学べる本

ビジネス書を速く10分で読むための2つの方法(速読ではありません)

ビジネス書をゆっくり10分で読む

 

ビジネス書を定期的に読んでいる人なら、きっと一度は思ったことがあるかと思います。

「本をもっと早く読めたら…。」

 

早く読めさえすれば、それだけ知識を深めたり、問題解決につながるヒントを、早く得ることができるようになりますよね。

それに、もっとたくさんの本を読むことができるようにもなりますし、読書以外の別なことにも、時間を使えるようにもなります。

 

欲しい情報を早く見つけられるようになれば、早くヒントを得られた分だけ、すぐにビジネスに活かせたりもできるようにもなります。

ですから、早く読めて損はありません。

 

そもそもビジネス書を、じっくり読むこと自体が好きな人にとっては、早く読むなんてことは、どうでもいい話なんでしょうけど、忙しく時間のない人や、内容を早く頭に入れたい人にとっては、早く読めるというのは、課題だったりもします。

ですから、ビジネス書を10分で読みたいなら、いい方法があるので、気になったら読み進めてみて下さい。

 

1冊を10分で読書するためのおすすめの方法

1冊を10分で読むからといって、速読をおすすめするわけではありません。

ここで紹介しているのは、毎日10分だけ、少しずつ読んでいくなんて、本末転倒なやり方でもありません。

 

もっと簡単な、他力本願的なやり方です。

要は、誰かが読んだビジネス書の内容を、教えてもらえばいいんです。

 

ビジネス書を読む目的は、あくまでも自分の欲しい情報、使える情報を手に入れることです。

すべてを自分で読むことが目的ではありません。

 

ですから、誰かに教えてもらっても問題ありませんよね。

 

ビジネス書を早く読むための2つのやり方

誰かに本の内容を教えてもらうには、読書仲間を見つけて、教え合うことでも可能ですし、本のレビューを書いているサイトを見つけて、そこを利用することでも早く読めるようになります。

  • 読書仲間を見つけて、教え合う
  • 本のレビューサイトを見つけて利用する

 

教え合う場合は、自分でも読まないといけなくなりますが、効率は断然よくなりますし、誰かに教えるとういうことで、しっかり内容が頭に入り、理解度が上がるという、おまけもついてきます。

ですが、10分で読めるようにするために、おすすめするのは、本の要約サイト「本の要約サービスflier(フライヤー)」を利用することです。

 

1年間で発売されているビジネス書は、約6000冊あります。

今までの本も含めると、膨大な数になるのは言うまでもありません。

 

それに、自分だけの力で読んでいくと、自分にとって良書となるかもしれなかった本を、取りこぼしていってしまいます。

ですが、どんなに早く読んだところで、はっきりいって、時間がありません。

 

そんな時に利用できるのが、フライヤーです。

忙しいビジネスパーソンのために、10分で読めるように、本の内容を要約してくれています。

 

それに評価の高いビジネス書を要約しているので、自分でたくさんある本の中から、探す手間も省けてしまいます。

自分でしっかりと読みたい場合には向かないやり方ですが、時間を節約したい、次に読む本を探したい場合にも使えますよ。

 

ただデメリットを感じる人もいると思います。

そんなことをすれば、自分の欲しい情報を逃す可能性が出てくるのではないかと。

 

ですが、問題ありません。

 

要約でも問題ない理由は4点

  • すべての本を読めるわけではない。
  • 内容がすべて頭に残るわけではない。
  • 自分の欲しい情報は、限られている。
  • 自分にとっての良書になるか分からない。

 

すべての本を読めるわけではない

1つめは、一生かかっても全ての本を読めるわけではないということです。

毎年何千冊も発売されている本ですら、すべて読むなんて不可能です。

 

それが例え、早く読めたとしてもです。

1日10冊読めたとしても、年間3650冊。

 

そもそもたくさんの情報の中から、自分にとっての役立つ情報を探すのは大変ですし、すべてを読み切るような時間もありません。

ですから、要約でしたら自分で読んでいては読めなかった、出会えなかったであろう本の内容を、簡単に知ることが出来るようになります。

 

内容がすべて頭に残るわけではない

もう1つは、本をはじめから最後まで全部読んだからといって、内容が全て頭に残るわけではありません。

ですから、自分で1冊どんなに早く読めたからといっても、すべての情報を利用できるわけがないんです。

 

それなら、誰かに内容を教えてもらっても問題ありませんよねってことです。

たとえ自分で早く読めたとしても、それなりに時間はかかります。

 

ですが、早く読むことに、実はそんなに意味はありません。

なぜならビジネス書を早く読むことが目的ではなく、今の自分にとって、必要な情報を手に入れるために読んでいるのですから。

 

早く読むことに否定的な人は、きっとこういった理由もあるんだと思います。

早く読めても、内容が頭に入らなければ意味がないと。

 

ですから、要約でも自分の欲しい情報が手に入るなら、それで十分問題ありません。

 

自分の欲しい情報は、限られている

しかも、その必要な情報っていうのは、意外と少ないですよね。

ほんのちょっとしたきっかけ(情報)が得られれば、解決できてしまったりするはずです。

 

本の要約をおすすめするのは、前提として、全てを記憶しておくことは出来ないからです。

そして、要約であれば早く欲しい情報にアクセスできる可能性があります。

 

自分にとっての良書になるか分からない

そしてさらに、がんばって読んでも、それが自分にとって、その本が良書になるかどうかも分かりません。

読書が無駄になる本なんて、ほとんどないと思っていますが、何度も読み返したくなるような、自分にとっての良書になる本は、さらに一握りです。

 

そもそも、自分の欲しい情報が手に入れば、良書である必要はないのですが、せっかく時間をかけて読むなら、良書であってほしいですよね。

ですから、要約でなら、短い時間で読めてしまうので、時間を無駄にすることなく内容を把握することができます。

 

評価の高いビジネス書を要約している点でも、自分にとっての良書に出合える確率が高くなるかもしれません。

 

1冊すべて自分で読む必要はない

1冊すべて自分で読む必要はない

 

一冊読もうと思えば、人それぞれですが、時間がかかってしまうものです。

ですから、なかなか時間がとれなくて、読書できないとか、読みはじめても、読み切る前に途中で時間がとれなくなり、間があいて内容が分からなくなったりですね。

 

そうなってくると、本を読むこと自体を諦めてしまう場合もあるかと思います。

ですが、早く読めれば、それだけ読み終える可能性は高くなります。

 

何日もかけずに読み終えるようになるので、内容も入ってきやすいですよね。

ですが、そもそもそうやって1冊、すべて読む必要があるのかってことです。

 

問題解決のために読んでいる場合でも自分の欲しい情報は、そう多くありません。

1つのアイデアだったり、1つのやり方、情報で、解決できるなんてことはたくさんあります。

 

それに、全てを記憶できるなんてこともありません。

どんなにじっくり読んだところで、いずれ忘れていくのは同じです。(その情報を利用していなければ)

 

ですから、1冊読むことをやめればいいんです。

 

要約でもいいものは要約ですませても問題ないのです。

すべて自分で読まなければいけないという、完璧主義をやめれば、もっとたくさんの情報を手に入れられるかもしれません。

 

そんな時に利用できるのが、本の要約サイトなんですよね。

 

ビジネス書は、早く読めればいいというわけではありません。

ビジネス書を読む意味は、仕事での問題を解決したいからです。

 

その方法さえ得られれば、最後まで読む必要はないですし、早く読めるようになる必要もありません。

なぜなら、さきほども言ったように、最後まで読んだからと言って、内容を全て覚えているかといったら、ほとんど覚えていないからです。

 

必要な時に、必要な情報だけ

欲しい情報と、気になった箇所くらいは覚えていますが、その情報も使わなければ、時間と共に忘れてしまいます。

ですから、必要な時に、必要な情報だけ抜け出せればいいんです。

 

ビジネス書は、問題解決のために読むことがほとんどなのですから。

知らない知識を学ぶためだとしても、全てを記憶するのは難しいです。

 

となれば、本の要約で学んで、どうしてももっと詳しく知りたいと思ったら、その本を買ってじっくり読めばいいんです。

自分の知りたいと思う内容が、その本に書かれていることが分かっているわけですから、無駄にお金を使うこともなくなりますよね。

 

まとめ

 

ビジネス書を読む目的は、早く読めるようになることではありません。

自分の成長に役立つことや、欲しい情報を、1つでも手に入れるための読書です。

 

ですから、1冊のビジネス書を、自分ですべて読む必要はないのです。

読書仲間を見つけるか、自分にあった信頼のおけるレビューサイトを見つけるか、サービスとして提供することを目的とした、本の要約サイト、フライヤーを利用するなどで、早く読めるようにするのが近道です。

 

速読スキルを手に入れることもいいのですが、それにも時間がかかりますので、サービスを利用するのが手っ取り早いかと思います。

 

1冊10分で役立つ情報を手に入れたいなら、おすすめです。↓

ちなみに、音声版もあるので、読む必要もなかったりします。

本の要約サービスflier(フライヤー)

 

200万冊読み放題の、電子書籍のサービスを利用するのもオススメです。

月額なので、1冊全部読まなくても、読みたいところだけ読んで次の本、なんてことが気楽にできるのが素晴らしいですね。

電子書籍Kindle Unlimitedはこちら

 

忙しくて、あまり時間がとれないけど、それでも自分を成長させたいと思っているなら、利用してみて下さい。

きっと役に立つと思いますよ。

 

よく読まれている記事

ライアーライアー 1

ライアー×ライアー   映画版ライアーライアーで、一番印象に残ってしまったセリフが、烏丸くんの言った「気持ち悪い」なんですよね。 なぜなら、いつの間にか、嬉し涙ってやつ?が目に溜まっていて、 ...

Amazon music 2

  Amazonミュージックは、スマホで聴く分には、アプリをダウンロードするだけなので、問題なく聴くことができますが、もしTVで曲をかけたいと思ったのなら、参考にしてみて下さい。 もしかする ...

チョコバットエースの当たりを応募 3

目次ようやくあたった「エース」応募の仕方景品が届くまでの日数チョコバットエースの景品ネタバレ~チョコバットエースの景品チョコバットの注意点チョコバットの恐ろしい秘密   ようやくあたった「エ ...

他人の評価はゴミ以下で、どうでもいい 4

他人の評価はゴミ以下で、気にするだけ無駄だということが分かります   ココがポイント 他人からの悪口や文句は、リサイクルもできない価値なしのゴミ。   面と向かって、もしくは知らな ...

映画「プラットフォーム」 5

プラットフォーム(字幕版)   映画プラットフォームのシステム   プラットフォームは、出入り口のない各部屋に、2人の人間が入れられています。 あるのは蛇口とトイレ、ベッドが2つだ ...

iiyamaモニター横型画面 6

  iiyamaモニターの開封レビューです   今回購入したのは、iiyamaのProLite XUB2493HSUになります。 画面を簡単に、くるっとまわして横型にも縦型にもでき ...

マスカレード・ホテル 7

マスカレード・ホテル   マスカレードホテル【映画】は、犯人がすぐに分かります。 もしかすると、分かりやすいようにしているのかも!?って感じもします。   著者、東野圭吾のマスカレ ...

魔入りました!入間くん 8

第1話 悪魔学校の入間くん   魔入りました!入間くんってどんなアニメ?   単刀直入にいいますと、すごく面白いです。 内容説明するまでもなくオススメです。 絵のタッチとか、紹介内 ...

すぐに結果を求めることをやめると習慣にできる 9

すぐに結果を求めることをやめると習慣にできる話   何かしら行動を起こそうとしたり、起こしたりすると、すぐに結果を知りたくなりますよね。   そのせいもあって、すぐすぐ結果を求める ...

格安SIM料金比較 10

  毎月のケータイ代が安くなる、格安SIMを提供している14社を比較してみました。 最安プラン順に表記しているので、分かりやすいかと思います。   ※ページ内で表記している料金は、 ...

-学べる本