本記事には広告も含まれています。

キャンプギア

WAQ RELAXING CAMPMAT シングル インフレーターマット10cmの開封レビューを写真で解説

 

インフレーターマットの選ぶ基準は、ほとんどの場合厚みだと思います。

厚みを何センチにするべきかで、睡眠の質につながってくるので、キャンプを快適にできるかどうかが、決まるといっても過言ではありません。

 

ですから、私は厚み10cmのものを購入しています。

持ち運びや収納を、最も重視している場合には参考にならないと思いますが、睡眠の質を重視していて、10cmのインフレーターマットが気になっていたら、参考にしてみてください。

 

ちなみにインフレーターマットとは?を少し解説↓

インフレーターマットは、中にクッション材が入っていて、空気弁を開けると、自動で膨らむようになっているマットレスのことです。

エアーベッドとの違いは、中にクッション材が入っていることで、クッション材が空気を含んで、自動で膨らんでいく構造になっている点ですね。

そして空気を抜くと、割とコンパクトにもたためます。

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングル インフレーターマット10cmの開封レビュー

 

製品名は、WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmのブラックになります。↓

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmの箱

 

他のインフレーターマットと違って、ずいぶんと大きな箱で届いたので、ちょっと焦りましたけど、持ってみるとすごく軽かったので安心したインフレーターマットです。

中身は、ほぼ緩衝材がしめていました。↓

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmの箱開封

 

2023年3月出荷からの新色、「ブラック」を含め、タン、オリーブ、ブラックの3色から選べるようになっています。

今回は、新色ブラックのレビューです。

価格は、14,800円です。

 

厚みが10cmともなると高めな価格ですが、それ以外にも機能性や付属品、そして快適性がその分上がりますし、同じ10cmの厚みでもブランドによって、内容が違います。

その点も解説しています。


ちなみに、厚さ10cmと8cmでは価格差が激しく、かつ厚み8cmのものは、「オリーブ、タン、ネイビー、ブラック」の4種類の色から選べるようになっています。

たったの2cm違いですが、寝心地も機能性も全く違いますので、おすすめは10cmです。


 

WAQのインフレーターマットには、とくに説明書は付いていません。↓

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmの収納時

 

10cmのインフレーターマットになると、約3kgとそれなりに重くなる?とは思うのですが、持ち手がついているので、肩にかけたりなどもでき、持ち運びが楽です。

持ち手は、長さ調整もできるので、この時点でも親切設計なんですよね。

 

しかも、バックルまでついています。↓

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmの持ち手

 

出すときは、バックル外してからの、横チャックになっています。

ですから、縦収納ではないので、インフレーターマットの出し入れが、非常に楽です。

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmの収納袋は横開け

 

と思っていたら、さらに収納袋に入ったインフレーターマットが入っていました。↓

通常のインフレーターマットは、バッグなしの収納袋のみで収納されていますが、WAQはさらに、厳重になって収納されています。

 

収納バッグ+収納袋(空気入れ)+インフレーターマットって感じです。

収納袋は手動での空気入れもかねているので、穴が空いたりしないように、バッグで守っているのかもしれません。

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmの収納袋の中

 

ですから、結局は、縦収納になりますね。(2回目からは、収納袋にいれずに、そのままバッグに入れてもいいかもしれません。)

そしてWAQは、LINE登録すると、メーカー保証が2年に延長されるタグが付いていました。

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmの二つ目の収納袋

 

収納時のサイズは、手を広げた状態よりも大きめです。(ちなみに、私の手は小さい方です)↓

といっても、収納袋に入れやすいよう、余裕のある収納袋なので、ちょっと大きめに見えているだけっていうのもあります。

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmの収納サイズ

 

収納バンドは、ゴムではなくマジックテープバンドになっています。(こちらの方が便利です。)↓

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmを止めているバンド

 

WAQのインフレーターマットは、広げただけの状態でも、厚みを感じました。

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmを広げただけの状態

 

空気の取口は、大きめのエアバルブが一つついています。

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmのエアバルブの蓋

 

このエアバルブが非常に便利なんですよね。

エアバルブの蓋を開けると、こんな感じでつまっていて、これで空気が入るの?って思ってしまいます。

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmのエアバルブ、排気モード

 

この状態は、「排気モード」といって、インフレーターマットを収納するときに使います。↑

ですから、中の空気は外に出せますけど、中に空気が入っていかないようになっているので、この状態では、ふくらむことはありません。

 

そして、この中にある黄色のふたは、端を押すと、クルッと回るようになっています。

忍者屋敷のどんでん返しのような感じですね。

 

この状態が「開放モード」です。↓(空気の出し入れ自由)

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmのエアバルブ、開放モード

 

この状態で、少しインフレーターマットをふくらませます。

そして完全に裏側にすると、空気を自動で取り込む「吸気モード」になります。↓

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmのエアバルブ、吸気モード

 

空気はインフレーターマットに入っていくけど、出ていかない構造ですね。

この状態にして、自動でふくらむのを放置して待ちます。

 

出荷時は、しっかりと圧縮されているせいか、あまりふくらみませんが、そこまで酷い感じではありませんでした。

 

ちなみに説明書はついていませんが、他のインフレーターマットと同じく、バルブを吸気モードにして、バルブ側から巻いていくことで、奥に空気をもっていき、また広げて放置するといったことを繰り返すと、ふくらみやすくなります。

もしくは、気温の高い場所、天日干しして放置とかすると、いいみたいです。(気温の低いところでは、膨らみにくいみたいですので。)

 

厚み10cmのインフレーターマットの収納袋は、空気入れにもなっています。↓

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmの空気入れ

 

収納袋の底についている接合部分をはめて、空気を手動で送り込むことができます。↓

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmの空気入れ使用

 

やってみると、空気の入っていく感じが、意外と楽しいです。

ですが、時間がかかりそうだったので、電動の空気入れを使ってみました。

 

もちろん、専用の空気入れではないので、ちゃんとはまるわけではありませんが、吸気モードで空気が出てくるわけでなはいので、何も問題はありませんでした。↓

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmに電動空気入れを使ってみた

 

空気を入れると、こんな感じですね。↓

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmに空気を入れた状態

 

角までしっかりとふくらみ、見た目の形もかっこいいです。

厚みがしっかりとあって、見ただけで、寝心地のよさそうなのが分かると思います。↓

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmの厚み

 

反発力がしっかりとあって、体の沈み込みを押さえてくれます。

厚み10cmもあるので、寝てみても全く底つきしないので、地面を気にせず、とても快適に寝ることができます。

 

そして何より、触り心地がものすごくいいです。

ふんわりふかふかとした質感で、気持ちよさが抜群ですね。

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmの寝心地は抜群にいい

 

ただちょっと、気になる点でいえば、触り心地のいい、ふんわりふかふかなので、汗かく季節だと、ちょっと汗で汚れないか、気になってしまうかもしれないです。

冬場は、シュラフに包まれるので、問題ありませんが。

 

ちなみに、WAQは、専用の枕やカバーが別売りされています。

カバーをかけると、触り心地がどう変化するのか分かりませんが、インフレーターマットへの直接の汚れが気にならなくなると思うので、気になる方は、検討してみた方がいいかと思います。

 

インフレーターマットと違って、カバーは洗濯することができるので、衛生的に使うことができ、シュラフを使わない夏場は特に便利ですね。


 

それと、WAQのまくらは、評価が高いので、一緒に購入してもいいかもしれません。


あと、気になる点でいいますと、ブラックの場合は、ほこりが付いたときに目立ちます。

それと何度もいいますが、ふんわりふかふかの触り心地のいいマットなので、ほこりがつきやすい感じがしました。

 

といっても、気になるほどではないかもしれませんが。

 

WAQの保証、仕様

WAQは、30日間の返品保証に加え、初期不良は無償で交換対応してくれていますし、1年間の製品保証も付いています。

さらに、LINE登録で保証は2年に延びます。

 

シングルサイズの仕様・特徴

【製品サイズ】使用時:約 長さ200cm×幅70cm×厚さ10cm、収納時:約横72cm×高さ22cm

【重量 】約 3kg

【材質】本体:表記なし、収納袋:表記なし

【セット内容】:マット本体、エアバッグ、収納ケース、補修用キット

 

厚み10cmに加えて、幅も70cmあるので、寝返りが打ちやすいです。

マットの幅を気にして、寝返り打つたびに落ちないよう意識することがありません。

 

この点でも、睡眠の質を上げることができます。

目覚めて体がバッキバキとか、疲れがとれない状態での1日をはじめたくないなら、厚み10cmで幅のあるものをおすすめします。

 

キャンプを楽しいものにするために、厚み10cmのインフレーターマットを検討してみてはいかがでしょうか。


 

ほぼ同じ価格のインフレーターマット比較

 

ちなみに、WAQとほとんど同じ価格のインフレーターマットといえば、VASTLANDのキャンプフィットインフレーターマット シングル 10cmです。↓

 

WAQ RELAXING CAMPMAT シングルサイズ 10cmと、キャンプフィットインフレーターマット シングル 10cmの比較

 

マットサイズや形、エアバルブの形状も同じです。

違いは、マットの質感と、専用カバーが付属しているかいないか、収納ケースの違いといったところです。

 

VASTLANDのインフレーターマットは、専用カバーをかけている状態です。

はっきりいって、どちらも素晴らしいマットですが、寝た感じの肌触りだけでいえば、WAQに軍配が上がりますね。

 

VASTLAND インフレーターマット10cmの弾力
VASTLANDのインフレーターマット10cmの開封レビューを写真で解説

  インフレーターマットの選ぶ基準は、ほとんどの場合厚みだと思います。 厚みを何センチにするべきかで、睡眠の質につながってくるので、キャンプを快適にできるかどうかが決まるといっても過言ではあ ...

続きを見る

 

キャンプギアの普通にいいものを、安く提供しているイグニオは、さらに値下げされた価格で購入できたりするので、キャンプするなら、とりあえずチェックをおすすめ。圧倒的にコスパがいいです。

【最短翌日配送】アルペン公式オンラインストア


キャンプはかっこつけるためのものでもないけど、キャンプギアの見た目がいいと気分が上がるのも事実。有名メーカーを含め、だいたい揃うキャンプギアサイト。



キャンプのおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメ。

無料動画配信サービス7つも含めてご紹介

-キャンプギア