foods、drink

もはやおかずでしょ!ハッシュドポテト<コクうま塩>レビュー感想

ハッシュドポテト<コクうま塩>のパッケージ

 

ハッシュドポテトなんて、もはや「おかず」ですよね。

湖池屋は、総菜屋さんになりつつあるようです。

 

おかずを、手軽に食べられるようにしてくれていますよ。

 

ハッシュドポテト<コクうま塩>

 

開封時の香りが、すでにうまさを物語っています。

ポテトチップスやポテトフライなんかとは、また香りが全然違っていて、すごく濃厚なじゃがいもの香りを、味わうことができます。

 

ハッシュドポテト<コクうま塩>は、中を見なくてもハッシュドポテトが入っているのが分かる香り

 

それに、中を見なくても、ハッシュドポテトが入っているのが、丸わかりってくらいの違いの分かる香りです。

思わず袋に、鼻を突っ込んで嗅いでしまいました。笑

 

見た目は、細切りのポテトを集めて、ぎゅっと四角に成形したような形をしています。

ですからガリガリ、ザクザクと、単調ではない複雑な食べごたえがあります。

 

ハッシュドポテト<コクうま塩>の歯ごたえは気持ちいい

 

通常のハッシュドポテトは、柔らかくふんわりしている食感ですが、ガリガリと歯ごたえ良く食べられるハッシュドポテトも、美味しいのでありですね。

頭に響く噛み心地が、歯ごたえあって気持ちがいいです。

 

ハッシュドポテト<コクうま塩>は、うま味を噛みしめられる厚み

 

一口サイズの食べやすい大きさですし、ザクザクとじゃがいもを、噛みしめられるくらいの、ちょうど良い厚みになっているので、しっかり旨みを味わうことができます。

それに塩によって、じゃがいもの甘みも、しっかり感じられる味付けになっているんですよね。

 

ハッシュドポテト<コクうま塩>は、塩加減が絶妙で甘みも感じられる

 

塩加減が絶妙なので、じゃがいもの甘味がしっかり分かるほど、甘味を引き出してくれています。

コクうま塩ってものみたいですけど、塩っけでじゃがいものうま味だけでなく、甘味も引きだしているんですから、すばらしおですね。(……はい。)

 

見た目がどうであれ、同じじゃがいもを使っているんですから、この手のお菓子は、ポテチと同じような味だろうって思ってしまいますが、ポテチとは全く違った、じゃがいものうまさを味わえます。

ですから全くの別物だと思っていいです。

 

ちょっとポテチにも飽きてきたなぁって時に、摘まんでみると、また違ったじゃがいもの、うま味に気づけると思いますよ。

 

原材料やカロリーなど

ハッシュドポテト<コクうま塩>の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

ポテトスティック(馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油)、食塩、食物繊維、ぶどう糖、デキストリン、たんぱく加水分解物(鶏肉を含む)/糊料(プルラン)、調味料(アミノ酸等)、香料(りんご由来)

 

栄養成分表示 1袋(50gあたり)はこちら

エネルギー263kcal、たんぱく質2.4g、脂質14.8g、炭水化物30.2g、食塩相当量1.1g

 

ハッシュドポテト<コクうま塩>

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ