foods、drink

湖池屋ポテトチップス<のり塩>レビュー感想

ポテトチップス<のり塩>パッケージ

 

カルビーのりしおと並んで、どちらにしようか悩む、湖池屋ポテチのり塩味ですね。

もしかすると、メーカーが違っていることに、気づかず買っている人もいるかもしれませんね。

 

それくらい、雰囲気が似ています。

なぜに、のり塩味は、どちらも黄色ベースのパッケージなんでしょう…。

 

コンビニ限定の「のり塩」は、88gになっています。

通常のと、お徳用サイズの真ん中くらいの量ですね。

 

湖池屋のポテトチップス<のり塩>

 

開封時の香りは、安定の香りです。

美味しそうな、海苔の香りがしっかりありますね。

 

ポテチの香りと混ざっているので、磯の感じではなく、乾いた海苔って感じの香りがします。

なんにせよ、美味しそうな香りには変わりないのですが。

 

ポテトチップス<のり塩>は、磯の感じではなく、乾いた海苔って感じの香りです

 

口に入れた時の、海苔の香りと塩が広がる感じはさすがですよね。

うまいとしか言いようがないです。

 

食感も、パリパリと食べやすく、塩が効いていて美味しいです。

ただ若干、塩がすごく効いているのか、香辛料なのか、少し辛めののり塩になっています。

 

ポテトチップス<のり塩>は、香辛料が効いている

 

どちらかといいますと、通常の海苔ではなく、韓国のりっぽい雰囲気がありますね。

といっても、香辛料的な辛さなので、油っぽくは感じません。

 

そんな特徴的なパンチのあるのり塩味ですが、ポテチ自体の味もしっかりしていますので、噛みしめた時の味の混ざり具合も絶妙です。

ポテチと油分、海苔と香辛料が口の中で混ざり広がって、鼻にぬけていく香りも味も抜群ですね。

 

ポテトチップス<のり塩>のりの鼻にぬける感じが心地いい

 

ただの海苔ではない、ちょっとアクセントを加えたような感じになっています。

とにかく香りからして美味いですね。

 

一般的なサイズの60gに慣れているせいか、意外と量的に多く感じます。

たった22gの差なんですけど、食べても食べてもまだあるなんて気分になりますよ。

 

それに、のり塩の辛みもあいまって、満足度は高いです。

 

ポテトチップス<のり塩>韓国のりっぽい濃厚さ

 

ポテチは、海苔のかかり具合や、一枚一枚の大きさも違ったりするので、味の緩急が、それぞれの素材の味を味合わせてくれます。

海苔がびっしりかかっている一枚とかありますけど、香りが濃厚でいいですし、薄めのものはポテチの味が濃厚だったりで、一枚一枚に味の変化があります。

 

それもうまさの1つですよね。

ですが、次々に食べてしまうので、最終的には総合した、のり塩味のうまさでしめてくれます。

 

割と辛めの設定ですが、海苔のうまさに子供も気にせず食べてしまう、そんなポテチですね。

 

原材料やカロリーなど

ポテトチップス<のり塩>の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、食塩、青のり、あおさ、香辛料、酵母エキスパウダー/調味料(アミノ酸等)

 

栄養成分表示 1袋(88gあたり)はこちら

エネルギー495kcal、たんぱく質3.3g、脂質31.7g、炭水化物49.2g、食塩相当量1.1g

 

ポテトチップス<のり塩>

 

海苔の香りに、辛みをきかせたポテチが、湖池屋ののり塩味です。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ