foods、drink

睡眠の質、腸内環境の改善に役立つ「届く強さの乳酸菌」W(ダブル)「プレミアガセリ菌CP2305」レビュー感想

「届く強さの乳酸菌」W(ダブル)「プレミアガセリ菌CP2305」 のパッケージ

 

この商品、商品名が分からない…。

ってことで、アサヒのホームページで調べたら、「届く強さの乳酸菌」W(ダブル)「プレミアガセリ菌CP2305」 PET100mlと書かれているので、これが商品名みたいです。

 

覚えられない…。

カルピスWにしとこう。

 

Wだからといって、決してカルピスを笑っているわけではありません。

W(わら)ではなく、W(ダブル)の方です。

 

睡眠の質、腸内環境の改善に役立つ「届く強さの乳酸菌」W(ダブル)「プレミアガセリ菌CP2305」レビュー

 

香りは、カルピスウォーターみたいな香りといいますか、カルピスウォーターを濃くした感じがします。

甘い!って分かるような、目の覚めるような香りです。

 

味に関しても、濃いカルピスウォーターのような感じですね。

最近飲んでいないので、はっきりしませんが。。

 

けど、味は流石ですよね。

美味しい。

 

カルピスは、間違いないおいしさ

 

一体何が決めてで、この不思議な味になっているのかが不思議です。

この甘さと美味さは、学生の頃から飲み慣れているので、おいしさに間違いない味です。

 

安心して飲めるといいますか、ソウルドリンクといいますか、カルピスは飲食店でよく頼んでしまうんですよね。(最近、ご時世的に飲食店にいっていない…)

鼻にぬける香りも、味も後味も、個人的に完璧なんですよね。

 

カルピスは大好きな飲料のひとつですから、絶賛です。

そして、カルピスがアサヒだったとは知らなかった現実。

 

カルピスはカルピス社なるものがあって、そこが作ってるかと思っていました。。

何度も見ていても、認識していない証拠ですね。

 

信号機と同じです。

毎日見ていても、赤と青が、どっちが右でどちらが左か答えられないみたいな。

そんな感じです。

 

カルピスはアサヒがつくっていた

 

機能性表示食品

カルピスと商品名にないので、「カルピス」といっていいのか分かりませんが、カルピスに由来する乳酸菌をつかっている、「ほぼカルピスW」は、機能性表示食品です。

パッケージみたら分かりますね。

 

ほぼカルピスは、機能性表示食品

 

ほぼカルピスWには、ガゼリ菌CP2305株が入っていて、2つの機能があるみたいです。

ガゼリ菌CP2305の機能

  • 心理的なストレスを和らげ、睡眠の質を高める
  • 腸内環境の改善に役立つ

睡眠の質というのは、眠りの深さのことです。

 

そういった機能が報告されているので、機能性表示食品として、表示している飲料ってことですね。

パッケージ裏には、注意書きがびっしりです。

 

はやい話し、薬ではないので、たくさん飲んだからといって、疾病が治療したりとかではないということです。

何事も、ほどほどにってことですね。

 

ほぼカルピスWは、賞味期限が長いので、ストック可能

このほぼカルピスWは、ヨーグルトと違って、賞味期限が長いので、ストックしておいてもいいですよね。

9カ月ほどの賞味期限があります。

 

「届く強さの乳酸菌」W(ダブル)「プレミアガセリ菌CP2305」 の賞味期限

 

通常のペットボトルと違って、ちょっとカルピスウォーター飲みたいって時に、満たしてくれる飲料です。

容器の見た目と違って、100mlと少なめに感じますが、ちょうどいい量で気分を満たしてくれます。

 

カルピス好きには、いいですね。

 

原材料やカロリーなど

「届く強さの乳酸菌」W(ダブル)「プレミアガセリ菌CP2305」 の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、脱脂粉乳、砂糖、乳酸菌粉末(殺菌)/安定剤(大豆多糖類、ペクチン)、酸味料、香料

 

栄養成分表示 1本(100mlあたり)はこちら

エネルギー65kcal、たんぱく質1.0g、脂質0g、炭水化物15g、食塩相当量0.15g

機能性関与成分:ガゼリ菌CP2305株100億個

 

疲れている時は、脳への刺激が強い甘さですから、シャキッとしたい時にも使えて、ちょうどいい量です。

味が良くて、機能性のある乳酸菌入りですから、得した気分にもなれますね。


 

他にも、同じシリーズで、100年続く「カルピス」に由来する長年の乳酸菌研究で生まれた飲料は3つあります。

 




 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ