foods、drink

ギャグ!?のようだけど、中身が本格的すぎる、湖池屋プライドポテト「神のり塩」レビュー感想

湖池屋プライドポテトの神のり塩パッケージ

 

湖池屋のプライドをかけた、プライドポテト。

いいたいことは分かるのですが、どこかギャグっぽい感じなので、軽い感じに聞こえてしまっていたり…。

 

とはいっても、圧倒的なのりの香りと旨みを活かした、本当に美味しいポテトチップスなんだそうです。

 

湖池屋プライドポテト「神のり塩」

 

開封時の香りは、ぶわって鼻にくるような、強い香りって感じではなくて、海苔の香りが深く、どすっとした重みのある香りになっています。

どことなく磯っぽい海まで感じられる、本格的な重さのある香りです。

 

湖池屋プライドポテト<神のり塩>香りが重くて深い

 

それに、ポテチの見た目からして、違うんですよね。

食べなれた通常のポテチよりも、色が深くて濃くなっています。

 

そんなポテチにかかる青のりが、ポテチの深みを増す要因の一つになっていて、より濃厚な感じに見せてくれているんですよね。(写真では分かりずらいかもですが)

 

湖池屋プライドポテト<神のり塩>濃厚な見た目に、濃厚な味わい

 

食べてみても、やっぱりか!って感じですよ。

海苔の風味が、素晴らしいくらいに強烈です。

 

開封時の香りでは、重く深い感じだったので、風味もどこか落ち着いているような気がしましたけど、食べてみると全然違いますね。

それに一枚一枚に、それぞれ味わいがあって、いろいろな顔を見せてくれます。

 

ん?焼きのり?みたいな、パリパリと焼きのり食べているような、そんな風に感じさせてくれる一枚もあったりと、一枚一枚が奥深いです。

 

湖池屋プライドポテト<神のり塩>は一枚一枚が奥深い味わいがあります

 

塩加減も抜群ですし、海苔とのバランスもちょうど良く、食感もパリパリなので、ちょっと厚めの海苔を、食べているような気にさえなってきます。

それだけではなく、何枚か食べていくと、ごま油と香辛料の、ちょっとピリっとした感じも残って、最後まで飽きさせない、そんなポテチになっています。

 

それに加えて、ポテトの厚みもあるせいか、食べ応えもしっかりあって、バリバリとした食感もまた、食べるのが楽しくなってきます。

一気に食べるよりは、一枚一枚を味わって食べたくなるポテチですね。

 

湖池屋のプライドをかけた一品

湖池屋プライドポテト<神のり塩>おいしさの秘密

 

深くて濃厚な磯っぽい香りは、焼きのりが入っているからですね。

三種ののり(青のり・あおさ・焼のり)をプライドポテト史上最高にたっぷりと使った贅沢な味わいで、唐辛子とごま油がのりの香りを引き立てます。

 

神がかった美味しさって、自分で言ってしまっているところに、自信が溢れていますよね。

旨みの濃いじゃがいもを使っているのも特徴みたいですが、何より海苔がうまくて、そこまで気付かなかったです。

 

じゃがいものうま味も貢献しているんでしょうけど、とにかく塩の効いた海苔がうまいです。

アクセントに、最後でようやく分かるピリッとした香辛料と、ゴマ油の風味がまた、うまさを持ち上げてくれています。

 

プライドポテトは、ギャグのようで、中身は本格的すぎます。

つっこみつつ食べるのも、面白いかもですね。

 

原材料やカロリーなど

湖池屋プライドポテト<神のり塩>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油(ごまを含む)、香味油、デキストリン、食塩、焼のり、あおさ、青のり、粉末ごま油(乳成分を含む)、香辛料、酵母エキスパウダー/調味料(アミノ酸等)

 

栄養成分表示 1袋(58gあたり)はこちら

エネルギー313kcal、たんぱく質3.5g、脂質18.5g、炭水化物33.1g、食塩相当量0.6g

 

味が濃厚で軽くないので、一枚一枚を食べる感じで、十分満足できてしまいます。

 

湖池屋プライドポテト<神のり塩>1枚1枚が濃厚なので、十分満足できます


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ