本記事には広告も含まれています。

学べる本

映画で活躍するクレヨンしんちゃんの秘密を暴いてみました。

クレヨンしんちゃんの秘密を暴く

子供が活躍するアニメのほとんどの映画版では、「悪だくみをする悪がいて、その陰謀をくだくための正義が生まれる」みたいな構図になっていることがほとんどです。

ドラえもん、名探偵コナン、SPY×FAMILY、僕のヒーローアカデミア、クレヨンしんちゃん、鬼滅の刃など、いろいろとありますが、その中で、個人的に異質だと思っているのがクレヨンしんちゃんです。

 

それはなぜかといいますと、クレヨンしんちゃんは、普通に何も考えずにみれるアニメなんですけど、ちょっと考えてみると、怖い事実に気づきます。

そうなんです、主人公が幼稚園に通う5歳児なんです。

 

それが映画になると、幼稚園児が悪とたたかうんですよね。

これって、普通に考えると異常じゃないですか。笑

 

そこがまた面白いんですけど、大人は何をやっているんだ…みたいな。

幼稚園児が活躍しているのに、大人は一体…って感じになるんです。

 

一応、ひろしとみさえという、しんちゃんの親も活躍はするんですけど、基本的に子供が中心になって活躍しています。

たまに、無敵なしんちゃんも、「とーちゃん、かーちゃん」なんて泣きそうな、寂しそうな、子供らしい表情や感情を出してきたりもするのですが、まー基本的に負けることはなく強いです。

 

ですがそれでも、大人が幼稚園児に負ける道理はないわけで、何がどうなって負けるのか考察してみました。

するとある事実に行きつきます。

 

幼稚園児になぜ悪は負けるのか?

リアルに、とても子供とは思えないような発想をしたり、大人顔負けなことをいう幼稚園児ってたまにいたりもします。

この子すごいな…、みたいな。

 

ですが、やっぱり子供は子供であって、力や頭脳で大人に勝てる道理はありません。

では一体どうなっているのかといいますと、じつはしんちゃんたちがすごいのではないんです。

 

ただ、悪の大人がアホすぎるんです。

 

ココがポイント

子供と変わらない、もしくは、子供以下の思考で、悪の組織がアホだからこそ、なりたっているという事実です。

 

まず、まともな人がいません。笑

これが、しんちゃんたちが活躍できる理由です。

 

だからどうしたって話ではありますし、何でもありの、楽しんでみるのがアニメなので、そんなこと考える必要性は全くないのですが、どうしても言いたかったんですよね。

 

大人がアホすぎると。笑

ちょっと、なんだか可哀そうになってきて、悪い方の見方をしたくなってしまう場合もあるのも、映画版のクレヨンしんちゃんだったりもします。

 

ということで、クレヨンしんちゃんの秘密とは、「大人がアホすぎるということです」。

そうでないと、ドラえもんのような特殊な道具を持った味方がいないと、そもそも勝てなくなってしまいますので、大人のアホさは必須ということになります。

 

追記

どうでもいい話なのですが、しんのすけの着ぐるみ。

怖くないですか…?

 

なぜなら、デカい!の一言につきるんですよね。

幼稚園児というコンパクトで小さなかわいさがあるからこそ、しんのすけの魅力がいきている感じがするので、そのイメージが強いからか、どうにも違和感がぬぐい切れません。

 

ガチャとかそういった小さな感じはいいのですが、しんのすけがデカいのは、どうにも怖すぎます。

まだまだ小さな子供だから、かわいいのであって、あんなデカいのが、ブリブリやっているところを想像してしまうと、恐怖でしかありません。笑

 

仕方ないんですけどね…。

仕方ないんですけど、あそこまで着ぐるみが合わないキャラも珍しいのかも?って思ってしまいます。

 

といっても結局のところ、どうでもいい話なんですけど。

 

動画配信サービス(VOD)の7つの無料おすすめと魅力を徹底解説
暇な時間?消えてなくなる。映画・アニメ【見放題】無料動画(VOD)7つとおすすめ、魅力を徹底解説

  毎日、VOD見放題(動画配信サービス)にて、映画やアニメ、ドラマの何かしらの作品を視聴し続けている私が、徹底的にVODの魅力も含めて解説しています。 個人的に、サブスク契約しているVOD ...

続きを見る

 

-学べる本