foods、drink

朝食べるなら、低刺激でゆったりした、目覚ましになるR1ヨーグルト砂糖ゼロ、レビュー感想

R1ヨーグルト砂糖ゼロ、パッケージ

 

R-1の砂糖ゼロは、見た目がカッコいいんですよね。

飲むヨーグルトの砂糖ゼロと比べても、断然こちらがいいです。

 

紙の質感もいいですし、黒と赤の組み合わせが、またいい感じなんですよね。

デザイン的には、R-1の中で、この砂糖ゼロが1番好きだったりします。

 

毎日、飲むヨーグルトばかりだったのですが、食べる方のヨーグルトのうまさに衝撃を受け、それからは面倒でも、食べるヨーグルトを週に何回かは、取り入れるようになってしまいました。

飲むヨーグルトばかりだったから、衝撃的だったのかもですが、逆だったらどうだったんでしょう。。

 

R1ヨーグルト砂糖ゼロのレビュー

 

食べるヨーグルトの方は、飲むヨーグルトとは、味がまた全く違います。

ただ飲めるように、液体にしただけのようにみえますが、味が違うんですよね。

 

ですから、同じR1砂糖ゼロでも、好みが分かれると思います。

 

R1ヨーグルト砂糖ゼロ、飲むヨーグルトとはまた違う

 

ヨーグルトの場合、砂糖ゼロになると、酸味が特に強いイメージがありますが、甘味料が入っているので、酸っぱさも抑えられています。

ですから甘さは控えめで、どちらかというと酸味の方が強いかなってくらいの味わいなので、食べやすい酸味になっていると思いますよ。

 

まさに、パッケージに書いてある通り、「ほのかな甘さ」って感じです。

 

R1ヨーグルト砂糖ゼロは、そこまで酸っぱくはない

 

朝食べるなら、低刺激のゆったりした、目覚ましになりそうです。

ヨーグルト特有の滑らかな食感が、口の中に酸味を、優しくまとわりつかせてくれる感じなんですよね。

 

このなめらかな食感が、ゆったりした酸味を運んでくるのですが、その低刺激に癒されます。

朝いちごと一緒に食べると、いちごがより甘く感じますし、ちょっと豪華な朝食になりますよ。

 

R1ヨーグルト砂糖ゼロは、甘さはひかえめでも心地よい酸味

 

R-1の商品名は、プロビオヨーグルトR-1

プロビオ

プロビオとは、明治の独自研究で生まれた、新たな健康価値を創造する商品に、つけられています。

 

R-1ヨーグルトは、強さをひきだす乳酸菌の、1073R-1を使っているのですが、どんな効果があるのかまではうたっていないんですよね。

意外と謙虚?

 

それに、どんなに健康によかったとしても、美味くないとダメです。

食べ続けられる味でないと、食べないですからね。

 

多分ですが、ヨーグルトってだいたい朝、食べますよね。

朝だけってわけではないのですが、1日の始まりがまずいとやってられません。

 

その点、R-1は、美味いでラッキーです。

 

原材料やカロリーなど

R1ヨーグルト砂糖ゼロ、原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

生乳、乳製品、ポリデキストロース、エリスリトール/甘味料(スクラロース)

 

栄養成分表示 1個(112gあたり)はこちら

エネルギー56kcal、たんぱく質4.0g、脂質1.6g、炭水化物10.9g(糖類4.1g)、食塩相当量0.13g、カルシウム129mg、ショ糖0g

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ