本記事には広告も含まれています。

キャンプギア

フィールドア(FIELDOOR)インフレーターマット10cmの開封レビューを写真で解説

 

インフレーターマットの選ぶ基準は、ほとんどの場合厚みだと思います。

厚みを何センチにするべきかで、睡眠の質につながってくるので、キャンプを快適にできるかどうかが、決まるといっても過言ではありません。

 

ですから、私は厚み10cmのものを購入しています。

持ち運びや収納を、最も重視している場合には参考にならないと思いますが、睡眠の質を重視していて、10cmのインフレーターマットが気になっていたら、参考にしてみてください。

 

ちなみにインフレーターマットとは?を少し解説↓

インフレーターマットは、中にクッション材が入っていて、空気弁を開けると、自動で膨らむようになっているマットレスのことです。

エアーベッドとの違いは、中にクッション材が入っていることで、クッション材が空気を含んで、自動で膨らんでいく構造になっている点ですね。

そして空気を抜くと、割とコンパクトにもたためます。

 

フィールドア(FIELDOOR)インフレーターマット10cmの開封レビュー

 

製品名は、フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmです。↓

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmの荷姿

 

フィールドアは、段ボールではなく、袋に入った状態で届きます。

しかもサイズが大きいだけあって、コールマンと比べても、だいぶ大きいですね。

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmとコールマンのインフレーターマット比較

 

開封した方がより分かりやすいかと思います。↓

同じ10cm厚みのインフレーターマットですが、横幅が7cmほど違いますので、だいぶ大きく感じます。

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmとコールマンのインフレーターマットの中身比較

 

そして、マットの長さとしては、2cm違いの200cmです。

にも関わらず、収納時サイズの縦幅が全然違います。

 

他のインフレーターマット(コールマン、VASTLAND、WAQ)は、手を広げたくらいのサイズ感でしたが、フィールドアは、だいぶ大きいですね。↓

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cm、収納時サイズの大きさ

 

フィールドアのインフレーターマットの色は、コールマンと同じく1色で、ブラウンのみとなっています。

好きな色が選べないというデメリットは確かにあるんですけど、色で悩まなくてもいいという側面もあるので、解釈は人それぞれですね。

 

ただ表裏で色が違うので、2色といってもいいかもしれないですけど。

価格は、非常に良心的で、サイズが大きいにも関わらず、9,460円です。(ちなみに私はSALEで8,910円で購入しました)

 

土色といいますか、落ち着いた色ですので、寝るときも違和感はないと思います。

 


 

フィールドアのインフレーターマットは、横チャックの収納袋に入っているので、取り出しがしやすいです。(縦入れは若干面倒なので)

そして、同じ横チャックの収納バッグが付いているWAQとは違い、そのまま収納バッグに入っているので、収納袋がエアーポンプになっているタイプでありません。

 

フィールドアフィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmの収納時のサイズ感(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cm

 

収納バンドは、マジックテープバンドではなくゴムバンドになっています。↓

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmの収納ゴムバンド

 

エアーポンプの袋は、インフレーターマットと一緒に巻かれて収納されています。↓

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmは、別で空気入れが付いている

 

広げただけの状態でも、意外とふかふかした感じが伝わってくるマットになっています。↓

ですから、中のウレタンが肉厚っぽく感じますね。

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmを広げた状態

 

そして、一番の違いは、エアバルブです。

他の10cmインフレーターマットと違って、ちょっと面倒なエアバルブになっています。↓

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmのエアバルブ

 

といっても、蓋を取るだけなんですけど、ちょっと面倒かなって感じの、2重蓋になっています。

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmのエアバルブの使い方

 

一番下の2つ目のキャップをとると、マットを自動でふくらませることができます。↓

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cm、エアバルブの2つ目のキャップ

 

そして、ある程度ふくらんだら、2つ目のキャップをしめて、1つ目のキャップを開け、付属のエアーポンプで調整していきます。↓

逆止弁なので、この状態では、空気は抜けません。

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmの1つ目のキャップ

 

そこに、別で付属しているエアーポンプを取り付けます。(ちょっと接続固めです)↓

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmにエアーポンプを取り付け

 

エアーポンプは、コールマンのと似ていて、空気の取り込み口が、パッチンバンドみたいな感じになっています。↓

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cm付属のエアーポンプ

 

ですから、巻いて空気を送りやすくなっていますので、非常に便利です。↓

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmのエアーポンプ使用感

 

フィールドアも、すごくよく考えられていると思います。

それに、元々が購入時段階で、膨らみ具合がいい感じなので、そんなに労力がいりません。

 

といっても、今回も電動の空気入れは使いました。

専用の空気入れではないので、ちゃんとはまるわけではありませんが、吸気モードで空気が出てくるわけでなはいので、何も問題はありませんでした。

 

空気を入れると、こんな感じですね。↓

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmに空気を入れた状態

 

角までしっかりとふくらみ、見た目の形もかっこいいです。

それに、厚みがしっかりとあって、見ただけで、寝心地のよさそうなのが分かるかと思います。↓

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmの厚み

 

反発力もしっかりとあって、体の沈み込みを押さえてくれます。

厚み10cmもあるので、寝てみても全く底つきしないので、地面を気にせず、とても快適に寝ることができます。

 

それに、表裏で色もちがいますが、触り心地も違います。↓

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmの表

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmの裏

 

表面のフィールドアのロゴがある方は、フェルト生地っぽい感じで、ふかふかした温かみのある触り心地になっていますし、わりと柔らかげな感じがします。

心地よい寝心地で、しっとりとした気分になれますね。↓

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmの使用時表

 

ですが、裏面は、シートっぽい手触りで、体感として冷たく固めな感じに感じます。

ですから、汚れや水気をはじきそうな、そんな雰囲気があります。

 

個人的には、裏の色の方がかっこいい気がしなくもないですね。↓

 

フィールドア(FIELDOOR)エアーポンプ付属キャンプマット10cmの使用時裏

 

春夏は裏面を使って、秋冬は表面を使うとよさそうな質感になっています。

専用のシーツはないので、汚したくない場合には、シーツを別途探さないといけません。

 

ですが、マットの生地は汚れても、簡単に拭き取ることができるようになっているみたいです。

フィールドアのまくらはあるので、フィールドアのインフレーターマットを検討中であれば、一緒に買っておいてもいいかと思います。

 


 

フィールドアの保証、仕様

1年間の製品保証が付いています。

説明書も、しっかりとしたものが付属しています。

 

シングルサイズの仕様・特徴

【製品サイズ】使用時:約縦200× 横75×高さ10cm、収納時:約横75cm×高さ30cm

【重量 】約 3.5kg

【材質】本体:ポリエステル、高密度ウレタンフォーム、エアーポンプ:40D リップストップナイロン

【セット内容】:マット本体、収納バッグ、エアポンプ、収納バンド×2

 

厚み10cmに加えて、幅も75cmあるので、寝返りが非常に打ちやすく広いです。

マットの幅を気にして、寝返り打つたびに落ちないよう意識することがありません。

 

この点でも、睡眠の質を上げることができます。

他のインフレーターマット(上からコールマン、VASTLAND、WAQ)と比べると、横幅が5~7cmほど広いので、より快適な広さになっています。

 

実際に比べても、この差は意外と大きかったりします。↓

インフレーターマットのサイズ比べ

 

目覚めて体がバッキバキとか、疲れがとれない状態での1日をはじめたくないなら、厚み10cmで幅のあるものをおすすめします。

そして、より広い広さで、気だるさなくしっかりと寝たいなら、フィールドアの厚み10cmですね。

 

キャンプを楽しいものにするためにも、厚み10cmのインフレーターマットを検討してみてはいかがでしょうか。

 


 

キャンプギアの普通にいいものを、安く提供しているイグニオは、さらに値下げされた価格で購入できたりするので、キャンプするなら、とりあえずチェックをおすすめ。圧倒的にコスパがいいです。

【最短翌日配送】アルペン公式オンラインストア


キャンプはかっこつけるためのものでもないけど、キャンプギアの見た目がいいと気分が上がるのも事実。有名メーカーを含め、だいたい揃うキャンプギアサイト。



キャンプのおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメ。

無料動画配信サービス7つも含めてご紹介

-キャンプギア