foods、drink

こんなお菓子誰が買う?って思っていた、堅焼きビーノ<うましお味>レビュー感想

堅焼きビーノ<うましお味>のパッケージ

 

子供の頃、こんなお菓子誰が買うんだろうって思っていました。

何せ野菜だしみたいな。

 

なぜに、えんどう豆をお菓子で、味合わなければいけないんだみたいな。

イメージって怖いですよね。

 

なぜ、お菓子になっているのかって考えもしなかったです。

お菓子になって、ずっと売れ続けているくらいですから、それだけの理由があるんですよね。

 

どんなに美味しくなさそうに見えても、イメージだけで食べないなんて、もったいなさすぎる…。

って言うことを学んだお菓子が、ビーノです。

 

ビーノ先生のおかげで、さまざまなお菓子に、手をだすはめになったともいえますが…。

 

堅焼きビーノ<うましお味>

 

えんどう豆系のお菓子って、優しい香りがしますよね。

ビーノは、癒されるといいますか、自然な感じの香りなので、スッキリとした嫌みがない香りを漂わせています。

 

といっても、好き嫌いがハッキリ別れそうですけどね。

優しさで出来ている、みたいな雰囲気を漂わせていますので、個人的にはかなり好きな香りなんですけど。

 

お菓子は基本的に、体に悪そうな感じがするので、ビーノはその辺から違うんですよね。

 

堅焼きビーノ<うましお味>は優しい香り

 

ただ見た目は、色的にパッとしないですし、なんか美味しそうには見えません。

食べると、すごく美味いんですけどね。

 

この堅焼きビーノの食感は、言うまでもないですね。

サクサクとした軽い感じではなく、力強いボリボリ系になっています。

 

堅焼きビーノ<うましお味>は、食べごたえ抜群

 

ですから、しっかりした硬さがあるので、食べ応えはバツグンです。

かといって、せんべいみたいな硬さではないですよ。

 

いい感じで、しっかりした噛み応えのある音を、頭に響かせてくれる硬さなだけであって、硬いものが苦手な人でも大丈夫だと思います。

1つ1つをしっかりと、噛み締めて食べたくなる堅さなので、食べ過ぎも防いでくれますよ。

 

食べるペースがスローになりますし、味をしっかり堪能したくなってしまう硬さって感じです。

 

堅焼きビーノ<うましお味>しっかり味わいたくなる堅さ

 

ビーノは、優しい香りですし、口に入れた時も、塩味しかしません。

他のお菓子とは違って、一気に味が広がって、どんどん薄くなっていく、みたいな感じとは違います。

 

しっかり噛み締めていって、はじめてえんどう豆のうまさが、じわじわーっと吹き出してくるんです。

これが、なんとも言えないうまさを、運んで来てくれるんですよね。

 

塩とえんどう豆だけで、抜群のうまさを出しています。

 

堅焼きビーノ<うましお味>は、あとからじわじわ美味さがくる

 

後味には、口いっぱいにえんどう豆の味が広がっていて、嫌な感じのないスッキリした味わいが残ります。

ですから、食べたあとも、気分良くいられるお菓子ですね。

 

絶対食べないと思っていたお菓子でしたけど、親が食べているのをもらってから、考え方が変わりました。

これは、食べてみないとダメですね。

 

イメージで損してしまっているお菓子ですけど、このやさしさには、ハマると思います。

食べるペースを落として、しっかり噛み締めたいって人にも、堅焼きビーノはおすすめです。

 

原材料やカロリーなど

堅焼きビーノ<うましお味>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

えんどう豆、植物油脂、食塩、ブドウ糖、デキストリン、たんぱく加水分解物、昆布エキス、乳糖、香辛料、かつお節パウダー、いわし煮干パウダー、宗田節パウダー/卵殻Ca、調味料(アミノ酸等)、香料、(一部に卵・乳成分・小麦・鶏肉・豚肉を含む)

 

栄養成分表示 1袋(70gあたり)はこちら

エネルギー318kcal、たんぱく質14.6g、脂質10.9g、炭水化物40.4g、食塩相当量0.8g

 

カロリーは、そこそこしますが、タンパク質の量がなかなかに優秀ですよね。

それに、お菓子って感じがしない点も、好印象です。

 

ポテトはお菓子って感じがするのに、ビーノは違う印象になるのが不思議ですけど。

ノンフライですっきりした味わいです。

 

堅焼きビーノ<うましお味>

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ