foods、drink

気づかなかった…コーラがリボンでドレスアップ!?しかも当たり付きキャンペーン

コーラのリボンボトル

 

これは、ラベルを読まないと気付かないですね。

デザインとか気にしていない人にとっては、分からないと思います。

 

あーなんかちょっと、デザイン変えたのかなぁ程度です。

 

コーラのリボンボトル、レビュー

 

コーラのリボンボトル情報

 

「ラベルがリボンに!」ってチラっと見えても、ラベル…リボンになってるかな?くらいに思ってしまっていました。。

しかも今回、通常コーラではなく、ゼロの方を買ってしまっている失態。

 

これはこれでありなんですけどね。

↓右にまわすと、キャンペーンをやってるのねって感じです。

 

コーラのリボンボトルでその場で当たる特別ギフト

 

リボンにすると特別ギフトが当たる!と書いてあるので、さっきの「ラベルがリボンに」って記載は、リボンにしないといけないことが分かります。

けど、めんどくさっ!って思いますよね。

 

でも、さらにまわしてみて、よく読む読むと分かる全容。

ラベルをはがして、引き出すだけでリボンになるのです!

 

コーラのリボンボトル情報2よく読むと分かる概要

 

これって、すごいラベルだったんです。

ラベル引いてリボンになるって凄くないですか!?

 

今まであった?(今年初めて知った事実)

よく知らないのですが、考えた人スゲー。

 

指定の位置のラベルと剥がしてみると、白クマが出てきます。

 

コーラのリボンボトルをはがす

 

ラベルは一周まわって、ペラっと剥がれます。

白クマにみつめられながら。

 

コーラのリボンボトルはラベルが簡単にはがれる

 

ノリがついているのは、最初と最後の所だけです。

最後のところで、剥がれないように止まるようになっています。

 

ですから、最後まで剥がしてはいけません。

テープがちょこっと出ている部分があるので、そこを引っ張ればいいみたいです。

 

コーラのリボンボトルをはがしたら、テープがでてくる

 

いざ!

引っ張る。

 

コーラのリボンボトルをはがして、テープをひっぱる

 

ここから怒涛の展開です。

 

コーラのリボンボトルをはがして、テープをひっぱる2

 

まさに引っ張るだけで、リボンぽくなっていきます。

 

コーラのリボンボトルをはがして、テープをひっぱる3

 

リボンつくるなんて、めんどくさって思ったのを謝ります。

 

コーラのリボンボトルをはがして、テープをひっぱる4

 

引っ張る感じも、見ていても楽しいです。

 

コーラのリボンボトルをはがして、テープをひっぱる5

 

終わってしまうのが、ちょっと悲しくなってきます。

 

コーラのリボンボトルをはがして、テープをひっぱる6

 

とうとう完成しました。

 

コーラのリボンボトルをはがして、テープをひっぱる7

 

正面から見た、完成リボンがこちら↓

 

コーラのリボンボトルをはがして、テープをひっぱる8完成

 

この引っ張って出てきたテープに、アタリが書かれているみたいです。

↓残念ながらはずれましたけど。

 

コーラのリボンボトルのこのテープに当りハズレ

 

ちなみに今年のリボンは9色あるみたいですよ。

好きな人は、集めて飾ってみるのもいいかもですね。

 

このリボンですが、実は何度も楽しめます。

一旦戻して、また引っ張る。

 

これを繰り返すことが出来ます。

↓この引っ張るテープが、戻した時にはずれないようにした方がいいですよ。

 

コーラのリボンボトルをはがしたら、テープがでてくる

 

奥に行き過ぎて外れてしまうと、ちょっと面倒になるので。

 

しかし、調べてみるとリボンボトルって、だいぶ前からやっていたんですね。

全然気づかなかった…。

 

今回初めて知った人もいるでしょうけど、自慢げにまわりに話すと、恥ずかしいかも。笑

 

原材料やカロリーなど

通常のコカコーラと、ゼロって、原材料が似ていますが、甘さを感じさせてくれる原料の配合量と、種類が違うだけになっています。

 

コカコーラ・ゼロ

炭酸、カラメル色素、酸味料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、香料、カフェイン

 

↑ゼロは炭酸が一番多いみたいですが、↓通常コーラは糖類になっています。

 

コカコーラ

糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)/炭酸、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン

 

甘さの材料を変えると、通常の「45kcal」が「0kcal」になるって、すごいですよね。

 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ