本記事には広告も含まれています。

エンタメでリラックス

信長協奏曲は、漫画、アニメ、ドラマ、映画のどれが面白い?ひどい?


映画『信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO』

今さらだけど、信長協奏曲のアニメを見て思った評価

 

信長協奏曲は、漫画の原作から、アニメ化されて、ドラマ、映画へと続く作品になっています。

原作漫画:2009年から連載して、まだ完結していない(2023年)

アニメ:2014年7月(10話)

ドラマ:2014年10月(11話)

映画:2016年

 

そして、4作品でどれが面白いのか?と言ったことが、過去に議論されていたりもするのですが、評価としては、漫画の原作が一番よくて、次に多少端折ってはいるものの、原作に基づいて制作されているアニメが良いと言われています。

ですが、ドラマに関しては、異常に評価が低く、悪いレビューが多かったりするのが見受けられるのです。

 

その理由としては、ドラマになると、全くの別物になっているからです。

 

私は、ドラマしか見ていなかったのですが、ようやく最近になって、アニメを視聴しました。

ですから、ドラマと漫画やアニメでの評価が、そんな風に言われている理由も、分からなくもないです。

 

ポイント

信長協奏曲の大筋、タイムスリップや、信長の入れ替わりなどは同じなのですが、キャラクター達が全くの別物になっています。

性格が丸っきり別人になっていますので、大筋が同じでも、内容は登場人物の性格に合わせて、全く違うものになっていたりします。

 

ドラマから視聴した者としては、こういう性格という思い込みがあるので、逆にアニメの違和感が、すごいとしか言いようがありませんでした。

そもそも主要人物の主人公、ヒロインにしても、全くの真逆な性格なんです。

 

ですから、アニメの主人公やヒロインに、物足りなさを逆に感じてしまうほどです。

信長協奏曲は、作品に触れた順番で、評価が大きく変わってくる作品だと思います。

 

原作から見ている人にとっては、原作がよくて、ドラマから入った人からすると、ドラマがよいといった感じです。

ですから、個人的にいえば、ドラマと映画しか見たことがなかったのと、ドラマは何回も視聴してしまうほど、好きな作品だったりもしますので、アニメに物足りなさを感じてしまいました。

 

それに、ドラマを知っているだけに、アニメの詳細ではない感じが、逆に分かりにくかったりしてしまうのです。

ただ、臨場感の問題の差だったりもしますけど、個人的な評価でいえば、「ドラマ、映画 > アニメ」といった感じです。

 

といってもアニメが面白くないわけでは全然ないです。

全く別物として楽しめるので、ここまでキャラクターが変わっていると、どちらも新鮮な形で楽しめてしまいます。

 

そして驚いたのは、まだ2023年12月19日の段階で、原作の漫画が完結していないことですね。

ドラマでは、映画を通して、スッキリと完結しているので、逆に漫画が気になって仕方なくなります。

 

信長協奏曲は、絵の感じで好き嫌いがハッキリと分かれる漫画だと思うので、その辺が大丈夫であれば、ストーリーがとても面白いので、おすすめです。

ですから、評価としては結局のところ、性格が違い過ぎるので、どちらも楽しめます!といった感じです。

 

参考

△ドラマ(11話)は映画を通して完結。

△アニメは10話まで放送。

△原作漫画は、22巻までで、次巻が最終話らしいです。

 

どうでもいいけど…

こういった歴史ものの作品では、史実に関して、どうのこうの言われたりもするのですが、個人的には、史実の正確性は、どうでもよかったりしますので、意味がよく分かりません。

史実通りでなくても、ストーリーが面白ければ、何も問題ないと思っています。

 

史実通りでないといけないといった理由で、面白くなくなってしまうのであれば、歴史の教科書をみて楽しめばいいので、あくまでもフィクション作品に、史実の正確性を求めるのは、意味がありません。

そもそも、タイムスリップする時点で、おかしな話なんですから。

 

動画配信サービス(VOD)の7つの無料おすすめと魅力を徹底解説
暇な時間?消えてなくなる。映画・アニメ【見放題】無料動画(VOD)7つとおすすめ、魅力を徹底解説

続きを見る

 

-エンタメでリラックス