foods、drink

豚骨好きでも、カップラーメンは味噌を選んでしまう、サッポロ一番カップスター味噌、レビュー食レポ

サッポロ一番カップスター味噌のパッケージ

 

サッポロ一番の味噌ラーメンは、小さな頃から食べ続けてきたラーメンですから、常にストックしています。

味としては本当は、豚骨が大好きなんですけど、カップ麺となるとサッポロ一番の味噌を食べてしまうんですよね。

 

カップヌードルの、味噌を食べたことがないので、比べたことはありませんが、カップスターの味噌がマジうまうまです。

 

サッポロ一番カップスター味噌

 

カップスターは個人的に、開封時に見えるキヌサヤで、ちょっとテンションが上がるんですよね。

 

サッポロ一番カップスター味噌開封

 

味噌味とキヌサヤが、すごく合っていて、味噌のうまさをさらに持ち上げてくれている感じがします。

しかも、肉とかコーンとかネギは、一般的ですけど、キヌサヤ入れる!?って感じじゃないですか。

 

普段からのキヌサヤ好き、ってわけではないですけど、カップスターの味噌との相性、最強ですよね。

食感もいいですし、味噌を引き立ててくれています。

 

キヌサヤてんこ盛りでもいい感じがしますけど、この量がバランスとしてベストなんでしょうね。

と言っても、基本の味噌ベースがまた、たまらなく美味いので、何も入っていなくても問題ないといえば問題ないのですが。。

 

サッポロ一番カップスター味噌、お湯入れ3分後

 

スープで使っている味噌は、米味噌と豆味噌をブレンドしているこだわりがあるみたいですが、その辺はよく分かりません。

美味いので、なんでもいいです。

 

袋麺の味とはまた違った味なのですが、手軽に食べられるようになっているのはいいですよね。

ちなみに袋麺もストックしています。

 

サッポロ一番カップスター味噌は、スープの味噌が格別

 

スープの味噌味の中には、ちょっと喉にくる辛味もあって、にんにくもうまい具合に溶け込んでいるんですよね。

ですから、意外とスープに、スパイシーなクセのあるパンチがあったりしますけど、コーンの甘味が、それをまろやかにしてくれたりと、バランスがとてもいいです。

 

味噌って、味噌汁のイメージが強いので、まろやかでホッとする感じがしますけど、カップスターの味噌は、やる気と満足感が押し寄せてくる味になっています。

 

麺にも味噌!?

実は、麺にも味噌が練り込まれているって知ってました?

たまにお湯を入れすぎて、しまった!っていう時もあったりするのですが、スープが薄まってしまうと台無しじゃないですか。

 

そういった場合、残念ながらスープは薄くはなってしまうのですが、ちょっとしたミスくらいでは、スープお湯?って感じにはならないんですよね。

麺にも味噌入ってるから。

 

私は、お湯をラインより少なめに入れて、味噌!って感じが好きなんですけどね。

それでも、ちょっとお湯を入れすぎたくらいでは、ビクともしません。

 

普通に美味いって感じられますよ。

それとカップスターの味噌ラーメンと、納豆ご飯が非常によく合うんですよね。

 

原材料やカロリーなど

サッポロ一番カップスター味噌、原材料やカロリーなど1

 

原材料はこちら

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、砂糖、ポークエキス、みそ)、スープ(糖類、みそ、食塩、すりごま、加工大豆粉、香辛料、たん白加水分解物、ごまパウダー、酵母エキス、ポークエキス、にんにく調味料、香味油)、かやく(味付豚肉加工品、コーン、キヌサヤ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、カラメル色素、香辛料抽出物、微粒二酸化ケイ素、かんすい、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、香料、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

 

サッポロ一番カップスター味噌、原材料やカロリーなど2

 

栄養成分表示 1食(79gあたり)はこちら

エネルギー357kcal、たんぱく質8.2g、脂質14.8g、炭水化物47.8g、食塩相当量5.1g、ビタミンB1:0.33mg、ビタミンB2:0.58mg、カルシウム:228mg

 

豚骨好きでも、カップラーメンでは、味噌を選んでしまうくらい美味い。

サッポロ一番カップスター味噌。

 

サッポロ一番カップスター味噌

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ