foods、drink

ずっと味わっていたい優しい味のする、長野の寒天みかんもち、感想レビュー

長野の寒天みかんもちのパッケージ

 

寒天で、みかんで、もち?どんな組み合わせ!?

って気になった商品です。

 

裏を見ると南信州菓子工房の文字が…。

やっぱり…。

 

よくお世話になっています。(ぺこ)

ここのドライフルーツが、お気に入りなんですよね。

 

長野の寒天みかんもちレビュー

 

封を開けた感じでは、ほとんど香りはないです。

何と言っていいのか分からない香りが、かすかに香るくらいなんですよね。

 

と思っていたら、ボンタンアメの香りに似ているような気がします。(自信はないですが)

形からしてもなんとなくです。

 

長野の寒天みかんもち開封

 

量は意外と少なく感じました。

くっついているものもあるので、くっつき防止に表面に何か、まぶしているのかなぁって予想です。

 

長野の寒天みかんもちを出してみた

 

見た目は柔らかそうですが、触ってみると、表面はぷにっとしていて、芯はしっかり硬めです。

軽く潰せないくらいの、しっかした弾力があります。

 

長野の寒天みかんもちの触り心地

 

触り心地がよくて、ずっと表面ぷにぷにしたくなる感じなんですよね。

厚みが少しあるからかもしれません。

 

そんな触り心地とは反対に、噛んでみた感じでは、表面がしっかりした食感で、中は柔らかくなっています。

表面の、若干のシャリ感があるものの、噛み心地はしっとり柔らかで癒されますよ。

 

長野の寒天みかんもちの厚み

 

噛んだ時に、始めてほのかに香りがします。

ふわっとした、優しいみかんの香りです。

 

食べた瞬間、とにかく癒されるしっとり食感に、優しいみかんの香りと、おしとやかな味に、とにかく癒されます。

味の主張が、おしとやかなんです。

 

はんなりみたいな、そんな感じです。

ですから、おすすめの食べ方としては、一口で食べるより、少しずつ食べる感じがいいと思っています。

 

長野の寒天みかんもちは優しい味

 

もしくは噛まずに、口に含んでいるのもありですね。

舐めていると、始めはみかんというよりは寒天の味がずっとします。(寒天に味はないかもですが)

 

あっさりした味の感じが続いて、寒天がほぐれてくると、みかんの香りと味が優しく広がっていきます。

食感は、プルんプルんで、みかんの味を、長時間味わうことができますよ。

 

最後までしっかり優しい味が続くので、やってみる価値はあると思います。

 

長野の寒天みかんもちの食べ方

 

7個入りと量が少ないので、少しずつ楽しむのがおすすめです。

 

ポイント

ずっと味わっていたい優しい味です。

 

原材料やカロリーなど

長野の寒天みかんもちの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

砂糖(国内製造)、水あめ、みかん加工品(みかん(国産)、砂糖、ぶどう糖果糖液糖、還元水あめ)、でん粉加工品、寒天、もち粉/トレハロース、クエン酸、糊料(増粘多糖類、加工でんぷん)、香料、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンC)

 

栄養成分表示(40gあたり)はこちら

エネルギー146kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物36.2g、食塩相当量0.5g

(推定値)

 

優しい味に癒されたい時には、特におすすめですね。

気分を落ち着かせたい時とかですね。

 

長野の寒天みかんもちは優しい味


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ