ヒント

言い訳はなぜ、人生をハードゲームに変えてしまうのか?【後悔を生み出す製造機】

言い訳はなぜ、人生をハードゲームに変えてしまうのか?

 

言い訳には、2種類の言い訳がありますよね。

  • 時々やってしまう、他人に対してする言い訳
  • 自分自身に毎日している言い訳

 

他人に対してする言い訳は、自分の非を分かった上でしています。

自分が何かをしてきて、言い訳をしないといけない状況になってしまったから、それを誤魔化そうとしているわけです。

 

自覚しているからこそ、できる言い訳ですよね。

ですが、自分自身にしているいつもの言い訳は、「自覚なく」している場合がほとんどなので、やっかいなのです。

 

今回は後者の、毎日のように自分自身にしてしまう言い訳が、どれだけ人生をハードにしてしまうのかって内容について書いています。

興味があったら、読み進めてみて下さい。

 

 

言い訳はなぜ、人生をハードゲームに変えてしまうのか?

 

言い訳とは=できなかった理由を適当に並べて正当化すること

別な意味もありますが、ここでは責任逃れのような、悪い意味での言葉として使っています。

 

言い訳は、始めから何もしなかった自分を適当に納得させて、何もしなかった時間を積み上げることになります。

今日は、天気も悪いし…、疲れているし…、時間がないからなぁ…、やる気がおきない…などなど。

 

何かをする前から、適当に言い訳して、何もしません。

その結果、人生をハードゲームに変えてしまうんですよね。

 

そもそも、なぜ言い訳をしてしまうのか?

本来、自分自身のことなので、誰かに言い訳する必要はないのですから、自分自身にわざわざ言い訳なんてして、納得する必要はないはずですよね。

 

ですが、自分に言い聞かせるように、深く考えもせず、適当に理由を考えて、自分を納得させています。

それは、自分ができないやつだと認めたくないからです。

 

できなかったことを、自分の能力とは関係ないと思いたいんですよね。

本当はできるんだけど、面倒だったからしなかっただけなんだよとか、ただ時間がなかっただけなんだよとかですね。

 

ですから、自分の能力とは関係なくて、他の何かのせいにしたいんです。

○○ができなかった自分…、なんて思いたくはないですからね。

 

言い訳が習慣化

言い訳することが当たり前になってしまうと、言い訳しようと思っていなくても、言い訳を自然と考えてしまう習慣を身につけてしまいます。

そうなると気づかないうちに、言い訳して諦めている…なんてことが起きてくるんです。

 

例えば、今すぐにできて、すぐ終わらせられることですら、後回しにしてしまったとかですね。

部屋の掃除をしないとヤバい状態なのに、言い訳をして見て見ぬふりをしたりとか、血液検査の数値が悪くて、ダイエットしないといけないのに、何かと言い訳してやらなかったりとか、そういった小さなことから大きなことまで、たくさんあると思います。

 

ちょっとした言い訳で、その時だけ後回しにするならまだいいですが、後回しという名の、一生やらないなんてものもあります。

そして、後になって後悔するんですよね。

 

それは全部、言い訳がそうさせているんです。

 

目をそらしたところで意味がない

行動した方がいいと自分で思っているのに、やりたくないから、とりあえず自分に言い訳して後回しにしています。

要するに逃げてるんですよね。

 

やりたいことや、やらなければいけないことから、目をそらしているんです。

自分自身のことなので、逃げる必要はないのにも関わらず。

 

自分に言い訳をしなければ、いけないような行動をしているってことです。

言い訳をしなければ、自分の行道を納得させられないことがあるってことです。

 

そうやって言い訳するのは簡単ですが、言い訳すればするほど、自分の人生をハードゲームに変えていってしまいます。

それに、やらなければいけなかったことは、あとで結局やることになったりすることもあるので、自分のクビをしめることにも繋がるのです。

 

言い訳は、自分のやりたいことも分からなくなる

しなくても問題はないけど、やった方がいいと思っていたこととか、やりたいと思っていたことは、それができなかったという後悔する自分を、積み重ねていってしまいます。

そして、ふとした時に、後悔の念を抱いたりするのですが、それもその時だけでまた忘れて、同じことを繰り返すんですよね。

 

そんなことを繰り返していると、自分が何をしたかったのか、今何をしたいのかも分からなくなってしまう場合もあります。

ちょっとしたやりたかったことなども含めて、言い訳して結局やらやらないわけですから、自分にはやりたいことがない、なんて勘違いしてしまったりするんですよね。

 

そうやって、やりたいことが分からなくなってしまうのです。

大きなことから小さなことまで、たくさんあったやりたいことをです。

 

何にもやりたいことがない…、なんてなってしまっているのは、言い訳してやらなかったからではないか?って考えてみるといいと思いますよ。

本当はあるのに、面倒だからと言い訳しているだけかもしれませんので。

 

言い訳できないレベルになる

 

どうやったらできるだろうか?

ではなく

 

どうやって、自分が傷つかない理由で、自分を納得させられるだろうか?

に無意識の段階で変わっていませんか。

 

そうなると、ずっと何もできない、何も達成できない状態が続くことになってしまいます。

今の時代の変化は早いですよね。

 

そんな時代に合わせて、変わっていかなければいけません。

ですが、いつまでも言い訳をしていたら、何も変われず、何も成し遂げられないまま歳をとっていってしまいます。

 

そうやって、人生のハードルを自ら上げてしまっているのです。

 

何もしないという積み重ねは、いざ何かに取り組もうとした時に、余計に時間がかかったりしてしまいます。

それに今更頑張ってもな…みたいな考えになってしまうこともあると思います。

 

あとになって後悔しても、そうやって積み重ねた時間は、二度と戻ってきません。

いざやろうとしたときに、毎日経験を積み重ねてきた人には、追いつけなくなっている場合もあるのです。

 

少しずつの積み上げでも、時間が経つと、大きな差になっていきます。

少しだけやったところで、何にも変わらないという言い訳をしているうちにです。

 

いいアイデアが思いついて、これはいける!って思っても、やり方が分からないしなぁ、時間がないもんなぁ、お金がないから無理だな…なんて思っているうちに、後悔という時間を積み重ねます。

次第に、こうしよう!なんて思っても、でもな…って感じで、今まで何もしなかった積み重ねた時間が、自信を奪ってしまったりですね。

 

仕事でも、遊びでも、やりたいことがあっても何も行動しないのは、自分に言い訳をしているからです。

 

そうやって、できない、できなかった理由を考える習慣も、自分で無理やり作って、無理やり納得させてしまってきた結果です。

それらの積み重ねが、時間が経つごとに、言い訳できないレベルにまでなってしまい、後悔に変わるんですよね。

 

最新の後悔製造機

 

言い訳は、後悔を生み出す製造機みたいなものです。

言い訳すればするほど、何もしない時間が増え、何もできなかった自分に後悔する時間も増え、諦め体質になってしまいます。

 

諦めることも大事なことだったりしますが、それは何かをした後に諦める場合です。

何もせずに始めから諦めるのではありません。

 

そうやって不完全燃焼が続くと、そのうち、言い訳してすぐに諦めてしまうのが当たり前になります。

世の中こんなものとか、人生なんてこんなものって、決め付けてしまうようになってしまいます。

 

結局、自分はできない奴だと、認めてしまうような状態になるんです。

ですから、後悔を生み出し続ける製造機(言い訳)は、やめましょう。

 

言い訳を回避するには

 

言い訳を回避するには、言い訳をしてきたことで、今の状況になっていると認めることですね。

そして、できない言い訳を考えるのではなく、「どうやったらできるのか?」って考えることです。

 

そして失敗しても、続かなくてもいいから、とりあえずやってみるのです。

 

そもそも失敗し続けているんですから、今更やって失敗したところで、どうってことはありません。

それにやってみると、向き不向きも分かります。

 

やってみないと分からないことが分かるようになるのです。

それって、失敗したことになるんですかね?って話しなんですけどね。

 

やらなかったことで、言い訳グセをつけるとともに、後悔していくのか。

それとも、少しでもやってみて、経験を積んでいくのか。

 

難しそうでも、面倒でも、とにかく気楽にやればいいんです。

そのために、どうやったらできるのか?です。

 

始めから何もしないのと何かしら行動して、すぐやめた。

では、大きな違いです。

 

始めから何もしない人の方が、圧倒的に多いのですから、ちょっとやっただけで差がつきます。

言い訳の代わりに、どうやったらできるのか?を考えていけば、言い訳の入る余地はなくなっていきますよ。

 

それに、

また明日があると思っていませんか?

 

今、しないと後悔するだろうな…なんてことは、すでに何度も経験しているはずです。

もしかすると、明日がこない可能性だって、十分に考えれられます。

 

そんな時に、自分はどう思うんでしょうか。

って考えてみると、きっと言い訳してやらないとか、後回しにするなんて選択肢はなくなると思いますよ。

 

 

-ヒント

© 2021 e-きっかけブログ