foods、drink

青さ入って、見た目もリアルだよね、ベビースター焼きそばミニ(ソース)のレビュー感想

ベビースター焼きそばミニ(ソース)のパッケージ

 

ベビースターの焼きそばって、味がリニューアルしているみたいです。

屋台の焼きそばをイメージして、ソースの旨みはそのままに、トッピングにあおさのりを使用し、より風味豊かになりました。

 

ってことみたいです。

「青さがついててリアルだよなぁ」なんて思いながら食べてましたけど、リニューアルでついたんですね。

 

それと、焼きそばと関係ないのですが、ベビースターラーメン(チキン)は、1988年に大きくデザインが変わったみたいなんです。

でも、それ以前のデザインの方が、駄菓子っぽくて好きなんですよね。

 

初期の方が、美味しそうに感じるのは私だけでしょうか…。

 

ベビースター焼きそばミニ(ソース)のレビュー

 

開封時の美味しそうなソースの香りだけで、これ絶対美味いヤツだって分かりますよね。

何せ、ベビースターで焼きそば味ですからね。

 

絶対うまい!って、雰囲気を食べる前から漂わせています。

改めてじっくり見ると、ベビースターって、こんなに太かった?って思います。

 

ベビースター焼きそばミニ(ソース)開封

 

今まで何気なく食べていましたけど、全く気づいていませんでした。

イメージと、実際にじっくり観察したのとでは、大きな違いがありますね。

 

ベビースター焼きそばは、カリカリ食感と、ソースのスパイシーな感じが、とてもよく合っていて美味しいお菓子です。

はじめにグワッとソース味が広がるのですが、あと味は面白いことに、通常のチキン味ベビースターラーメンなんですよね。笑

 

ベビースター焼きそばミニ(ソース)の後味は、チキンラーメン

 

ですから、通常のチキン味を元にして、ソースを絡めた感じのような気がしてなりません。

でも、焼きそばを乾燥させたら、きっとこんな感じなんだろうなって思います。

 

写真では分かりにくいですが、しっかりアオサもかかっていて、見た目も焼きそばを短く切ったようなリアルな見た目です。

ソースのスパイシーさが強くて、残念ながらあおさの味は分からないのですが、一瞬だけ鼻に抜ける香りで感じることができたり、出来なかったりですね。

 

ベビースターって、見た目にこだわりを感じますよね。

まっすぐではなく、ちゃんとヨレヨレしてますからね。

 

ベビースター焼きそばミニ(ソース)は、ちゃんと麺っぽい形

 

麺感を、ちゃんと出しているところが、うまく再現してるよなぁって感じです。

機械の性質上そうなってしまうのか、このねじれ感を出すためにわざとしているのかは分かりませんが、まっすぐな棒が沢山入っているより、雰囲気あっていいと思います。(何から目線!?)

 

カリカリ、ポリポリ頭に響く音も心地よくて、秀悦な駄菓子だと思います。

 

原材料やカロリーなど

ベビースター焼きそば(ソース)の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

小麦粉(国内製造)、植物油脂、ソース(砂糖、野菜・果実、醸造酢、食塩、アミノ酸液、その他)、砂糖、食塩、ソース風味パウダー、香辛料、アオサ粉、野菜パウダー、ミート調味エキス、野菜エキス、魚介エキス、魚醤パウダー(魚介類)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、香料、カラメル色素、乳化剤、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・魚醤パウダー(魚介類)・牛肉・さば・大豆・鶏肉・豚肉・もも・りんごを含む)

 

栄養成分表示 1袋(21gあたり)はこちら

エネルギー102kcal、たんぱく質1.6g、脂質4.4g、炭水化物14.0g、食塩相当量0.57g、カルシウム53mg

 

ベビースターって、キャンペーンを結構な頻度でやっているってイメージですけど、違ったらごめんなさい。

しかも、何かしらやっている上に、当選人数が多いってイメージです。

 

お菓子はベビーでも、やってることはビッグ!?

なかなか太っ腹なイメージです。


 

食べやすくなった焼きそば味。↓


-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ