foods、drink

低脂肪のイメージをくつがえす、味わい深いコクともっちり食感、R-1低脂肪レビュー

R-1低脂肪パッケージ

 

パッケージにある「NEW、コク実感」って、いつからついたんですかね。

毎日、飲むヨーグルトばかりだったのですが、最近食べるヨーグルトのうまさを知り、取り入れ始めたばかりなので、その前の味は分かりません。

 

それでも食べてみると、あっなんか違うって分かります。

ヨーグルトにもっているイメージからすると、味わいが深いんです。

 

これがコクか!って実感できますよ。

 

明治プロビオヨーグルトR-1低脂肪レビュー

 

ちょっと、いつものR-1とは、まず食感が違います。

ねっとりもっちりした食感で、若干重い感じがします。

 

もたぁって感じなんですけど、口当たりはなめらかで、口どけするかのような感覚もあるんですよね。

それに、蓋シートをはがしたら、シート裏にヨーグルトがついていたんです。

 

いつもは転がしても、つかないのに。(転がして遊んでいるわけではないですよ、念のため)

もったりなめらかなせいですかね?

 

ホイップされたような感じになっています。

 

R-1低脂肪は食感がまず違う

 

はじめは、さほど甘くもなく、酸味の方をより強く感じるのですが(ホエーのせいかも)、食べ続けていると酸味に慣れるせいか、すぐ甘さの方が勝ってしまいます。

といっても口に入れた瞬間は、ヨーグルトの優しい香りと甘さなんですけど、あとから酸味が程よく広がっていく感じです。

 

R-1低脂肪のねっとりもっちり感に癒される

 

R-1低脂肪は、このねっとりとした食感と、甘く優しいミルクの味(コク)に癒されます。

パッケージに、「コク実感」って書いてありますけど、まさにその通りです。

 

確かに深みがあって、ヨーグルトの風味の中に、しっかりとしたミルクのコクを感じます。

香りは優しい感じなんですけど、味は、深いうまさを感じさせてくれるんですよね。

 

それに、いつの間にか気づいたら、噛んでしまっているんです。

噛まないといけないような硬さがあるわけではないのですが、なぜか噛んでしまいます。

 

噛みたくなるくらいの、モッチり感があるからだと思いますが。

 

R-1低脂肪の方がうまいかも

 

低脂肪は、うまさ半減みたいな、勝手なイメージがありましたけど、それをくつがえしてくれる、うまさです。

もしかすると、基本定番のR-1よりも、おいしいかもですね。

 

R-1の商品名の由来、明治プロビオヨーグルトR-1

プロビオ

プロビオとは、明治の独自研究で生まれた、新たな健康価値を創造する商品に、つけられています。

 

そしてR-1ヨーグルトは、強さをひきだす乳酸菌として、6000種類以上の乳酸菌から選ばれた、1073R-1が使われているんです。

その効果はうたわれていませんが、生物学研究の世界最高峰パスツール研究所も注目しており、共同研究を続けているんですね。

 

原材料やカロリーなど

R-1低脂肪の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

生乳、乳製品、砂糖、乳たんぱく質

 

栄養成分表示 1個(112gあたり)はこちら

エネルギー77kcal、たんぱく質4.2g、脂質1.5g、炭水化物11.6g、食塩相当量0.13g、カルシウム134mg

 

しっかりとした固形ヨーグルトではなく、もっちりとしたなめらかな食感のヨーグルトです。

ミルクのコクが、はっきり分かるくらい味わい深く、低脂肪ながら濃いヨーグルトになっています。

 

R-1低脂肪はおすすめ

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ