foods、drink

土佐の塩丸を使った究極の塩干し芋!?レビュー食レポ

塩干し芋のパッケージ

 

見た目に惹かれて、買ってしまいました。

厳選素材の「塩」と「さつまいも」を使っているみたいです。

 

干し芋はどれも同じに見えるのですが、メーカーによって味が全然違うんですよね。

それに、使っているさつまいもの品種でも変わってきますので、食べ比べてみると意外と面白いのです。

 

塩の干し芋を食べるのは、人生初なので、通常のと比較できるのかわかりませんけど。

 

塩干し芋

 

開封途中で、干し芋の香りが、もれ出してくる感じが、たまらないです。

その分、楽しみと期待感がアップするので、自分でハードルを上げ過ぎてしまうんですけどね。

 

干し芋は、直接袋に干し芋を入れてある場合が結構あって、その場合は非常に取り出しにくいのですが、この塩干し芋は、トレーに乗せてあり、さらに上からもシートをつけてくれているので、非常に取り出しやすいです。

 

塩干し芋の香りは、美味しそうです

 

香りは、とかくめちゃくちゃいいですよ。

塩を使っているなら、香りも変わりそうな感じがしましたが、通常の干し芋と変わらないですね。

 

触った感じも、普通の干し芋です。

ベタベタしていて、食べるとねっとりした食感も、通常の干し芋と変わらずです。

 

塩干し芋は、見た目も香りも、触った感じも通常と変わらない

 

硬さは、若干柔らかめになっていて、ねっとりとした食感も、干し芋特有ですね。(食感は買うたびに変わったりしますけど)

割とパサパサして、ねっとりしていない干し芋もありますけど、この塩干し芋は、芋蜜の感じの柔らかさがでています。

 

味は、塩が非常に強く感じます。

まさに塩芋です。

 

塩が、かかっているだけなんでしょうけど、全く違う味なんですよね。

これまで味わったことのない塩干し芋って、キャッチは本当ですね。

 

他の塩芋をしりませんけど、通常の干し芋とは全く違います。

香りは、通常の干し芋の香りなんですけどね。

 

塩干し芋は、通常の干し芋とは別物

 

口に入れると、香りも味も変わるので、不思議です。

ただ、塩が強すぎて、芋の味が薄くなってる気がするんですよね。(今回のがたまたまかもしれません)

 

なんだか、干し芋ではなく、全くの別物って感じです。

芋の味の強い部分もあったりはしますが、だいたい塩っけが勝ってしまいます。

 

塩味の後に、強い甘みが広がる?感じは、感じられなかったです。

あと味としては、干し芋を感じるのですが、干し芋を食べた感じがするのは、食感だけで味はあまりしない気がしました。

 

人それぞれ感じ方が違うでしょうから分かりませんが、厳選素材の土佐の塩(土佐の塩丸)は、強烈でした。

塩の味としては、美味しいんですよね。

 

芋より土佐の塩が凄いです。

 

追記

初めて食べた時、干し芋としては、そこまでおいしいと思わなかったのですが、何度かに分けて食べているうちに、うまさが分かってきました。

特に、運動して汗をかいたあとに食べると、特別うまさを感じます。

 

そして干し芋のうまさも、はっきりと分かるんですよね。

塩と芋を一緒に感じて、しょっぱい芋ってイメージがしていましたけど、別々のうまさが、それぞれ分かるようになります。

 

ですから、味を一緒に味わう感じでいると、ぼやっとすると思います。

干し芋と塩干し芋は、別物と考えた方がいいですね。

 

原材料やカロリーなど

塩干し芋の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

さつまいも(国産)、塩

 

栄養成分表示(100gあたり)はこちら

エネルギー309kcal、たんぱく質1.9g、脂質0.3g、炭水化物77.2g(糖質72.0g、食物繊維5.2g)、食塩相当量0.645g、カリウム1100mg

内容量は80gなので、要計算です。


-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ