foods、drink

小ぶりながら、約50センチほどの長さになる、ロールキャンディ青リンゴ味レビュー感想

ロールキャンディ青リンゴ味のパッケージ

 

コーラに引き続いて、青リンゴも買ってしまいました。

5ヶ月ぶりくらいでしょうか。

 

思い出すと、突然食べたくなる、ねっとりとした不思議な食感の飴です。

手のひらサイズで、小さく見えるんですけど、すっごく長い飴なんですよね。

 

この小ぶりで、約50センチくらいあります。

 

ロールキャンディ(コーラ)触るとべたつく
【子供でも安心】これが飴!?柔らかいシート状になってくるくる巻かれたロールキャンディ、レビュー感想

  キャンディって聞くと、硬い飴のイメージが真っ先にくるので、ロールの文字が目に入るまで、全く興味が湧きませんでした。 こんなにデカデカと書かれているのに。。   気づいてしまうと ...

続きを見る

 

ロールキャンディ青リンゴ味

 

この手のお菓子は、開封時の香りが特に強いですよね。

開けた時点で美味しくなさそうですと、食べる気が無くなってしまうってのもありますので、これくらいはないとって感じです。

 

青リンゴのいい香りがしますよ。

白いシートの上からみると、ちょっと美味しくなさそうな色してますけどね。

 

ロールキャンディ青リンゴ味は、香りが強い

 

開封した中身はこんな感じで、名前の通り、ロール状に巻かれている飴になっています。↓

 

ロールキャンディ青リンゴ味は、ロール状

 

薄っぺらく引き伸ばされたような飴が、シートにくっついた状態で、ロール状になっているので、好きな量だけちぎって、食べられるようになっているんです。

小さくちぎって食べると、のどに詰まる危険もないので、安全性は高いと思いますよ。

 

それに、飴をちぎって食べられるって、なかなかないですよね。

そんな遊び心まで満載なのが、ロールキャンディです。

 

飴がくるくる巻かれているだけですので、引き延ばしていくとこんな感じになっています。↓

 

ロールキャンディ青リンゴ味を引き延ばす

 

若干、ハエ取りシートっぽく見えてしまうのは、ご愛敬です…。

 

飴自体は、結構ベタベタしていますが、シートからは簡単に剥がせるようになっていますよ。↓

 

ロールキャンディ青リンゴ味はベタベタする

 

とっても柔らかい飴ですが、引っ張ってちぎるには、少し力がいりますので、横から裂くような感じでちぎると、いいと思います。

といっても、ちぎらずそのまま舐めてしまうのも手ですけどね…。

 

ロールキャンディ青リンゴ味は、横からちぎるとやりやすい

 

非常にねっとりとした食感で、飴とは思えない「ぬるっとした食感」が特徴です。

飴というよりは、若干グミよりな感じですね。

 

この食感は、嫌いな人もいるかもです。

そして、夏場の暑い時期に食べると、ぬるい上に、ぬるっとした食感なので、余計に暑くなる可能性は否めません。

 

冷やして食べると、解消しますけどね。

 

こういうお菓子は、香料だけの砂糖飴ってイメージがしますが、果汁60%使われているところに、形状だけでは無い、こだわりを感じます。

りんごのいい感じの酸味がしっかりあって、甘いだけでない美味しさがありますよ。

 

原材料やカロリーなど

ロールキャンディ青リンゴ味、原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

砂糖、グルコースシロップ、濃縮還元りんご果汁、果糖ブドウ糖液糖/増粘安定剤 (ペクチン、キサンタンガム)、酸味料、香料、着色料(黄4、青1)

 

ロールキャンディ青リンゴ味ロールキャンディ青リンゴ味、原材料やカロリーなど

 

栄養成分表示(20gあたり)はこちら

エネルギー67kcal、たんぱく質0g、脂質0.08g、炭水化物16g、食塩相当量0.027g

 

ちょっと変わった飴を、体験してみたいみたい人にはおすすめです。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ