foods、drink

誰かと分かち合いたくなる美味しさ、森永ビスケットのリーフィ、レビュー食レポ

森永ビスケットのリーフィパッケージ

 

こういった箱系のお菓子って、女性の人が結構好きなイメージがあります。

周りの男で、買っている人を見たことがないので、勝手なイメージなんですけどね。

 

でも、食べるとまた、一段違ったうまさがあるのが箱系ですよね。

 

リーフィのレビュー

 

リーフィは、箱を開封すると、個包装されたものが6袋入っています。

 

森永ビスケットのリーフィ、箱開封

 

小袋パッケージの外装はこんな感じですね。↓

下地のシルバーを活かして、黒ベースに塗り上げた感じ?でおしゃれな印象です。

 

来客時に出しても、恥ずかしくないお菓子になっています。

 

森永ビスケットのリーフィ、小袋パッケージ

 

この個包装パッケージには、2枚のリーフィが入っています。

ですから、全部で12枚ですね。

 

森永ビスケットのリーフィは、全部で12枚

 

開封するとわかりますが、開封時に広がる、チョコとパイの甘く香ばしい香りが、食べる前から美味さを物語っています。

それに、ただチョコがけしているのではなく、見た目にも手をかけているんですよね。

 

チョコ表面の線は、なんなのか知りませんけど、見た目も美味しさを持ち上げてくれる要素のひとつですからね。

食べる前から、期待感を膨らませてくれます。

 

森永ビスケットのリーフィは、見た目もおいしそうな工夫がされている

 

食感も「サクッー」って、物凄く気持ちのいい食感で、この噛み心地は、気分が一気に上がりますよ。

表面をシュガーで、パリパリにコーティングされている部分のパイが、「サクッー」を生み出していて、その後に、中のパイの層がサクサクと続くんです。

 

気持ちよすぎる食感です。

どうやらパイの層は、72層もあるみたいですよ。

 

それも、気持ちよすぎる食感のサクサクを生み出しているんですね。

 

森永ビスケットのリーフィの裏は、シュガーコートされたパイ生地

 

味はどんな味かといいますと、まずパイの味が、1番先に口の中に広がっていきます。

多分、舌に一番先につく部分だからだと思いますが。(チョコを上にして食べた場合)

 

そのあとにチョコが、広がっていく感じです。

チョコは薄くかかっているだけなので、口どけもいいですし、手で持つとすぐに溶けるくらいなので、パイの味と混ざっていく感じは、楽しいですよ。

 

森永ビスケットのリーフィのチョコは薄がけされている

 

それに、チョコが薄くかかっているだけなので、しっとりとすることなく、パイの食感が十分に活かされています。

ひとくちで食べて終わらせてしまうのは、非常にもったいない食感です。

 

ずっと味わっていたいと思うくらい、美味しいですよ。

それに始めにパイの味が広がる時は、そこまでの甘さではないのですが、チョコと混ざった時の甘さは、刺激的です。

 

森永ビスケットのリーフィは、食感が楽しすぎる

 

贅沢に2枚食いをしてみたいのですが、一気に食べるのがもったいなく、結局1枚1枚を味わって食べてしまいます。

リーフィは、食べることが楽しくなるお菓子ですね。

 

原材料やカロリーなど

森永ビスケットのリーフィ、原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

小麦粉、準チョコレート(乳成分を含む)、ファットスプレッド、砂糖、麦芽糖、チョコレート、ショートニング、食塩、調味パウダー(酵母エキス、食塩)/乳化剤(大豆由来)、香料、香辛料抽出物

 

森永ビスケットのリーフィ、原材料やカロリーなど1

 

栄養成分表示 1枚(7.1gあたり)はこちら

エネルギー39kcal、たんぱく質0.4g、脂質2.3g、炭水化物4.2g、食塩相当量0.06g

 

森永ビスケットのリーフィは、食べることが楽しくなる味

 

リーフィは、食べることが楽しくなる食感で、とても上品な味をしています。

誰かと分かち合いたくなる美味しさですね。

 

オシャレな家で、出てきそうなお菓子ってイメージです。


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ