foods、drink

味の変化が楽しみたいならチップスター<コンソメ>、レビュー感想

チップスター<コンソメ>パッケージ

 

チップスターは、コンソメも外せない定番の一品ですよね。

うすしお、のりしおときて、コンソメの3つがそろうと、ポテチとしての満足度が上がる感じがします。

 

チップスター<コンソメ>

 

このふたを外した時に、お目見えしてくる4か所のボンドですけど、これがキレイに取れていると、気持ちがいいのですが、残ったら残ったで楽しいんですよね。

今回は結構残ってますので、バシっといかせていただきました。

 

この残ったボンドを取るときの感じが、好きな人っていると思います。

バシッと取れるので、意外とクセになるといいますか…、これもチップスターの楽しみのひとつ!だったりします。

 

チップスター<コンソメ>ふた開封

 

今回も期待を裏切って、オレンジの袋がちゃんと入っていました。(当然なのですが)

他の色が入っていてほしい願望は、諦めません!(宣言)

 

たまには、のりしおが入っていた!なんてあってもいいと思いません?

企業としては、あってはならないのですが。笑

 

お菓子は、やっぱり楽しさもいるじゃないですか!(そんな楽しみはいらん!?)

 

チップスター<コンソメ>中の袋

 

チップスターコンソメの開封時の香りは、そこまでコンソメの香りが、強烈ってほどではないですよね。

程よい主張みたいな、そんな感じになっています。

 

近くで嗅ぐと、コンソメのいい匂いに癒される感じがあるんですけど、香り的には、そこまで強くもないです。

ですが、ポテチ自体のうまさも香る「のりしお」と違って、コンソメは有無を言わせぬコンソメのみ!って感じです。

 

香ってくる感じでは大人しめの香りなんですけど、コンソメの香りのキーが高いといいますか、コンソメの塊って感じの香りなんですよね。

ポテチ感はあまり感じられないです。

 

チップスター<コンソメ>ささやかなコンソメの香りの主張

 

食べると、一気にコンソメの味が広がるというよりは、じわっときますね。

一瞬間があって、コンソメの風味がくる感じでしょうか。

 

あっさりのようで、意外とコクがあるので、後半にかけて、味わいに深みが出てくる感じです。

伸びが違いますね。

 

はじめにブワッと広がるというよりも、味が後半に向けて伸びてくる感じ。

味わいが変化してくるポテチですね。

 

チップスター<コンソメ>味わいが変化してくる

 

はじめにポテチ自体の美味さがくる感じがあるんですよね。

味の無風時間みたいな、そんな間があって、そこでポテチの旨みが感じられて、それから肉の旨みといいますか、複雑な旨味を持ったコンソメの味が広がっていき、最終的に、オニオンの旨みが残ってくるみたいな。

 

そんな感じです。

 

チップスター<コンソメ>は、最終的にオニオンの旨みが強い

 

コンソメにコクがあって深いので、ポテチ自体の味は、そこまで感じられないのですが、パリパリの食感は、美味さを持ち上げてくれていますね。

あと味に稀に、あっじゃがいも、みたいな瞬間もあるにはあるんですけど、基本コンソメにもってかれてますね。

 

ポテチの旨みを味わいたいなら、うすしおでいいので、これはこれで、絶妙な味の変化があってうまいです。

それにコンソメの味がずっと残るので、持続力抜群ですね。

 

口の中がずっと美味しい感じになるチップスターです。

 

原材料やカロリーなど

チップスター<コンソメ>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

ポテトフレーク、植物油脂、コンソメシーズニング(チキンエキスパウダー、ぶどう糖、食塩、砂糖、オニオンパウダー、野菜エキスパウダー、酵母エキスパウダー、デキストリン、乳糖、香辛料、たん白加水分解物、植物油脂)、砂糖、オニオンパウダー、食塩、香辛料/調味料(アミノ酸等)、乳化剤、パプリカ色素、加工デンプン、香料、酸味料、甘味料(カンゾウ)、香辛料抽出物、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

 

チップスター<コンソメ>原材料やカロリーなど

 

栄養成分表示(100gあたり)はこちら

エネルギー524kcal、たんぱく質6.5g、脂質29.7g、炭水化物57.6g、食塩相当量1.7g

 

全然、塩感は薄い感じがしますけど、「うすしお」よりも食塩が多いんですよね、実は。

味覚って面白いですね。

 

チップスター<コンソメ>

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ