけないので、3つに分かれているのは親切ですよね。

 

リッツクラッカーの個包装

 

リッツは、美味そうな香りで、誘惑してきます。

このリッツの匂いって、誰かが開封すると、香りだけでリッツだと分かるんですよね。

 

甘香ばしい香りと、塩っぽい香りが混ざった感じで、なんとも言えない、美味そうな香りを漂わせてきます。

これって私だけでしょうか、本当に若干なんですけど、リッツはベビースターのチキン味みたいな匂いもあるんですよね。

 

多分、香ばしさがそれっぽいんだと思いますけど。

ずっと嗅いでいられるくらい、いい香りしています。

 

リッツクラッカーは、甘香ばしい香りと、塩っぽい香りが混ざった感じ

 

リッツは、うまそうな香りを出していますけど、意外と特徴的な味ではなく、何にでも合うような無難な味をしているんですよね。

そのせいか、全く食べ飽きない。

 

リッツは、レシピがたくさん公開されてますけど、プレーンの状態で十分うまいので、そのままが好きなんですよね。

はじめに塩の感じが、舌の上に乗っかってきて、サクサク噛むと、香ばしさの中に甘さがあり、それらが全部混ざると、また味が変わってくる感じ。

 

香ばしさ、甘さ、塩っけ、この3つがうまい感じで組み合わさっています。

 

リッツクラッカーは、香ばしさ、甘さ、塩っけ、この3つがうまい感じで組み合わさっています

 

それにプラスして食感がいいんですよね。

噛んだ時のサクサク崩れていく感じが複雑で、一気にたくさん食べたかのようなサクサク感があります。

 

イメージ的には、たくさん層があって、それを崩していくような感じですかね。

そんな気持ちよさがあるんですよね。

 

リッツクラッカーは、サクサク崩れていく感じが複雑

 

そして、崩れたクラッカーが、舌触り滑らかになっていく過程も、ちょっと違っていて、サクサクが続いている間は、全然滑らかさを感じないんですけど、サクサク感がなくなったと思ったら、すでに滑らかになっているんですよね。

口の中で、じわじわ滑らかになっていく過程がない、そんな風に感じさせてくれる食感なんです。

 

サクサクと、滑らかへのシフトが急にくるみたいな。

そして、塩っけと、甘さがいい塩梅でやってくるみたいな。

 

クラッカーの香ばしさに、塩っけと甘さが入ると、これだけで十分美味しいんですよね。

焼き加減が上手いのか、味のバランスがいいのか、よく分からないですが、不思議な美味さを醸し出しています。

 

原材料やカロリーなど

リッツクラッカー原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

小麦粉、植物油脂、砂糖、ぶどう糖果糖液糖、食塩、モルトエキス/膨張剤、乳化剤、酸化防止剤(V.E、V.C)、(一部に小麦・大豆を含む)

 

栄養成分表示 6枚(20.4gあたり)はこちら

エネルギー102kcal、たんぱく質1.5g、脂質4.8g、炭水化物13.3g、食塩相当量0.3g

 

リッツクラッカー

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ