foods、drink

美味しさに飲まれてしまう、京挽ききなこくるみレビュー感想【ナチュラルローソン】

京挽ききなこくるみのパッケージ

 

ナチュラルローソンの商品に、京挽ききなこくるみって商品がありますが、まずこのパッケージの触り心地、かなりいいですよ。

紙のパッケージになっているんですけど、パリパリ、サラサラしていて、触っていて気持ちがいいです。

 

食べる前からの演出は、バッチリですね。

これはパッケージに、お金かかっているような?そんな感じがします。

 

しかも、パッケージの音が良すぎです。

 

京挽ききなこくるみレビュー

 

紙なので、バリア性は大丈夫なのだろうかと思って開封すると、中は銀でコーティングされています。

というより、開けた瞬間のきなこの香りがヤバいです。

 

きなこを、京挽きというやり方?で挽くと、香りが際立つのでしょうか。

 

京挽ききなこくるみ開封

 

すごく美味しそうな香りがしてきます。

 

お皿に出してみると、これくらいの量ですね。

38gのきなこくるみが入っています。↓

 

京挽ききなこくるみの中身

 

ひとつ食べてみると、きなこの美味しそうな香りとは違って、くるみの味が強いです。

きなこはどこ行った!?って感じなんですけど、あとから徐々に、きなこの風味がしてくるって味になっています。

 

あくまでもメインは、くるみだぞって感じですね。

そして、はんなりきなこが主張してきます。

 

見た感じは、結構な量のきなこをまぶされているんですけどね。↓

 

京挽ききなこくるみは、きなこがはんなり主張

 

パッケージに、サクッとくるみを、きなこでやさしく包みました。

って書いてある通り、味もやさしい感じに仕上がっています。

 

京挽ききなこくるみは、味がやさしい

 

食感は、くるみのちょっと柔らかい感じがでていて、しっとりしたカリって食感になっています。

噛み続けていくと、シャリシャリって音に変わってきますよ。

 

そして、後味に、きなこがふんわり鼻に抜けていきます。

甘さも優しく、ちょっと上品な味わいのくるみになっていますね。

 

京挽ききなこくるみは、あくまでくるみがメインの味

 

くるみは、味が素朴すぎて、ナッツの中でもアーモンドやカシューナッツと比べて、あまり美味しいとは言えない感じがしますが、きなこで包むと食べやすくなりますね。

きなこのはんなりした感じが、本当に手を止めさせてくれなくなります。

 

きなこ好きな人は、特にだと思いますよ。

きなこくるみ中には、きなこがガッツリ効いていて、きなこ!って主張するものもありますけど、これはこれで味の変化があって楽しめると思います。

 

これは気をつけないと、美味しさに飲まれます。

 

原材料やカロリーなど

京挽ききなこくるみの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

くるみ(米国)、砂糖、きな粉、水あめ、砂糖加工品、食塩、(一部にくるみ・大豆を含む)

 

栄養成分表示(38gあたり)はこちら

エネルギー243kcal、たんぱく質5.5g、脂質21.0g、炭水化物10.2g(糖質5.9g、食物繊維4.3g)、食塩相当量0.06g、鉄0.76mg

 

こだわりのポイントは、不足しがちな食物繊維4.3gと、鉄0.76mgを1袋で摂取できるということにあるみたいです。

美味しさには、ふれていないのが面白いですね。

 

くるみの素朴な味に、ちょっと苦手な感じのある人は、イメージ変わるかもしれません。

京挽ききなこくるみで、はんなり体験してみては?

 

京挽ききなこくるみは、きなこがはんなり主張

 

同じメーカー、ミツヤがつくっている、きなこくるみは通販でも買えるみたいですよ。↓

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ