ヒント

モヤモヤする不安を解消して、さらにわずらわされなくする方法

モヤモヤする不安を解消して、さらにわずらわされなくする方法

この不安をどうにかしたい!を解決

 

胸のあたりで、ずっとモヤモヤしているものがあるけど、ハッキリしないといいますか、見ないようにしている、考えないようにしていることってありませんか。

ほっとけば、そのうち消えると分かっていても、その気持ち悪さは拭えないですよね。

しかも、ほっといたせいで、その不安になっていることが起きてしまうこともあり、後々後悔するなんてことになったりする場合もあります。

ですから、そういったモヤモヤした不安が起きたときに、どう対処すればいいのか、どうやって解決すればいいのかを解説しました。

 

結論

  1. 紙やスマホのメモに書いて見えるようにする
  2. すぐに解決できるのか、そうでないのか振り分ける
  3. どうやったら解決できるのか考えて書く
  4. 行動する

 

見えるようにするだけで解決する不安もありますし、行動すると大抵の不安は消えてなくなります。

なぜ、わざわざ書いた方がいいのかの理由も解説しましたので、気が向いたら読んでみて下さい。

 

頭の中を見えるようにしてあげる

 

書き出す

まずは、ノートとペンを準備して、何を不安に思っているのか、思いつく限り書き出します。

目で見えるようにしてあげると、漠然とした不安になっているものが表に出てきます。

頭の中だけで解決しようとすると、考えていることは、そういった不安だけではないので、ごちゃごちゃしてしまいます。

ゴミ箱に手を突っ込んで、探し物をしているような感じでしょうか。

 

ですから、見つけたと思っても、今度は他のことが気になって、それをまた手放し、また探して、そういえばさっきのどこにいったっけみたいなことが起こります。

普段からさまざまなことを考えているので、あれもしないといけない、これもしないといけない、今日が締め切りのものは、なんて考えているので、グルグルまわってしまうんですよね。

次から次へと出てきてしまいますので、一旦書いて分かりやすくします。

 

書くものがなければ、スマホのメモ機能を使うのもいいと思います。

書いた方が記憶に残りやすいのですが、スマホのメモでしたら、また同じようなことが起きた時に検索できるので、問題ないかと思います。

 

振り分ける

不安に思っていることを書き出したら、振り分けます。

  • すぐに解決できること
  • すぐに解決できない将来の漠然としたこと
  • 自分ではどうしようもないこと

 

見えるようになった瞬間に解決する不安もありますよね。

なんでこんなことに、不安を感じていたんだろうってことが、分かりやすくなります。

 

解決行動を書き出す

その不安の元を、解決させるための行動を書き出します。

将来、このまま働き続けることができるのだろうかとか、こんな生活していて体は大丈夫だろうかとか。

そういった長期の不安でしたら、何が起こってもいいように、役立つスキルを今から身につけようとか、お菓子食べるのをやめて、代わりにナッツ類にしようとか、運動するようにしようとかですね。

二週間後に、商品サンプルを送らないといけないけど、忘れたらどうしようって不安でしたら、絶対忘れようがないくらいの対策をすればいいのです。

スマホのスケジュールに書いてアラームを設定する、手帳に書く、付箋に書いて貼っておく、会社内の人に伝えておくとかですね。

 

行動する

そして、あとは行動するだけです。

 

不安は、まだ起きていないけど、起きてしまうとまずいって思っていることなので、その芽を潰しておけば解決できますよね。

不安を見えるようにすれば、自分がするべき行動も見えてきますので、解決するのは時間の問題になります。

漠然としか分かっていないと、解決しようがないですからね。

 

解決不可能なこと

どうしても、自分では解決できないこともあるかもしれません。

例えば、社会的な問題とかですね。

それは、あなたが解決することではないので、ほっておきましょう。

解決する必要がないと分かっただけでも、不安を解消できると思います。

 

それと、自分のことだけではなく、相手が絡んでいる場合もあると思います。

自分は変えられますけど、人を変えることは出来ません。

でも、その人に対する対応は変えることができます。

それでもだめでしたら、誰か相談できる人に相談しましょう。

 

ネットでもいいですし、SNSの知らない人でもいいと思います。

その場合は、攻撃的な人もいますので、気をつけなければいけませんが。

 

不安解消が早くなる

そして、このやり方には、さらにいいことがあります。

書いたことで、また同じような不安になった時に、あっこれはまたあの時と同じだなって、解決するための行動まで思い出せるので、すぐに解決できるようになります。

さまざまな不安を見えるようにして解決することで、何をどうすれば胸のあたりのモヤモヤをなくせるのか、その判断が早くなり、わずらわされなくなっていきます。

 

見えさえすれば、半分解決

 

不安は、見えさえすれば、ほとんどのことは解決できるので大丈夫です。

それに、まだ起きていないことが不安になっているので、まだ先手が打てる状態です。

起きて欲しくないことの芽は摘んで、スッキリさせてしまいましょう。

 

自分の考えている解決法よりも、もっとうまく解決する方法がないかなって、思うこともあると思います。

そんな時は、ネットでも調べられますし、それでもイマイチでしたら、本を読むのも手ですよね。

そのためにお金出すのは…って感じでしたら図書館を利用しちゃいましょう。

そうやって解決行動をとっていれば、不安を解決するスキルが手に入るので、またひとつ強くなれます。

 

読書にどんな効果があるのか知りたいと思ったら
何かいいことあるの?読書にどんな効果があるのか知りたいと思ったら。

読書の効果   読書って何か効果あるの?本を読んだら、何かいいことでもあるの?って疑問があるかもしれませんね。 もしくは、読書をしようなんてことすら思ったこともないし、頭にないかもしれません ...

続きを見る

まとめ

 

  1. 紙やスマホのメモに書いて見えるようにする
  2. すぐに解決できるのか、そうでないのか振り分ける
  3. どうやったら解決できるのか考えて書く
  4. 行動する

書くだけで消えてなくなる不安もあるので、試してみてはいかがでしょうか。

 

-ヒント

© 2021 e-きっかけブログ