本記事には広告も含まれています。

エンタメでリラックス

ドラマ『ヒル』を無料でみる方法と、ちょっとゾッとするような内容の話


WOWOWオリジナルドラマ ヒル Blu-ray BOX [Blu-ray]

 

アニメを安全に無料で視聴するなら、企業が提供している、動画配信サービス(VOD)を利用するしかありません。

ですが、無料といっても、無料期間がきまっており、無料期間をすぎると、月額料金がかかるようになります。(月額料金は、1食の食事代程度です)

 

ずっと無料で利用できるサービスもありますが、見たいアニメが見られるとは限りませんので、好きなアニメをみたいなら、無料期間を利用して、登録することをおすすめします。

無料動画見放題のサービスについて、詳しくまとめた記事もありますので、気になる場合は、こちらも読んでみて下さい↓

動画配信サービス(VOD)の7つの無料おすすめと魅力を徹底解説
暇な時間?消えてなくなる。映画・アニメ【見放題】無料動画(VOD)7つとおすすめ、魅力を徹底解説

  毎日、VOD見放題(動画配信サービス)にて、映画やアニメ、ドラマの何かしらの作品を視聴し続けている私が、徹底的にVODの魅力も含めて解説しています。 個人的に、サブスク契約しているVOD ...

続きを見る

 

『ヒル』あらすじ

 

全く知らない身元不明者が、居住者でもない家の中で、殺されている事件が発生しているなか、主人公の四宮勇気の家でも、知らない男がナイフで刺されて座り込んでいた。

助けを求められた勇気は、刺されていた男を助けるものの、治療を受けていたその男は、警察からの事情聴取で、あの家に住んでいる四宮勇気と名のり、通報して助けてくれた、本当の四宮勇気に刺されたと証言する。

 

犯人と疑われてしまった、本当の四宮勇気はその場から逃げ出し、逃げているところを、よくアパートで見かけていた、ゾーカという女に助けられる。

ゾーカと行動を共にすることで、刺されていた男のことや、ヒルと呼ばれる、誰かに寄生して生きている存在のことを知っていくことになる。

 

そしてゾーカ自身も、四宮勇気の部屋を借りていた、ヒルの一人だったが、勇気はゾーカに協力するようになっていく。

 

『ヒル』の詳細

 

2011年から2013年まで、月刊コミックパンチにて、今井大輔が連載していた漫画。

ヒル・ツーが2018年より、くらげパンチに掲載され、ヒル、ヒル・ツーの2シーズンとして連続ドラマ化した作品です。

 

キャスト

四宮勇気:赤楚衛二
ゾーカ:吉川愛
ヨビ:栁俊太郎
ミロ:松澤匠
マジメ:草野イニ
チロル:岩永洋昭
ナナシ:三浦誠己
ミシン:しゅはまはるみ
チキン:若林時英
カラ:坂口健太郎
ハコ:飯豊まりえ
ロボ:佐久間由衣
ヤシマ:板尾創路
テトリス:板垣瑞生
安倍:大西武志
鈴木千賀:小西真奈美
佐藤淳也:田中幸太朗
村尾直也:利重剛

 

『ヒル』とは?

 

ヒルとは、他人に寄生して生きる人のことです。

ヒモと似ていますが、その違いは、寄生されている人が、その寄生しているヒルの存在を知らないということです。

 

ですから、知らないところで、寄生されている状態になっているということですね。

ヒルに寄生されている人は、出かけている時間の間だけ、その部屋をヒルに無断で使われているので、その存在には気づきません。

 

寄生する人物についてヒルは、その人の1日の行動などを、徹底的に調べ上げているので、部屋主の職業が何で、何時にでかけて、何時に帰ってくるのかを把握しています。

出かけている時間を見計らって侵入し、痕跡を残さないようにして暮らしていますので、部屋主は知る由もないといったところです。

 

ヒルは、そういった物件を、いくつか持つことで、住人のいない時間に、部屋を渡り歩いて暮らしています。

ですから、食事やお風呂に至るまで、気づかれない程度に、少しずつ使って暮らしているので、そういった微かな痕跡にも気づくような、神経質な性格の人は除外されています。

 

自分の部屋で知らない人が殺されているという怖さがある

 

ある時、家に帰ってくると、知らん人が死んでいる…。

想像すると恐怖でしかないのですが、そんな状況をつくりあげてしまえるのも、ヒルと呼ばれる、不法住居侵入者たちです。

 

ヒルでは、そういった身元不明の殺人事件が起こることによって、ヒルの存在が、警察内部でも、知られるようになっていきます。

そしてヒルがヒルを殺しているという話も出てきたり、ヒルを利用している組織が出てきたりと、物語が膨らんでいくのですが、結局のところヒルは、ヒルになっても、搾取される側でいいように利用されているという事実が出てくるだけなので、2重に追い詰められている感が否めません。

 

カラが、さんざんヒルをやめろといいますが、ヒルが言っても全く説得力がない上に、何を言っているんだ的な感じがあるのですが、全体を見ると、まさに、その通りだったりしますので、ちょっと笑える部分もあったりします。

 

『ヒル』の感想

 

全12話で構成されておりますが、1シーズンが6話ずつに分かれています。

アニメと同じで、1話30分以内の作品になっているので、さくさく視聴できる上に、展開のスピードが速く、ちょっとした時間でも視聴しやすいのが、いい感じです。

 

それに、6話のシーズンごとで、主人公やヒロインが変わりますので、新鮮な感じがあって、より短く感じますし、短い分、途中でダレる要素がありません。

ですが、シーズン1と2の話はつながっているので、シーズン1での謎が、シーズン2で分かるようになっています。

 

ストーリーとしては、よくあるパターンなのですが、その内容が、ちょっとゾッとするような内容になっているので、思わず自分の家を調べてしまいました。

ヒルという生き方が、全くありえないことではないので、よりリアルに感じられるんですよね。

 

ですから、気持ちのいいものではないのですが、その分、ノンフィクションにも感じられて、気持ちを動かしてくれる、いい作品だと思います。

 

動画配信サービス(VOD)の7つの無料おすすめと魅力を徹底解説
暇な時間?消えてなくなる。映画・アニメ【見放題】無料動画(VOD)7つとおすすめ、魅力を徹底解説

  毎日、VOD見放題(動画配信サービス)にて、映画やアニメ、ドラマの何かしらの作品を視聴し続けている私が、徹底的にVODの魅力も含めて解説しています。 個人的に、サブスク契約しているVOD ...

続きを見る

 

-エンタメでリラックス