ヒント

コミュニケーション能力で職場の人間関係は良くなるの?

コミュニケーションで人間関係はよくならない

コミュニケーション能力をなんとかして身に着けられたら、人間関係がうまくいく。

と思っているなら、それは違うんじゃないかなって話です。

 

もちろんですが、そういう能力やスキルを伸ばすことを否定しているわけではありません。

 

むしろあった方がいいとは思いますが、むしろ欲しいとも思いますが、それと人間関係は別物だと思っています。

 

 

コミュニケーション能力では人間関係は良くならない。

 

なぜ、そう言いきれるのか?

 

ココに注意

コミュニケーション能力=伝えたいことが伝わればいい

 

人間関係に疲れたとか、うまくいかないって悩んでいるのは、気を使いすぎるとか、何を話していいか分からないとか、傲慢だったり、態度が悪いなどなど人それぞれ原因があると思うのですが、それって、コミュニケション能力ではなく、性格や考え方の問題ですよね。

 

そのために、本当に伝えたいことを伝えていないことが問題です。

 

 

コミュニケーションに頼りすぎ

 

仲良くするために、無理に明るく振舞っていたり、普段の自分ではなく頑張って気を使ったりしているから、疲れるんです。

 

それで人間関係が面倒になっていたりするから、コミュニケーション能力をつけたら、余計に疲れるんじゃないですかね。

 

コミュニケーションで、なんでもかんでも解決しようとしすぎな気がします。

 

 

仲良くするのが当たり前だと思っている?

 

自分の嫌いな人と無理に仲良くなろうとしていませんか?

 

嫌いな人はどこまでいっても嫌いなんですよ。

 

無理に好きになろうとか、関係を良好にしようなんてしなくていいと思います。

 

無理やりコミュニケーションでなんとかしようとするからしんどくなるんです。

 

もしくは気を使いすぎてしまうのかもしれませんね。

 

職場のコミュニケーションってほんと無駄ですよね。

 

あなたは、あなたのやりたいことをやればいいし、もっと好きにしてもいいと思うんです。

 

気を遣わずに楽にすごせる人だけで十分だと思いません?

 

それに話したい人がいて、はじめてコミュニケーションとればいいのに、話すことが当たりまえみたいになっているのもどうかと思います。

 

 

コミュニケーションをとる目的ってなんですか。

 

無条件で人とコミュニケーションとらないといけないと思っていませんか?

 

まず何がしたいのかって目的があって、はじめて伝えたいことがでてくるじゃないですか。

 

そしてあとは、それを伝えるだけなのだから、そんなにコミュニケーションって難しくはないんですよね。

 

でも話したいことがないのにも関わらず、コミュニケーションをとろうとするなんて意味ないと思いません?

 

この人とどうしても仲良くなりたいとか、友達として付き合っていきたいという人がいて、その目的のためにコミュニケーション能力が必要とかなら分かるけど、無駄に話そうとするのはなんなんでしょうね。

 

 

その人に興味があるかどうかが、まず大事です。

 

初対面の人と話して、たまたま仲良くなるなんてこともあるかもしれないけど、今後、付き合っていきたいかといったら、そんなの分かりませんよね。

 

なんとなく、友達になっていくことの方が多いかもしれませんが、それは友達になろうとしてなっているわけではないので、自分から仲良くなりたいって人なら、相手を知ることからはじめて、いけばいいと思います。

 

度を越えると、いけませんけど本気で仲良くなりたい、友達になりたいなら相手の情報収集、それくらいしてもいいと思います。

 

職場ではとくに。

 

 

誰とでも話せる人は凄い?

 

コミュニケーション能力が、人と気楽に話せることだとするのであれば、能力があるがゆえに自分の株を下げ、嫌われる人達をたくさん見てきました。

 

とにかくペラペラ話す人は、自分を前面に話すがゆえに、身を滅ぼしている人もいます。

 

自分が自分がって目立ちたい人が多いのかもしれませんね。

 

一方的に話しても意味がない

話すことによってお互いの関係を深めていくのだけど、一方通行では意味がありません。

 

共通の話題を探っていかなければ、話しは続かないし、この人と話しても楽しくないとなれば、逆にコミュニケション能力がなかった方がいい場合もあります。

 

ですから、話せる人は無条件に凄いみたいな感じになっていますけど、話す内容や構成の方がもっと大事だと思います。

 

プレゼンテーションもそうですけど、売りたいものを買ってもらうために、商談するわけじゃないですか、だから内容や話す順番、分かりやすさなど、もっと考えることが他にあると思うんですけど、そいうことをせずに話すことでなんとかしようとし過ぎだから、コミュニケション能力がダメなんだって思ってしまうんです。

 

実はコミュニケション能力とは全く違うことなのに。

 

 

まわりに合わせても人間関係はよくならない。

 

まわりに合わせるコミュニケーションなんて、疲れるだけだと思います。

 

仕事をしにきてるのに、さらに人間関係とか嫌になって当然です。

 

性格や考え方が問題。

 

ですから、本でも読んで考え方を変えた方が、よっぽどいいと思いますよ。

 

人間関係って1つの事に執着しすぎているのかもしれませんし、考え方が変わると行動も変わるので、その方が人との関係を見直せると思います。

 

大事なのはコミュニケーション能力か?って考えてみて下さい。

 

無理に仲良くなろうとしない

 

なんだか、小学生の入学の時に聞いたような、友達100人目指しすぎなのではって思ってしまいます。

 

学生の時に、みんなと仲良くしようなんて習いましたけど、実際は気の合う人の方が珍しいと思うんですよね。だから気の合う人が少ないと思っても気にすることはないと思います。

 

もっと正直になってもいいと思うんですよ。

 

素の自分を受け入れてくれて、それでも付き合ってくれる人と付き合えばいいと思います。

 

素直になる

 

まわりに合わせて違う自分を演じてしまったがために、今の関係性に悩んでいるのだとしたら素直に言ってみてはいかがでしょう。

 

変に思われたくないとか、一人になりたくないとか、素の自分では受け入れてもらえないなどの理由で、無理しているのであれば。

 

それで拒否られても、その後の人間関係が楽になっていいと思いますよ。

 

そんなに頑張らないと関係性を築けないなら、そういう関係性がこの先も続いていいのか、それが楽しいのか考えてみるといいと思います。

 

素直になる努力をした方が人間関係はきっと良くなりますよ。

 

自分を分かってくれる人が集まるので。

 

勇気を持つ方法を考えよう

 

コミュニケション能力より、本当の自分を話せる勇気の方が役に立つと思います。

 

言いたいことを言うための勇気、群れない勇気です。

 

なかなか自分のことを伝えるって難しいですけど、勇気を出して伝える価値はあると思います。

 

それでも素の自分を出せないような性格なら、そっちの改善をした方がよっぽど人間関係がよくなると思いますよ。

 

 

けど人間関係にこだわりすぎていませんか。

 

そんなに誰かと関係をきづきたいのか考えてみるといいと思います。

 

一人でも十分楽しい世界がひろがっていますからね。

 

 

会社は実力社会、数字を出せる人がいつも正しい

 

職場で友達をつくる必要はないし、本来は仕事の話だけすればいいですよね。

 

どうやって商品やサービスを売るのかが大事なはずなのですが、勘違いしている人が多いと思います。

 

あたかも職場内でみんなが仲良くなれば、売上があがると思っているのか、やたらとコミュニケーションをとりたがるところもありますよね。

 

そんなに暇なんだろうかって思いますけど、それが大事って思われていることが不思議でなりません。

 

仲良くなったがために、仕事に支障をきたす場合もあると思うんですよ。

 

注意がしにくくなってしまったり、頼みたい仕事が頼みづらくなったりと、コミュニケーションを必要以上に取り過ぎたために、仕事や人間関係が面倒になっていたら意味がないと思います。

 

真剣に仕事をがんばって結果を出す。そうやって必要不可欠な人になることの方が大事なのに、コミュニケーションが仕事や職場内の人間関係を悪くしているような気がしてなりません。

 

良かれと思ってやってきたことが、仕事の邪魔をしてうまくいかないなんて、会社にとっても損失だと思いますが、きっと気付いていないかもしれませんね。

 

たとえ仕事で結果を出しても無意味な人間関係で悩まないといけないなら、やめて起業しても楽しそうです。

 

 

コミュニケーション能力で職場の人間関係は良くなるの?まとめ

 

コミュニケーション能力より、やることをきっちりやる信用力が大事です。

 

そういう地道な面倒をすっとばして、コミュニケーション能力で何とかしようとしても意味がありません。

 

口だけで表面をとりつくろっても疲れるだけで嫌になるので、やるべきことをやって、そして堂々としていればいいと思います。

-ヒント

© 2021 e-きっかけブログ