foods、drink

飽きにくい焼き菓子の組み合わせ、クラッカーとプレッツェルのミックスクラッカー170g、レビュー感想

ミックスクラッカーのパッケージ

 

クラッカーとプレッツェルが、ミックスされて入っている焼き菓子です。

量のわりに、コスパがいいと評判みたいですよ。

 

170gの量と見た目、そしてパンパンに膨らんだパッケージに惹かれ購入。

触った感じが、コーヒー豆が入っていそうな雰囲気になっています。

 

ミックスクラッカー170gレビュー

 

この袋は、ポテチみたいに、後ろのシール部分が合掌しているタイプではないので、横から開けると開けやすいですよ。

 

空気が結構、パンパンに入っているのですが、輸送中に割れないようにするためかなって思います。

中はこんな感じですね。

 

ミックスクラッカーの中

 

香りはまさにクラッカー、焼き菓子のいい匂いがします。

いろいろな形が入っていて、見た目も楽しめますよ。

 

形は全部で9種類。

  • クラッカー6種類
  • プレッツェル4種類

になっています。

 

ミックスクラッカーの種類

 

1袋に入っている、クラッカーとプレッツェルの割合ですが、クラッカーの方が多く入っています。

7割クラッカーの3割プレッツェルって感じでしょうか。

 

ミックスクラッカーのクラッカーとプレッツェルの割合

 

プレッツェルが混ざることで、見た感じの印象が、手作り感のある焼き菓子に見えるんですよね。

その点も、おいしそうに見える、要因になっていると思います。

 

クラッカーは、サックサクで、香ばしく、味がしっかりしています。

塩気が効いていて、クラッカーそれだけでも、十分満足できる味になっていますよ。

 

安くて量が入っているとなると、味がそこまでなさそうな感じがしますが、しっかりした味で、ひとつひとつに満足できます。

形は違っていますが、基本味は同じです。

 

ですが、焼き加減が若干違っているので、香ばしさで味が、微妙に変わる感じがしました。

その点も、たくさん食べられて満足でき、飽きにくい気がします。

 

ミックスクラッカーのプレッツェル

 

プレッツェルは、また味が変わります。

硬さもバリバリと硬め、歯ごたえのある食感で、プレッツェルの感じがよく出ていると思います。

 

しっかりした焼き加減で、若干の苦さを生み出していますので、アクセントになっていて、こちらもおいしいです。

プレッツェルの方が、より味が濃い感じですね。

 

ひとくちサイズで、子どもでも食べやすく、こぼしにくいと思いますよ。

2つの味が、食感の違いを演出していて、味も見た目も変えられるので、楽しくたっぷり食べられて、お腹が十分みたります。

 

原材料やカロリーなど

ミックスクラッカーの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

小麦粉、植物油脂、砂糖、コーンスターチ、ぶどう糖果糖液糖、食塩、粉末麦芽、酵母エキス、ホエイパウダー(乳成分を含む)、麦芽エキス、酵母/膨張剤、乳化剤、酵素

 

栄養成分表示(100gあたり)はこちら

エネルギー443kcal、たんぱく質10.3g、脂質12.7g、炭水化物71.9g、食塩相当量2.2g

 

原産国はブルガリアになっていて、あまり見かけない感じですよね。

知らないだけかもしれませんが。

 

ミックスクラッカーは、チーズと一緒に食べると、より美味しくなると思いますよ。

スライスチーズを、ちょっとちぎって乗せるだけでもいいですね。

 

ミックスクラッカーは、チーズあるとよりおいしい

 

クラッカーを、たっぷり食べたいなら、おすすめです。


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ