本記事には広告も含まれています。

キャンプギア

キャンプ用品を購入するメリット、デメリット

キャンプ用品を購入するメリット、デメリット

 

キャンプをしてみたいと思ったら、「キャンプ道具を買わないといけない」と考えてしまいますが、キャンプ道具は一式すべて借りることができます。

ですから、無理して購入しなくても、気楽にキャンプをすることは可能です。

 

ただ、キャンプ道具を借りるにしても、買いそろえるにしても、当然どちらも、メリット、デメリットがありますので、買いそろえようかどうしようかと迷っていたら、参考にしてみて下さい。

 

そもそもキャンプをするにしても、実はそんなに道具はいらなかったりしますけど。

最低限必要なキャンプ道具は5つ
キャンプをするなら、最低限必要なキャンプ道具は5つです。

  キャンプをしてみたいと思ったときに、何が必要か?ネットで調べてみると思うのですが、意外と必要とされる道具の多さに、面倒臭さを感じる人もいるかもしれません。 テント1つをとってもですが、1 ...

続きを見る

 

キャンプ用品を買いそろえるメリット

 

買うメリットは、いうまでもないかもですね。

買ってしまえば、当然自分のものですから自由に使えますし、いつでも、思い立った瞬間に、キャンプに行くことができるようになります。

 

それに、キャンプ道具を自分好みにリメイクして、見た目を変えたり、思うがままに使い倒せます。

使い込めば使い込むほど、味の出るキャンプ道具もあるので、使用感や経年劣化を楽しむこともできますよね。

 

ですから、完全に壊れてしまうまでは、それ以上のキャンプ道具にかかる出費はなくなります。(ガスなどの消耗品は別として)

 

キャンプ用品を購入するメリット

いつでも好きな時に、好きなような形で好きなように使えます

 

キャンプ用品を買いそろえるデメリット

 

キャンプ用品を買いそろえてしまうと、キャンプにいきたいではなく、せっかく買ったから、いかなきゃいけないになりやすい場合もあります。

 

キャンプにいきたいって感じではないんだけど、せっかく色々買いそろえたし、キャンプにいかないとな…。

みたいな感じで、物に動かされるようになってしまうと、楽しむものも楽しめなくなってしまうデメリットもあります。

 

何か自分の、楽しいと思えることをするときには、その前から、すでに楽しかったりしますよね。

旅行の計画を立てている時みたいな、その時を想像して、わくわくする感じです。

 

ですから、しなきゃいけないとなってしまった時点で、気がのっていないですし、強制されているようなものなので、仕事と同じ感覚になってしまいがちです。

新しく買ったキャンプ道具は、その道具を使う楽しみとかもあったりしますが、そうではなくなった場合に、目的をずらさないと、楽しめなかったりします。

 

道具に動かされない対策

行けば行ったで楽しくなるんでしょうけど、できれば、行く前から楽しい気持ちになりたいですよね。

そんなときの対処法は、キャンプ道具を使うことではなく、行ってから何をするのかを考えると、全然違ってきます。

 

自然の中で、バーベキューをしながら、ビールを飲む!でもいいですし、気分を変えたい、リフレッシュしたいなど、道具を使うためではなく、「自分が楽しむためにキャンプをする」みたいに、目的を変えてしまうことで、楽しくなると思います。

ついでに、買いそろえたキャンプ道具も使えて、なおいいみたいな。

 

そんな感じにしてしまえば、道具を使うのは、あくまでもその楽しみをするためなので、道具を使うことが目的ではなくなります。

それにキャンプ道具を買ったら、道具を買うという、とりあえずの目的は達成されているので、使うか使わないかは、また別問題です。

 

ですから、道具に振り回されてしまっていると気づいたら、目的を変えてあげましょう。

 

どうしても使い倒したいなら

キャンプ場にいくまでが、ちょっと面倒ってときもあるかと思います。

そんなときには、家の庭にテントを立てられる場合は、家でキャンプをしてみても、楽しいと思います。

 

ようは気分を変えられて、楽しかったら場所は関係ありません。

気軽に家で、キャンプができるようになるので、キャンプする頻度は格段に上がります。

 

ですから、庭にテントを立てられるスペースがあるなら、買ってもデメリットは少ないです。

それにまずは、庭でキャンプをしてみると、最低限必要なもの、不必要なものが分かりやすいので、自分にとって不必要なものを持っていかなくてすむようになりますし、その逆で、キャンプ場に行ってから、必要なものがなかったなんていうことも防げるようになります。

 

ポイント

庭キャンができる環境でしたら、キャンプ用品は買いそろえても、デメリットが少ない

 

上記のようなデメリットには、対処法もありますので、そこまで深刻なデメリットではないかと思います。

ですが、キャンプ用品を買う一番のデメリットといえば、家の収納を圧迫することです。

 

キャンプ用品の一番の問題点は家の収納を圧迫

ファミリーキャンプの場合は特にです。

キャンプ用品はしっかりと買いそろえると、思っていた以上に収納場所をとります。

 

物理的に、キャンプ道具をしまう場所を、確保しないといけなくなるので、その点は、十分考慮する必要があります。

といっても、通常のふとんをしまえるくらいの大きさの押し入れがあれば、物にもよりますが、ギューギューに詰め込んで下段分の収納くらいで、キャンプ道具は一式収納できます。

 

ですから、それくらいのスペースは、最低限確保しておいた方がいいです。

買ってから、どこにしまおうなんて悩んでしまうと、キャンプ道具が邪魔なものとして扱われる可能性がでてきますので。

 

ソロキャンプくらいでしたら、そこまで収納問題はないかと思います。

 

そういった部分を解消する方法として便利なのが、借りるという手段ですね。

それ以外でいえば、物置を設置するしかありません。

 

そういったデメリットを解消できるのでしたら、キャンプ用品は、買った方が安く済みます。

 

キャンプ用品の中で、買って一番メリットの大きいものとは?↓

ャンプ用品を買う前に知っておきたい、無駄にお金を使う必要のないもの
キャンプ用品を買う前に知っておきたい、無駄にお金を使う必要のないもの

  それが、これです。↓     キャンプ用品を買いそろえていくとなると、結構お金が必要ですよね。 ですから、なるべくお安く済ませたいと考えると思うんです。(ファミリーな ...

続きを見る

 

大きな収納サイズのキャンプ道具は借りて使う

 

キャンプ道具を借りる場合には、家の収納を圧迫することがありません。

ただ、その1回の借りる料金で、テントを買うことができたりもしますので、その点が悩みどころだとは思います。

 

メリットとしては、1回だけキャンプを経験してみたいって時に便利ですよね。

それに、買う前に実際にためすこともできますので、買って失敗というのが起きにくくなると思います。(とくにテント)

 

キャンプ用品を管理する必要性がなくなるのも、大きなメリットだったりもしますし、キャンプ場に直接手ぶらでキャンプなんてことも可能だったりします。

レンタルした場合の流れは、予約したキャンプ道具が届き、使ったあとは、また返すという単純な仕組みなので、何も難しいことはありませんし、非常に楽で簡単です。

 

そういった点をふまえて、買うのか借りるのか考えておくと、後悔は少なくなると思います。

 

キャンプギアの普通にいいものを、安く提供しているイグニオは、さらに値下げされた価格で購入できたりするので、キャンプするなら、とりあえずチェックをおすすめ。圧倒的にコスパがいいです。

【最短翌日配送】アルペン公式オンラインストア


キャンプはかっこつけるためのものでもないけど、キャンプギアの見た目がいいと気分が上がるのも事実。有名メーカーを含め、だいたい揃うキャンプギアサイト。



キャンプのおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメ。

無料動画配信サービス7つも含めてご紹介

-キャンプギア