foods、drink

優しかったビーノが、自己主張をしてきた!?ビーノ<のりしお味>レビュー感想

ビーノ<のりしお味>パッケージ

 

やっぱりこのキャラクターって、なんだか憎めないといいますか…。

気になってしまいます。

 

ふざけた顔をしていると思うんですよ(え?)、客観的に見て。(失礼な。笑)

でも、なんかいいんですよね。

 

それにしても、ビーノに「のりしお味」って、イメージわかなくないですか?

 

ビーノ<のりしお味>

 

開封した途端に、ヤバいくらいの「のりしお」の香りが飛び出してきます。

ビーノっていうことを、忘れてしまうくらいの強烈な香りですね。

 

香りだけで言いますと、ビーノ感は全くのゼロです。

独特なえんどう豆の風味は、どこかに丸めて捨ててしまったかのような、スッキリとした、純粋なのり塩の香りがします。(ポテチは、どこか油っぽさが混ざるので。)

 

ビーノ<のりしお味>開封時は、ビーノ感は全くのゼロ

 

ですが食べると、完全にビーノですね。

香りは、物凄くのりしおなんですけど、食べるとビーノで、二口目まではのりしお?って感じなんです。

 

ですが、ビーノの味になれてくると、だんだんとのりしお感が増してきます。

しかも、ビーノのサクサク食感がなくなると、ねっとりとした独特な食感なので、粘りのあるのりしおで、かなりうまいです。

 

ポテチののりしおとは、のり塩感がまた全然違っていて、別モノですね。

 

ビーノ<のりしお味>ポテチののりしおとは別物

 

優しい噛み心地に、ふんわりとしたのり塩としての味わい、そして、香りでは全く分からなくなっていたえんどう豆のコラボは、食べていて面白い感じがします。

えんどう豆感、全くなかったよね!?みたいな。

 

えんどう豆は、優しい味をしておきながら、結構味としてはハッキリとしていることが、のりしお味でよく分かりました。

のりしおの味は最終的に、ビーノに負けてしまうのですが、しっとりと混ざった時ののりの味は、他では味わえない味わいになっています。

 

ねっとりしたのりって、格別に美味いんですねって感じです。

 

ビーノ<のりしお味>えんどう豆は、意外とはっきりとした味だった

 

それに、噛んだときに、ふんわり抜けるのり感も、優しいビーノと雰囲気があっているんですよね。

ですが!このビーノは、辛味がなかなかにいい仕事をしています。

 

ただのえんどう豆と磯の感じを合わせた、優しい味わいではなく、辛味でバチッとまとめてくれてるんですよね。

 

ビーノ<のりしお味>辛みが意外と力強い

 

優しかったビーノが、すごく自己主張をしてきたような、爪あとを残そうとしているような味わいになっています。

 

最終的には、我の強い辛味を残して消えていく、えんどう豆みたいな、そんな感じですね。

優しさから力強さを感じるようになったビーノも、なかなかのうまさです。

 

原材料やカロリーなど

ビーノ<のりしお味>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

えんどう豆グリッツ(カナダ産)、植物油脂、えんどう豆パウダー、食塩、あおさ、酵母エキスパウダー、唐辛子パウダー、青のり/調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸Ca、(一部にえび・かにを含む)

 

栄養成分表示 1袋(70gあたり)はこちら

エネルギー430kcal、たんぱく質9.4g、脂質33.3g、炭水化物24.9g(糖質21.2g、食物繊維3.7g)、食塩相当量1.0g

 

ビーノ<のりしお味>

 


 

優しい味がご所望な人は、なんといってもうましおですね。


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ