本記事には広告も含まれています。

キャンプギア

どんなに雑に使っても気にならない素晴らしい耐火グローブをワークマンで見つけた件【キャンプ用品】

 

何カ月もずっと悩んでいた耐火グローブを、即決。

出会いはワークマンでした。

 

耐火グローブを欲しいとは思っていても、なかなか合うサイズ感のものがないうえに、だいたい有名なメーカーのものは、お値段もそこそこするものが多いので、ずっと迷っていたのですが、ワークマンでTOWAの耐火グローブをはめてみた瞬間、即決しました。(正確には、TOWAのザ・フィールド・グローブ)↓

 

TOWAの耐火グローブ

 

いわゆる衝動買いってやつですね。

個人的に、何か買う場合には、よく吟味して買うのですが、いろいろ悩んだあげく…。

 

衝動買いにいきつきました。

というのも、見て分かるかと思いますが、お値段が安い。

 

値段が値段だけに、気軽に使いやすい

ワークマンで購入した耐火グローブは、税込み580円で手に入れることができます。

元々499円だったみたいですが、値上がりしたみたいですね。

 

そして、他にもいろいろと種類があって、もっとお安いものもあるのですが、この質感でこのお値段は魅力的でした。

 

TOWAの耐火グローブの表面

TOWAの耐火グローブの裏面

 

耐火グローブは、意外とそこそこするお値段ですし、高いものはお高いので、ちょっと大事にしすぎて、気を使ってしまう性格なのですが、この価格帯でしたら、道具に使われずに済みそうなお値段です。

素材が牛床革なので、コスパがいいんでしょうけど、気軽さを感じさせてくれる点も素晴らしいです。

 

といっても、サイズが合わないと意味がないのですが、それも抜群によかったので、即決です。

 

耐火グローブあるある

耐火グローブって、だいたい大きすぎない?って問題がありません?

個人的に手が小さい方なので、手袋をはめてみると、だいたいどれも、めちゃくちゃゆるゆるだったりします。

 

おまけに、指のサイズが合っていないので、だいぶ指先を余らせてしまうことがほとんどです。

ですから、握ぎりずらいですし、指を曲げずらかったりするんですよね。

 

それに加えて、そこそこのお値段ですから、なかなか購入まで至りませんでした。

コスト面にしても、サイズにしても、なかなか難しいものがあるなぁと感じていたのが、耐火グローブです。

 

そんなサイズ感もお値段も一瞬でクリアしてくれたのが、ワークマンで出会った、TOWAの耐火グローブです。

 

TOWAの耐火グローブは、柔らかく曲げやすい

TOWAの耐火グローブは柔らかく曲げやすい

 

耐火グローブは、はじめ硬くて、握り閉めた時に、つっぱるといいますか、違和感ありありな握り心地がほとんどだったりしますが、このグローブにはそれがほぼありません。

使っていくうちに、手になじんでくるものだと思いますが、その必要性がないくらい、窮屈感や指の曲げにくさ、そしてつっぱる感じがありませんでした。

 

耐火グローブは、どうしても厚手になっているので、手に馴染ませるまで、ちょっと我慢みたいな感じがあったりしますが、この耐火グローブは、はじめから手に馴染んできます。

ですから、はじめからすごく使いやすいです。

 

TOWAの耐火グローブは、使いやすい

TOWAの耐火グローブは、はじめから手に馴染む

 

柔らかい牛床革と書かれているとおり、しっとりとしていて柔らかいです。

柔らかすぎると耐火性を疑ってしまいますが、それも何も問題ありません。

 

TOWAの耐火グローブは、手首しばり付き

TOWAの耐火グローブは、手首縛り付き

 

ここの部分は、ゴムが入っている?のか、伸縮性があり、耐火グローブが、はずれにくくなっています。

ただでさえ割とぴったりとくるサイズ感に、ほどよく締めてくれるので、使い勝手がさらにいいです。

 

それに手首部分は、ほどよく広がっているので、耐火グローブをサッとはめやすい点も素晴らしいですね。↓

 

TOWAの耐火グローブは、手首部分はほどよく広がっている

 

それに窮屈感がありません。

 

TOWAの耐火グローブは、つけ心地も気持ちいい

ずっとではないにしても、一応身に着けるものなので、手袋をはめた時のつけ心地は大事ですよね。

そんな耐火グローブの裏側には、綿加工がされています。↓

 

TOWAの耐火グローブの内側は綿

 

においや、汗ムレ防止として、綿加工されているのですが、これが心地いい質感で、ずっとグローブをはめていたとしても、嫌な感じがしません。

指の方は、若干、牛床革の質感も混ざってきますが、それも含めて、つけ心地がいいです。↓

 

TOWAの耐火グローブの指部分もつけ心地がいい

 

TOWAの耐火グローブは、見た目の色の雰囲気もいい

TOWAの耐火グローブをはめた時の見た目(表)

 

グローブの色も使い込むほど、いい色になりそうな感じです。

お値段がお値段なので、使い込むまで使えるのかは分かりませんが、色も濃い目の黄土色で、使えこめばまたいい感じになりそうな色をしています。

 

TOWAの耐火グローブをはめた時の見た目(裏)

 

TOWAの耐火グローブは、重要な部分も補強されている

TOWAの耐火グローブの補強部分

 

手袋で破れやすい部分は、親指の付け根あたりだったりしますし、フライパン等を握ったときに、一番重さが加わる部分もこの部分だったりします。↓

 

TOWAの耐火グローブの補強部分

 

その点が、しっかりと補強されているので、スキレット等の鉄板むき出しのものでも、熱が伝わりにくくなっていますし、壊れにくいのではって感じです。

 

わりと手のサイズが小さめで、耐熱グローブ欲しいけどなぁくらいで迷っていたら、TOWAのザ・フィールド・グローブがおすすめです。

しなやかで窮屈感がなく、指が曲げやすい、はめやすい、つけ心地もいい。

 

サイズは、Sサイズとフリーサイズがあり、Sサイズはぴったりすぎて、窮屈感があったので、フリーサイズを選びました。

細かな作業をするには、Sサイズがいいかもです。

 

キャンプギアの普通にいいものを、安く提供しているイグニオは、さらに値下げされた価格で購入できたりするので、キャンプするなら、とりあえずチェックをおすすめ。圧倒的にコスパがいいです。

【最短翌日配送】アルペン公式オンラインストア


キャンプはかっこつけるためのものでもないけど、キャンプギアの見た目がいいと気分が上がるのも事実。有名メーカーを含め、だいたい揃うキャンプギアサイト。



キャンプのおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメ。

無料動画配信サービス7つも含めてご紹介

-キャンプギア